ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「東京マグニチュード8.0」
2015-02-22-Sun  CATEGORY: 語り
もうちょいで3月ですね。

年度末が近くなるこの頃ですが仕事が忙しくならないことを祈りつつ。
麻雀格闘倶楽部は昔友人たちとDSでやっていましたが今はアプリでもあるのでwi-fiのないとこではできないのが難点ですがipadでやってます。

しかし、先週からタッチに反応しない不具合が発生しているという。コナミ修正はよ。
あとリフレクのコナオリももっと出せよおお。

案外ipadの指も楽しい。リフレク目当てで買ったけどこっちもそこそこ稼働しているのでipad様様ですよ。
指はまだレベル10クリアが出来ない人なんですけどね。

では振り返りですが、昨日久しぶりに新規でぶっ通し見ました。大体最近は一度見たやつを流すことが多かったですしね。

ということでこの作品。

作品名:東京マグニチュード8.0(個人的アニメ63位)
話数:11話
放送時期:2009年くらい
視聴時期:昨日

久しぶりに焼酎片手にツマミを用意して鑑賞。
前々から見ようとは思っていましたが中々手を付けてなかった奴でして。

タイトルのとおり地震のアニメです。首都直下型地震が起こり、被災を受けた姉弟が辛い現実に直面しながらも力強く生きていくストーリー。

ちなみにこれの放送後に東北でアニメより凄い規模の地震が起こったという小説よりも奇なり現象。

避難所の生活でもやんのかな?なんて思いつつ多分感動するお涙系なんだろうなと期待しながら見ましたがドンぴしゃ。
割と号泣しました。

中学生のお姉ちゃんと小学生の弟が夏休みにロボ展(お台場)に行って被災し、その後自分の家を目指すというのが本筋。その途中途中で紆余曲折あるということです。

何より人間の描写がリアル。最初のお姉ちゃんも中学生らしい反抗期全開なんですが震災を受け、成長して弟を引っ張っていく姿とか本当にぐっときます。また、非常時だからこその人間の汚さと優しさ両方を上手いこと描写していたと思います。

他にも啓発的要素があり、携帯トイレだとかボランティアの支援の描写だとかそういう部分も色々とあり参考になると思います。滝川クリステルも予告等で出てくるんですが割と楽しみでした。

災害のニュース描写とか震災後のモノの壊れ方とか配置とかもかなり考えられていると思いました。

OPの背景もかなり見ごたえがあります。ただOP曲はいい曲だけど作品にはあってなかった気がします。

EDは逆に余韻に浸れていい感じ。
感動できるいい作品でした。深夜アニメってのはもったいないですね。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「テラフォーマーズ」
2015-02-15-Sun  CATEGORY: 語り
最近はもっぱら麻雀漬けです。
そのおかげで睡眠時間を大きく削り金曜徹夜で土曜を潰すことに

しかし、おかげで符の計算は完璧。これも咲のラブじゃんのおかげです!

麻雀をやってるときにDVDを流しているのですが、この一週間だけで結構見たと思います。
ただ流してやるときは日常ものが一番いい感じ。

そしてだいぶ前に注文していた欧米版ゆゆ式BDが到着。麻雀やってるときにもDVDを流してたからあまり久しぶりではないけど1枚に12話収録だとなかなかいい感じですね。

何より場所も取らない。でもパッケージの感じとか新品と思えないほど雑な感じは否めないかも。
とりあえず超絶綺麗な氷菓BDBOXももうちょいしたら注文する。

とりあえず1作品振り返りです。


作品名:テラフォーマーズ(個人的アニメ180位)
話数:12話
放送時期:2014年秋
視聴時期:同時期

漫画原作、原作は既読。

火星に暮らす環境づくりのためにゴキブリを放ったらそのゴキブリが独自進化したでござる。
そのゴキブリを駆逐するため改造人間が戦うぜ!というのが簡単なあらすじ。

漫画で読んだときはかなり熱く、盛り上がってましたのでこちらも期待していました。

蓋をあけると原作でも一番おもしろい1巻がOVA特典ということで、アニメの1話は2巻からスタート。
そのため、ゴキブリに対する怨讐とかそのあたりが唐突過ぎてなんだかなあというところ。

また、12話なのですごく中途半端に終わりました。
画面全体も暗めで、盛り上がる熱いシーンも淡々としている感じ。あと作品の魅力の一つに生物の雑学を交えた熱い解説なんですがこれも淡々としていて残念。
あとテンポもなんというかもう一歩。

ネタにされてる黒ボールも御愛嬌。
アニメのタイミングも難しい作品ですが、これはちょっと宣伝で終わっただけという感じでした。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「ノラガミ」「ばらかもん」
2015-01-25-Sun  CATEGORY: 語り
夜更かしすると結局次の日をつぶしてしまうんですよね。睡眠が足りないから。

それはさておき、ipadでリフレクをコツコツやったおかげか最近ようやくACでも実を結びつつあり、海神も73パーでレベル10の曲もAAAに乗せる曲が増えるなど調子が良かったところで、ついにハエレもクリア。それも71パーで。

これを安定してクリアすることが大事ですが、また一つ壁を乗り越えたと思います。

新年会などが重なり、出費も激しく、リフプラに金を注いだこともあり、ちょっと控えめにしなくては。
近々スーツに車のオイル交換等必要経費に加え、氷菓のBDBOXも買いたいのでね。

ということで定期更新

作品名:ノラガミ(個人的アニメ150位)
話数:12話
放送時期:2014年1月
視聴時期:同時期

漫画原作。

丁寧な絵、ストーリー、OPがお洒落と色々と安定度は高い作品となっていますが、全体的にパンチが弱いというのは最後まで感じました。

いや、面白いんだけどどうも物足りなさを感じると言いますか。ストーリーもので、バトルも結構ある割に大局に変化がないというのがマイナス点。

そのため、ちょっともったいない印象を受けます。
言うならば1話見逃してしまうとそのまま、まあいいかなっていって視聴をやめてしまうそんなような。

2期をやるかどうかはわかりませんが、特にこれが悪いというところも無かったのでストーリーでわっと言わせてくれることを期待。



作品名:ばらかもん(個人的アニメ105位)
話数:12話
放送時期:2014年7月
視聴時期:同時期

こちらも漫画原作で、安定感抜群の作品。
これは声優、特に子役たちの演技が光った作品です。

若くして習字の才能に恵まれた主人公がトラブルで田舎に行くことになりそこで暮らしている人々とのハートフルストーリー。

一番のヒロインが主人公というスタイル。
離島ののどかさを前面に押し出し、結構田舎暮らしも悪くないかな・・・・と錯覚させてしまうくらいに魅せ方が上手でした。

アニメで田舎のドロドロを見せられてもアレなので、いいところ押しでOKです。

ギャグのキレ、声優の演技、田舎の空気感といい、夏に放送したということで8月の帰省時期にマッチしたいいタイミングで放送した作品です。

時折、現代社会で疲れた中で忘れかけた心に刺さる場面も。
登場人物もみんないい人で優しい世界。

OPからすでに面白い作品オーラが出てました。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「グリザイアの果実」
2015-01-18-Sun  CATEGORY: 語り
1月もすでに後半ですね。実は本日私の誕生日でして25歳となりました。
四捨五入すると30なんですね。高校時代が10年前ということになるわけか。

世界樹の迷宮が3月に出ますが、ちょっとこれは様子見かなー。
4人のローグライクって部分にちょっと抵抗が。めんどくさそうというか。

今はダンガンロンパを薦めた友人から絶望少女を借りてやってます。vita買うほどどっぷりはまってくれて進めた側からするとこんなうれしいことはないですね。

アクションに難ありと聞いたけどまあ、絶望するほどのものでもないし、ストーリーで魅せる部分も多くかなり面白いと思います。

あとvitaって画質やっぱいいわ。ペルソナ4Gでもそれは感じたけどPS2リメイクだったからね。vita向けとして作られたものを始めてみるとやはりうっとりします。これはPSPがやれなくなってしまうのでは。

あと出張がえりに時間があったのでサイコパス劇場版を見ました。平日だから結構ガラガラでしたが、残念ながら両サイド他のお客が来てしまい結構狭い気持ちはありました。

中身としては1期の空気に近い感じ。とても面白かったです。なにより戦闘シーンとかの迫力や音響は映画館ならでは。OPもかなり良かったし、もう一回見てもいいかなと思えるくらいです。旭川でも公開はよ。


そんな興奮の中、新年の更新1弾目。


作品名:グリザイアの果実(個人的アニメ140位)
話数:13話
放送時期:2014年秋
視聴時期:同時期

エロゲ原作アニメ。
声優陣がリトバスと結構かぶってますね。

超TUEEEE主人公が特殊な学校に行き、特殊なヒロインと交流してトラウマとかを解決したりとかそんな話。
ヒロインごとに2話なり1話を使ってルートの話をやるのでそれぞれで面白さに差が生じる部分はありましたが、最後の最後の話は結構重い話ですが見るものを引き付けるパワーがありました。

あと天音さんがちょっとえっちなお姉さんすぎるかな。けしからん。

最後のルートはえぐいけどかなり面白く感じたのでこれを序盤のルートで切るにはもったいない。
キャラの肉感とかはエロいと思います。結構なくても良い場面でパンチラとかもしますが。

OPの曲もなかなか。

原作も結構文章量があるようで残念ながら切らざる得なかったシーンや説明もあったと見受けられるけどおおむね話も把握でき、エロゲ原作としては成功のレベルではないかと思います。

どうやら続編もあるようだし、楽しみな作品のひとつ。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昨年見たアニメを振り返る
2015-01-12-Mon  CATEGORY: 語り
あけましておめでとうございます。

今年度も楽しく趣味にいそしめたらと思う次第。

年が明けて、ボクと魔王のサントラを買いました。5000円くらいしたけれど。

PS2初期のゲームなんで色々とシステム周りが不親切な部分はあるけれどストーリーBGMは素晴らしいです。
キャラクターの名前とかギャグのセンスも好き。

あと冬アニメも始まりましたね。ちょっと新規アニメの不調が目立つ1話で、デュラララとかの継続ものが多い中、シンデレラガールズは二次創作のSSをちょこっと見てた程度ですが期待以上の出来でうれしい。今後もこの面白さ継続が出来そうならリトバスに続く円盤も考慮しなくては。

各所で言われてるけど、キャラを丁寧に掘り下げた方がいいってはっきりわかんだね。1話から動物園のごとくキャララッシュしてもついてこれない部分はあるので。あと細かい笑いどころとかもあって空気感も良いですね。

何気に時計の張り紙がはらりと落ちるシーンが好き。

とりあえず昨年出来なかったアニメ本編ベスト11をやります。
昨年は秋クールと春クールが熱いので激戦区。

【11位】 銀の匙(2期、冬クール)

原作はサンデーの漫画。鋼の錬金術師の作者で有名な作品ですが、実家が農家をしていることもあり描写が詳しい。
2期めとなる今回は、主人公がばっちり成長し、ヒロインとの関係も少し進展。

畜産系が多めなんで個人的には畑作の話題もやってほしい


【10位】 ラブライブ!(2期 春クール)

こちらも2期もの。2期は少しギャグテイストが強めですが絵も綺麗で安定して好き。
締め方も私は結構好きなんですがあまり共感は得られない模様。

【9位】 人生(夏クール)

見れば見るほど中毒性の高いOP、結構見やすいデザイン、ギャグのツボなど私にはすごく相性の良い作品でした。
同じ系列でGJ部のブルーレイがめちゃ安いのでどうしようか悩む。

あとこれは原作も買いました。原作の方がギャグのキレはあるかも。

【8位】 甘城ブリリアントパーク(秋クール)

京都アニメーション最高や!フルメタルパニックの作者のラノベ原作でコミカライズ版も当たり。
2期は作りにくい形で終わったけどあのOPの最後と作品の最後を重ねるシーンほんと好き。
そしてあのむちむち感はほんといいよね。


【7位】 Fate(秋クール)

秋クールは昨年に限らず2クールもので冬アニメのクールを支えたり、単品でも面白いものが多い豊作クールですが、こちらは分割形式で1クールでいったんの区切り。戦闘シーンの迫力は素晴らしい。
原作はエロゲとは信じがたいんですがまあエロゲです。プリヤとかでも凛がギャグキャラ扱いだったからメインヒロインやっててうれしい。


【6位】 ハイキュー(春~夏クール)

ジャンプアニメでは大当たり。絵も綺麗ですが早く次の話みてえええええとなりました。
バレーはあまり詳しくないけどわかりやすい解説もありつつ、運動系の部活をやってる人に共通する思いだったりも共感できる作品。たしかにトーナメントで試合をすると1回戦敗退で全体の半分は脱落するんだよなあ。

【5位】 咲-saki(2期 冬クール)

待ちに待った全国編。咲さん相変わらずかっけーっす。全国編の見どころは、全国レベルの能力者2人が能力を発動している中で、奇をてらわず自分の能力で綺麗にかわして上がりをとる咲さんのところ。あれで格付けが出来たって感じがしました。

原作の続きが気になるけど残念ながら進捗は遅い。最近でもないけど原作の化け物おっぱいは誰が得するんですかね。


【4位】 寄生獣(秋クール)

古い漫画原作。現代版に修正はしていますが、新規である私には好評。
ニコニコで無料公開してたので新年あけ一気に見ました。

主人公が覚醒してからの面白さたるや。
こういう古い漫画のリメイクが目立った昨年。柔道部物語も今の技術なら出来ると思うのでやってほしい!


【3位】 SHIROBAKO(秋クール)

オリジナルのPA作品。
アニメを作るアニメという作品で、アニメ1本作るのにどれだけ大変かという裏方的な作品。アニメ会社がやってるのでストーリーにするために盛っている部分もありながらもリアルな描写や専門用語が飛び交います。

仕事の紹介的な要素も結構あって、報告連絡相談なんてのは別にこのアニメ制作の業界に限らない話なのでなかなか楽しく見ることができます。働くアニメ!といえばこれをお勧めします。
あとみゃーもり可愛い。

【2位】 七つの大罪(秋クール)

マガジンアニメでは大当たりの部類。
戦闘がドラゴンボールっぽいです。主人公の力も底なしさを感じさせ、話も面白い。
豚に厳しいアニメです。


【1位】 ピンポン(春クール)

これは不動の1位。5年のスパンでも上位に間違いなく入る逸材。
原作そのものも素晴らしいですがアニメもかなり良い演出で泣かされました。
台詞も一言一言が胸に響きます。

スポーツアニメというのは多くが個人の能力を描写はしつつもチーム連携を重視している面があり、こちらは逆に才能と努力を軸にして時にそれが無慈悲となるようなところも魅力です。


○ そのほかタイトル

【最優秀初回】 ピンポン

これは文句なしピンポン。1話の掴みは抜群だと思います。

【最優秀最終回】 ラブライブ

ピンポンと悩みましたが最後の歌とかも好きだしこっち

【最優秀回】 ピンポン 8話 ヒーロー見参

1話のあれがあってからこその復活劇というか始まったというか。
試合をしている両者ともこれまでの積み重ねがあって、本当にどちらも応援したくなります。

【三振王】 グラスリップ

レイルウォーズと悩んだけどまさか超次元で終わるなんて思わなかったよ。
5時半の君とかフレーズは結構好きだけどね。

【カムバック賞】 ヤマノススメ

5分程度のアニメから15分アニメに昇格。中身も山登りから日常回まで幅広くカバー。
安定した面白さでよかったと思います。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。