ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「kiss×sis」「ワンナウツ」
2012-03-25-Sun  CATEGORY: 語り
高校野球が始まったけどもう北海道消えちゃったよ。

現在進行形で北照も見てるけど厳しいなー。

楽しみのために勝利しておくれ。


あと新年度から新しい子が入るので拙者も先輩になるでござる。
調子に乗って飲み会で
俺「新人には社会の厳しさを教えてやるっすよwwまじでwwちょりっすwww」
直属上司「は?wwwお前が?www俺がお前に社会を教えてやるよwwwwなめんなwww」
課長「おまwwwwこの1年俺君に何も教えてねーのかよwwww制裁っ・・・!」

こんなコントみたいなことをしていました。新人が良い子だったらいいなー。

末席の居心地もよかったけど気持ちがフレッシュになるよね。


世界樹の最新作がマジで楽しみ。ただ3DSって目が疲れるイメージなんだけどね。


さていつもの


作品名:kiss×sis(個人的アニメ111位)
話数:
放送時期:2010年春
視聴時期:2010年

姉属性なら見るといいアニメ


ストーリーよりは双子のお姉ちゃんといちゃいちゃしているのをニヤニヤ見るのをお勧め。

地上波だが結構エロい。そして主人公は個人的にはそんな魅力あるキャラじゃないんだけど無駄にモテる。
でもお姉ちゃんのために見る。そんな感じのアニメです。

漫画版も集めようかなーと思いつつ集めてませんがこっちもアニメと同様お姉ちゃん+その他のハーレム系。

規制規制だといわれるようなこの時代にこれだけ露骨な作品をバンとアニメ化するのはある種チャレンジャー。


見てればそれなりに面白かったですよ。ただお姉ちゃんアニメという一言で大体収まってしまうのでこれくらいしか語れないのですが。



作品名:ワンナウツ(個人的アニメ22位)
話数:25話
放送時期:2008年冬
視聴時期:同時期


久しぶりの20位台。

影が薄いですがなかなか面白い作品かつ珍しく北海道で放送していたアニメ。

野球ものですがジャンルとしては高校野球より少なめのプロ野球を主題とした作品。

賭博野球勝負をやっていて負けなしの主人公(ポジション投手)がプロ野球界で旋風を起こす。

この作品の肝はオーナーと主人公の契約。

主人公は投手なので自分の投球で失点した場合はその分年俸がマイナス査定される。アウトをとればひとつにつき○○万円といった具合に。

失点すればそれこそマイナス1000万とかがざらなのでオーナーが一喜一憂しまくる。(年俸が0よりマイナスもあるため)

一方主人公は球も速くないしコントロールと素人が投げる特有のボールの軌道くらいしか武器がない。
そんな厳しい条件でも相手の心理状態を掌握して勝ち抜くのは見ていて気持ちが良い。

また、主人公のチームは弱小チームなんですが主人公の加入に伴い、チームメイトにも気持ちの変化、負け犬根性が治っていくところもなかなか。


野球版アカギといった作品です。(ちなみにライアーゲームと同じ作者)


実際こんなうまくいかねーよという部分もありますがそんな突っ込みいれるのは無粋ってやつです。











スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見てきたアニメを振り返る「ARIA」「とある科学の超電磁砲」
2012-03-18-Sun  CATEGORY: 語り
継続は力なり。

久しぶりに高校時の友達と遊んだけどやはり楽しい。

もうすぐ春の選抜が始まるけど仕事で見れねェ・・・・

北海道も2つ出るから気になるが食べてくには労働しないといかん。休みたいけどちょっと年度末だし厳しいのよね。


昨日の話なんですがこうして振り返るシリーズをやってます中で実はマクロスFを見たことがないんですよね。
曲は有名だし知ってるんだけどね。ちなみにマクロスFならノーザンクロスが一番好き。

その旨を友人に話したら「絶対見た方がいいっピ」と言われる。
確かに、いつか見てみたいリストのひとつだしこうして振り返るシリーズでご紹介できればいいね。

有名なやつだけに案外見てなかったという作品でした。
まだまだいろんな作品に詳しくなるには道が長い。これを見てないとかアニメ語る資格ねえなと言われそうだ。

そういう前置きを終えていつものいくぜ。



作品名:「ARIA」(個人的アニメ35位)
話数:1期13話
2期26話
3期13話

放送時期:2005~1期 2006~2期 2008~3期
視聴時期:2009年
備考:3期OP「スピラーレ」は個人的アニソン98位
1期ED「Rainbow」は個人的アニソン160位


物語の舞台は水の惑星となった未来の火星「アクア」の観光都市ネオ・ヴェネチィア

ネオ・ヴェネチィアは地球のイタリアの都市をそのまま再現したものです。

まずこの作品については、原作を全部見てからアニメに入りました。

物語は観光都市でゴンドラ漕ぎの主人公が四季折々の中での日々を描くものなので、日常系(癒し系)です。

原作はとにかく風景が素晴らしい。水の都をモチーフにしているだけあって絵を見るだけでも飽きない。
これのせいでイタリアへいってみてーとなります。実際は汚いらしいけど。

アニメの絵柄は原作と比べると見劣りしてしまうのが残念。それでも頑張ってると思いますが。

1話完結でゆったりとした流れです。音楽も癒しって感じでキャラクターもみんな心がきれい。

見てるこちらが恥ずかしくなるような台詞も普通に言う。

まず言いたいのは、激動の物語が見たいという人はきついと言うこと。それだけ起伏がありません。
「癒し」これを本当に再現しているのでのんびりした感じで見て欲しいです。

1期2期と安定感抜群の癒しでこれだけでも素晴らしいのですが3期は更に別格。

原作でも好きなエピソードが多く入っており、いつまでも終わらないと思っていた物語に幕を引きます。
日常の中でも少しずつ終わりが見えていき、またホロリと来るような話が連発。感動の中でも胸がいっぱいになってくるタイプの感動。

登場人物もみな気持ちいい人ばかりで不快な人物がいない。まさに綺麗という言葉が似合います。

この作品は寝る前の30分とかに見たい感じ。綺麗な気持ちで1日が終われそうですし。


原作もアニメも両方おすすめです。






作品名:「とある科学の超電磁砲」(個人的アニメ56位)
話数:24話
放送時期:2009秋
視聴時期:2010年
備考:前半OP「only my railgun」は個人的アニソン第3位
後半OP「LEVEL5-judgelight-」は個人的アニソン127位
後半ED「Real Force」は個人的アニソン82位
OVA OP「future gazer」は個人的アニソン7位


とある魔術の禁書目録の中に出てくるヒロインの1人御坂美琴を主人公としたスピンオフ作品。
通称「レールガン」

能力者を養成する学園都市の中でも最高クラスの実力者の主人公が都市の事件を解決するってのが全体通しての話。

絵がスピンオフなのに禁書より力入ってる。美琴がカワイイ。特にお姉様っぽく振る舞ってるときと禁書の主人公を前にしたときとのギャップがキャワワ。

24話あるなかで12話まではマンガ版の話。そこからはアニメオリジナルの展開。

日常の中にもさりげない伏線あってたりしてよくできてます。勧善懲悪って感じで正当派。禁書本編では実力の割にはかませ犬っぽい描写が目立ちますが、超電磁砲では存分に能力の高さを描いてます。能力の応用を効かせた描写とか好き。

萌えと燃えを合わせた作品だけどもちょっと萌えな感じを強調しすぎた感じ。
マンガ版はアニメほどあざとくないし、バトルが熱いのでおすすめ。

そのマンガ版までは文句なしに良かったのですが、2クール目からはストーリーの部分でだれる感じ。まあ私がいうまでもないくらいよく言われています。


美琴のキャラこんなんじゃねーだろと言いたい場面もあったけど、そこは目をつむり最終話は綺麗に終わらせることが出来たのでまあ良しってところです。

最終話は特に挿入歌が良い場面で入り、盛り上がり、優秀な最終話と言えます。

戦闘は迫力があるしキャラクターも魅力あり。
黒子は真面目な時はちゃんと百合スイッチオフに切り替えてくれるところが好き。


1話のつかみも良いので見やすさに置いても流石といえる作品です。

それ故に後半失速感があったのが残念。仮にもレベル5がこんな雑魚に苦戦すんなよって場面も多々。

2期やるならば姉妹編は是非やってほしいところです。


















ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見てきたアニメを振り返る「交響詩篇エウレカセブン」「イナズマイレブン」
2012-03-11-Sun  CATEGORY: 語り
こういう土日ってのは貴重だぜ。特に今週はそこそこ忙しかったから休みの快感もある。

来週札幌に戻るから暇なんだけど誰か遊ぼうぜ!
といってももう皆4月の新生活の準備で忙しいかな。


コツコツ定期更新してることによりコメントも久しい方からついてくる。
なんだかんだ見られてるとうことでやる気十分。

土日は基本アニメを適当に見たりしてるんだけどレンタルする際これ誰が見るんだよっていうような作品が借りられていることがある。

うちの職場なんて年齢が若いと思われるレベルの人でもそんなわかる人がいないというのに地元の近くで誰も見ないような作品をひっそり誰かが見てると思うとにやける。



あとは今回うたわれるものを借りようとしたんだけど普通に借りられていた。同じことを思ってる人もいるのかもね。


さて今週のサザエさんは~



作品名:交響詩篇エウレカセブン(個人的アニメ44位)
話数:50話
放送時期:2005年から1年間
視聴時期:昨年秋から最近まで
備考:OP「DAYS」個人的アニソン116位
   ED「秘密基地」個人的アニソン158位
OP2「少年ハート」個人的アニソン96位
   ED2「FLY AWAY」個人的アニソン61位
   OP4「sakura」個人的アニソン1位


さて、これは最近無事完走しました。

正直な話、土日にアニメを一気に見るわけなんですが何話も続けてみると結構疲れる。2クールものならまだしもこれは50話にも及ぶ長いストーリー。
新規で見るには非常にきついんじゃないかと思いながら視聴を始めたわけです。

印象としてはパチンコとかで有名なやつだよねってだけ。あとロボットもの系とか。

そこからスタートしてまず思ったのは絵柄がDTBっぽい。これはそもそもDTBより前の作品だし同じボンズの作品だから当たり前なんだけど面影がありました。DTBの絵柄大好きだから全然OKです。

ちなみに4クール目のOPsakuraは数あるアニメソングの中でもキングオブヒーロー。この曲を映像つきで見たいというのがまずこの作品を見始めたきっかけ。
OPとED全体に言えることだけど良曲率が高い。惜しくもランクインしてない曲もあるけどハズレ曲があまりない。

しかし50話もあるとさすがに中だるみがありました。あと序盤はわかっていてもホランドUZEEEと思ったり専門用語が飛び交いまくりぼけっと見てて話に乗り遅れたこともあったり。
そういうこともあったけど最終話は1話から49話まで通してみてただけあって主人公の成長が垣間見れて涙が自然とこぼれました。
いや、実際そんな感動するものでもないのかもしれないけどなんかこう長い期間見てるとついに終わりか・・・・という気持ちと他の登場人物もようやく主人公を認めたなぁという安心。所謂ボーイミーツもの要素がいい形で実った瞬間を見れて50話まで見たからこその感動(ご褒美)ってやつでした。


実際のストーリーも長いし唐突にサッカーする回とか微妙な回とかもあったけど中盤の主人公の一人旅が面白かった。いろんな価値観の人に触れ合える話ってのはなかなか面白い。
ロボットものとしては専門用語が多すぎてちょっと意味わからない部分もありました。もうちょい単純にしてもよかったのではないでしょうか。

あとOPのsakuraが流れたときはやっぱ感動した。3クール目のOPが今までのOPと比べ落ちたのもあって早く39話にならねーかなと思うほどだったし髪が短いエウレカも個人的には残念だったので。というか短髪の期間長かったよ・・・・。


50話もあるから見るのにも時間がかかったけど見れて良かったと思ってます。最近見たやつだからついつい長い文章(しかも中身ない)になってしまったけど名作の一つだと思います。

よく有名作品はアンチも多いけれど有名な作品や名作といわれる作品は実際見てみるとそう言われている理由がよーくわかります。やっぱり雰囲気っていうかそういうオーラみたいなの持ってるよ。


作品名:イナズマイレブン(個人的アニメ71位)
話数:26話(フットボールフロンティア編のみ視聴)
放送時期:2008年
視聴時期:2010年

これはDSのゲームからきたやつっすね。ジャンルは超次元サッカー。

結構長くやってますがきちんと見たというのはフットボールフロンティアのみ。最近のはめちゃくちゃメンバー変わっててびびった。

弱小部からの這い上がり、サッカーはやらねぇという後のエースクラスの男、強豪校といきなりの試合。

まさにスポーツものの王道を抑えている作品。練習をして必殺技を習得するなどとにかく王道という言葉がふさわしい。

少年向けだからこその熱さ、ストレートさもあり時にこういう作品を見るというのも悪くないものです。

あとメインヒロインは生徒会長のマネージャーだからよろしく。たぶん当て馬ポジションだけど私は好きです。


まあ難点をいうのもナンセンスですけど初期部員がやっぱ後半に行けばインフレについてこれず捨てられる運命。
ストーリー展開も結構力技だったりしてありえねえええええと思いながらもなんだかんだ面白かったです。

時間があればそのあとの世界大会とかも見てみたいけどいかんせん長いしなー。



コメント返信

かざみどり
>とても久しぶりっす。こういうコメントが付くとやっててよかったと思うっすよ。見たい作品は山のようにあるけど時間と気力、諸々が不足。結構有名だけど見てない作品というのも多いし興味あるのも多いんだけどね。引きこもってても忙しいぜ













ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「ロザリオとバンパイア」「おおかみかくし」
2012-03-04-Sun  CATEGORY: 語り
今度はポケモンの最新作・・・だと?


とはいえこれはFF10-2みたいな続編なのかマイナーチェンジなのかわかんねぇな。

2色出すからやっぱ続編なのかなー。しかし2ってネーミングは致命的にださい。ポケモンにあわねーすよ。

それでは今回のご紹介です。今までのを見ると30位~40位台の中位が多めになってるなと気付きました。

そのあたりが語りやすいからなのかな。

順位もかぶらないようにちゃんとメモ帳的なのに綴ってるんだけどそこから今回はちょい下位のあたりからチョイス。

まあ下だからってつまらなかったってわけではないすよ。


作品名:ロザリオとバンパイア(個人的アニメ94位)
話数:1期2期ともに13話
放送時期:1期2008年1月~2期2008年秋~
視聴時期:2009年
備考:2期OP DISCOTHEQUEは個人的アニソン68位

これは漫画原作の奴です。

今まで偶然にも2期ものがなかったのであれでしたがランク付けは1期2期合算しての評価です。1期がずば抜けてよくても2期があれだと平均した感じになるです。

そうはいってもこの作品は1期2期ともに平均して安定している作品。
原作はちらっとしか見てないんですがアニメの方は多分原作よりも常にパンチラしてます。パンチラしすぎたらあまりありがたくないよね。

妖怪ものと学園ものが合わさってバトル展開もちょっとあるけど一撃で戦闘おわったりとあっさりしている感は否めない。これを見るのはハーレムものとして見た方がいいんじゃないですかね。

ベタベタな展開だけど基本的には手堅い作りになってます。結構なにやってんだよwwって突っ込みたくなる場面もあるけどそういうおバカなノリを楽しむのもこの作品の醍醐味。

あと2期のOPが素晴らしくあの曲とあの踊りが最高に良い。紅白でもこの曲だったらよかったのにと思うほど。

水樹奈々が好きならこれはとりあえず見た方がいいよね。



作品名:おおかみかくし(個人的アニメ110位)
話数:12話
放送時期:2009年冬
視聴時期:2010年
備考:月導-Tsukishirube-(ED)は個人的アニソン146位


これはひぐらしのなく頃にで有名な竜騎士さんの作品おおかみかくしをアニメ化。
ジャンルとしてはサスペンスホラー?

これも初めてひぐらしを見たときみたいな背筋のヒヤっと感が味わえて序盤はなかなかいい感じ。

登場人物でなかなかいいキャラがいたんだけど退場も早くそこから物足りない展開(ストーリーの謎は解決していくのに)が続く。

それだけ良いキャラってのもあったけど7話あたりで個人的作品のピークが到着。やべえこれはやべえと一人はしゃぐ。

露出もなんもないのにこれだけエロいのはやべーよってくらいエロい。眠ちゃんぺろぺろってくらいに。


ここまでいけば50位台のランクは狙えたんだけども最後の2話でええーっという展開。これはもったいない。

そういった終盤のgdgdがあり世間の評価もすこぶる悪い。

いうほど悪くないと感じるけどあと一押し足りないかなって感じ。ちなみに12話はおまけなんだけどそのおまけが一番おもしろかった。これくらいのクオリティを出せればもっと作品自体の評価も違ったかも。


今回はこんなところ。















ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2012/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。