ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今年買ったゲームを振り返る
2012-11-25-Sun  CATEGORY: 語り
今週は久しぶりの実家なのでアニメの方はお休み。

というか日曜更新にしてるから日曜の閲覧数を見るとやっぱ週で一番多いね。

なんだかんだ見てもらってるってことなのかな。

週一は今後も続けたいね。


そして来週には12月ですよ。雪もここ最近で積もり路面もピカピカで怖い。

後続車がブレーキの時キュアキュアって音を立てて近づくので、ぶつかるんじゃないかと冷や冷や。

それはそうと私の住んでいるところ開催で交響楽団(5人)とDQの音楽には欠かせない、すぎやまこういちがやって来た。

ので、職場のDQ好きの方と一緒に見に行きました。

5人だけだけどやっぱ上手い。DQの音楽やっぱいいなーと思いつつ1~3までしかやらなかったのはちょい残念。

あと生のすぎやまこういち。おじいちゃんだった。

リメイクの7もどうしようかなと思ってるんだけどどうしよう。一番最初にやったDQだからさー。


まあ12月ともなれば今年あったことを振り返る・・・ということで何週間かあとの更新では今年見たアニメを振り返るとかやるかもしれない。そこは気が向いたら。


ゲームは一足早く更新。

そもそも12月になっても多分買ってる余裕(時間)がないだろうから。まずは既存のやつをクリアしないことには。


まずは最初に

作品名:ポケットモンスターノブナガの野望(DS)


しばらくゲームを買ってなかったのですがポケモンBW2のツナギとして購入。

信長の野望混ぜるとか迷走してんのかとか思いましたがポケモンにSRPGで興味が沸きプレイ動画で購入を決意。

期待通り面白い。ただ技の少なさとか現実のポケモンバトルでは考えられないような相性とかそもそものポケモンの種類とか課題はそれなりにあった作品。

しかしながら作品としての質(やり込み含め)は高かったので新しいシリーズの柱として期待も出来る。

きっと3DSで続編出るでしょう。


作品名:ポケットモンスターブラック2(DS)


期待のシリーズ。

色々仕事上の妨害があったものの今作は育成環境が進化。

研修で同期達もやってましたね。

進化石が容易に手にはいること、BP稼ぎが楽になったことなど非常に嬉しい限り。

ストーリー面も面白くBWとBW2で初めてイッシュ地方の物語が楽しめるという感じ。

ハッサムとマニューラを育成したんですがマニューラは戦法が読まれやすく使いづらかったです。

ハッサムは戦法が読まれてもそもそも強いこと、相手のPTを見て選出に困ったらハッサムという安定感があります。

ポケモンはやり終えても急に熱が入ったりするから困る。


作品名:世界樹の迷宮4(3DS)

ポケモンの発売から2週間程度で発売。

正直当初はやる暇無かったです。仕事的にも忙しくポケモンもあったため。

しかし、これをやるために3DSを購入。

10月頃にようやく再開。現在は3層の中盤といったところ。サモンナイト4をやってるためまた休憩ですがすぐにやりたいゲームです。

難易度は過去作と比べて簡単な印象。しかし冒険のパターンが広がって少し嬉しい。

サブクラスとかどうするーとか考えるのも楽しい。


作品名:ルーンファクトリー4(3DS)

どうぶつの森好きならはまるらしいね。ぶつ森は興味があるけどやったことがないので楽しさがわからないのですが。

世界樹の2週間後に発売。ですが先にこっちをやってました。

色々とやることがあって農業、釣り、冒険、町の人との交流と忙しい。やり込みの塊みたいなゲームです。

ヒロインは3のほうが好きかな。ドルチェが可愛いけど。現在これも物語は後半で一旦ストップ。

また積みゲーかよって感じですがああ、クリアしてしまう、あぁっまだゲームを楽しみたいっという気持ちもあるんですよね。

これもやりたいこと一杯なので世界樹とともに再開します。


作品名:サモンナイト1、2、デュープリズム(アーカイブス)

サモンナイトのリメイク記念でアーカイブスが激安。

昔やって面白かったデュープリズムも一緒に購入。

こちらは適度にこなしているという感じ。どれも何度かクリアしてますので。


作品名:サモンナイト3(PSP)

中学生の時の思い出、サモンナイト3。

サモンナイトのおかげでアニメの萌絵とかの抵抗感は薄くなった。これは間違いない。

昔よりアティ先生がエロく感じる。おとなになるってかなしいことなの。

生徒になって手ほどきして欲しい。ナップとか先生のスカートめくりするんだよね。うらやまけしからん。

まあともかくSRPGとしてPS2の時より格段のやりやすさ。スキル制度もうまくいったという印象。

値段も3000円ちょっとなのでおすすめ。

ただ、モグラたたきのミニゲームが4方向になってやりごたえが無くなる。あのスピード次第で100点突破できるのが燃えるのに。


作品名:サモンナイト4(PSP)

おそらく今年最後の購入した作品。

リメイクだけど基本は3のスキル制度を付け足したという感じで真新しさは薄い。

3のデータがあれば2~3のキャラが使えるようになります。

4は出撃枠があまり制限されていないので思いっきり使える。しかし、結構敵ユニットが多いのでめんどくさい。

ステータスも2~3キャラはリメイク3準拠なので4のキャラみたいに標準で5足がついてないので置いてけぼりになったり。

3,4もそうなんだけどリメイクの仕様上、Sランクを1人でぶっぱというのがやりずらくそこが不満。

ただ4は夜会話が3と同じく正面絵に。リシェルかわいいしミントさんもエロい。すばらです。




以上が今年購入したゲーム。

というか携帯ゲームしか買ってないじゃん。

アーシャのアトリエとかディスガイア3,4とか興味あるタイトルは多いんですよ。

まあ次買うとしたらブレイブリーデフォルトなのは間違いない。

ポケモンのホワイト2も買うつもり。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「キルミーベイベー」「つり球」
2012-11-18-Sun  CATEGORY: 語り
サモンナイト4を購入。

しかし、職場の付き合い等でなかなか時間が取れず。

飲み会もいつものように1次会で帰宅する予定が捕まってしまい、久しぶりに飲みすぎたせいもあり土曜日は半分以上機能せず。もったいない。

リメイクサモナイ4は基本3と同じシステムだから新鮮さは薄い。

でも3の特典で召喚獣が引継ぎ、傀儡も使えるということで楽勝・・・・と思いきや敵のダメージが痛いし堅いしそういえば4ってめんどくさかったと思い出します。

あとMAP広いんだよなー。SPは稼げるけど結構めんどい。

音楽は4もいいね。戦闘音楽が2並に豊富なのでいい。掴みとれ!が一番好き。

4は季節的に秋にやりたいゲーム。3は夏が似合う。

あとリビエルとアロエリは相変わらずうぜぇww助けてもらってなんなのこの態度www

ミント姉ちゃんが相変わらず性的な体でエロいけど旧版と同じリシェルEDを目指すぜ!



あと友達にけいおんやら超電磁砲のフィギア(クレーンゲーム)のやつをたくさん頂戴しました。

携帯のカメラが壊れてて紹介は出来ませんがこの場を借りて御礼申し上げます。漫画だけでも置き場に困るというのでまあフィギアも置き場難民なんですけどね。

ちなみに私も後日タイバニのクレーンゲームやったんだけど最後の最後で手の届かないところへ。

600円がー。


リトルバスターズはコマリマックスのルートを上手く消化しましたね。

原作やってるときはちょっとウルっとしたけど思い返すとふーんって感じのルートだったので。

あそこで鈴とコマリの絡みは良かった。後々効いてくるのよね。今のところ良改変じゃないですか。

でもこのペースだと2クールじゃ厳しいね。あらすじだと10話まで日常話らしいし。

はるちんルート11~13話
日常14~16話(エンディング変更)
クドルート17~20話
日常21~22
みおルート23~最終話

ざっくりだけどこうすれば2クールも綺麗じゃないですかね。でも日常話でそこまでストックあったかな。

んで2期で姉御ルートから入っていけば。みおっちルートは個別で一番感動した話だし最終話に持ってくと良いと思います。

詰めれば姉御もいけそうだけどあれで終わって2期までお預けはきついような。

姉御ルートは物語の核心を突いた部分があるので2期からじゃないかなーと。

それにしても未だに出番がないみおっち・・・・・・。

あと鈴は幼馴染みポジションという昨今では負けポジションの属性ながら人気ですね。まあ自然体な感じで可愛いですし、傾向として最初から主人公に好意があると負けポジションになりやすい気がします。

原作をやるとリキの嫁、いや鈴の旦那はリキしかいないと思えるので今後も楽しみ。



作品名:キルミーベイベー(個人的アニメ80位)
話数:13話
放送時期:2012年1月
視聴時期:最近

4コマ原作の作品。殺し屋とおちゃらけてる友達のやり取りを淡々とやる日常ギャグ系

どしたのわさわさwwwwや、くそうwwくそうwwなどで語られる作品です。

特徴は登場人物が少ない!

主要人物2人とレギュラー1人以外はモブ。しかも適当。

モブの声もらき☆すたのくじらさんみたいに白井黒子の声をやってる新井さんとワンピースのブルックの声をやってるチョーさんが頑張っているアニメです。

2人の掛け合いも脈略もなくシュールな空気感が漂いますが時折クスっと来る。なんかくすっと来たときはこんなんで笑わされたwwくそwwwという気分にさせます。

ネタも緩い感じのギャグに過剰な突込みというお約束。25分が長く感じること間違いなし。

ダメな人はとことんダメ。でも自分にはこの空気感がたまらなかったので最後まで見ました。というか作業用BGMで流しっぱなしにしてもいいくらい。

OPとEDもギャグに特化しておりOPを見れば、どしたのわさわさwwの意味が分かるかと思います。

どちらも変に中毒性があるので時折脳内でリピートしたくなります。

アドリブも適当に入れているような本当にゆるーい作品。合う人は合う、けどおすすめできない。

だまされて見てみろよ!だまされるから!で突き進むようなアニメでした。

あぎりさんの、たらったらったらっふぅふぅ、たらったらったらったらっふぅふぅは絵柄の可愛さもあって中毒性が高い。


作品名:つり球(個人的アニメ100位)
話数:12話
放送時期:2012年春
視聴時期:同時期
備考:オープニング「徒然モノクローム」は個人的アニソン91位

ノイタミナ枠。

タイトルの通り釣りのアニメですがメインは主要人物4人の友情と成長物語。

宇宙人とかが出てくるのでちょっとSFチックな感じもするけどあまり気にならなくなります。

やや奇抜なスタイルですが全体で見れば王道タイプの作品だったと思います。

音楽が良いですね。盛り上がる場面でも日常のまったりした部分でも非常に合った音楽を挿入したと思います。

序盤はちょっと盛り上がりに欠けますがじっくり作ってるので右肩上がりに主人公の成長も感じて面白くなっていきます。

序盤ののんびり釣りをやってる頃も好きなんですけどね。

最終話もよくまとまっていたし、ノイタミナの枠に恥じない面白さでした。

OPの徒然モノクロームは映像の田舎の香り溢れるダンスと相まってかなり好きなんですがいかんせん周りでつり球を知っている人自体がいないのでカラオケの持ち歌にも関わらず歌うことが出来ません。

特に俺アニメ好きっすよwwという人もワンピースとかエヴァとかだから意外と同じアニメ好きでもカテゴリーが違うから噛みあわない場合ありますよね。ゲームにしてもなんでもそうなんだけど。

とりあえず私は見たアニメに愛情をこめて文章を書いてるつもりなので詳しい人、そうでない人にも楽しんでもらえればなぁと思っております。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「GOSICK」「キャプテン」
2012-11-10-Sat  CATEGORY: 語り
明日は休日出勤だから今日更新するよ!

代休をいつ入れるか計画するのが楽しみ。

ブレイブリーデフォルトが凄い面白そう。欲しい。しかし、サモンナイト4が目前に。

世界樹もまだ途中だし買う日はいつになるのか。

本格的に本棚から漫画があふれてきたなぁ。

横積みがあっちらこっちらに加え,
枕の横にも10冊前後。倒れたらやばい。

やっぱ回転式本棚が欲しいなぁ。引っ越しのときに辛いからなかなか買いにくいんだよね。

売るっていう選択肢がないので常に付きまとう課題だね。


ではいつもの更新。


作品名:GOSICK(個人的アニメ91位)
話数:24話
放送時期:2011年1月
視聴時期:最近
備考:オープニング「Destin Histoire」(個人的アニソン134位)
   エンディング1「Resuscitated Hope」(個人的アニソン123位)
   エンディング2「unity」(個人的アニソン129位)

OPにつられて見た作品です。やはりOPが良いと勢いよく見たくなるものです。

なんと3日で完走。カレイドスターで感覚がマヒしたのか2クールもサクッと見れました。

OPがそのままで途中からEDが変わるという変わったスタイル。

何より円盤ひとつにつき2話しか入ってないといういじめ。特にコメンタリーとかあるわけでもなく。なめてんのかと思いましたがそこはまあこらえて。

1920年代のヨーロッパの小国に留学した主人公と学校の屋上で知り合った金髪の女の子ヴィクトリカと関わる事件を解決しながら待ち受ける大きな荒波と戦うストーリー。

ヨーロッパ舞台の作品はやっぱそそるものがあるね。外人が侍とか寿司とか忍者とかでテンションが上がるのと、きっと似た感じなのかもしれない。

ヴィクトリカが探偵で主人公はさしずめ使いっぱしりの役目。しかし、探偵ものだけど視聴者が考える間もなく事件が終了することもよくある。

そのあたりは尺が不足しているからなのか、サクッといかざるを得ないのかもしれない。

それを物語っているのが、主人公が拉致されたと思いきや、いつのまにか何事もなかったかのように脱出してうろうろしてたり何が起こったってばよ状態。

しかし2011年の作品だけあって作画が綺麗。カレイドスター見た後だと余計にそう感じる。もちろんカレイドスターも年代からすればすごく綺麗なんだけどさ。

探偵要素が中心だけどすごいトリックがあるわけでもなく、これは強引すぎるだろwwというのもあります。これも探偵ものとして本格的に見るとアレなんですがとにかくヴィクトリカちゃん可愛い。

主人公に着物もらって主人公の見てないところで滅茶苦茶喜んで歌ったりするヴィクトリカちゃんきゃわわ

話が進むにつれて2人の絆が強くなる過程もいい感じ。

世界観が本当によく出来ていてああいう街並みを歩いてみたいものです。

ショートストーリー中心ですが後半はシリアスに時代背景に合わせた展開。ちょっとシリアスな感じでしたが文字通りハッピーエンドに終わったのでよかったです。何より最終話が爽やかに終わったので報われたというか。

話の構成はかなりしっかりしていると思います。あとは原作で足りないところ補完してねって感じですかね。

時間があれば原作も見てみたいところだけど。

あとOPにつられて見た作品だけどEDがあんなに良い曲だと思いませんでした。1話のEDの入りはストーリーの上手い引きに合わせて衝撃を受けました。EDは聞いたことがなかったとはいえOP目当てだった分ね。

13話から変わったEDも映像とすごく合ってる。これはこれでうぉぉぉぉってなりました。ストーリー展開にもあってるし。

ヴィクトリカちゃんが可愛い作品なので金髪でちょっとロリなヒロインでも俺は好きだぜって方は是非とも。


作品名:キャプテン(個人的アニメ42位)
話数:24話
放送時期:1983年1月
視聴時期:2008年7月

翼ではないです。野球作品。

私が生まれるよりもずーっと前の作品。

たまたま1話を見てそのまま一気に。

中学野球を舞台にしています。

主人公は全部で3人で世代交代ごとに変わる形。つまるところ野球部そのものが主人公という作品です。

初代主人公は名門野球部の3軍。転校先では名門野球部出身という事がクローズアップされ過度な期待をされることに。

そんな期待に潰されそうになりながら、悩みながらも死に物狂いで練習をしてキャプテンに選ばれチームを引っ張ります。

ベタな設定ですが昔の作品ですからね。

初代主人公は死に物狂いで練習をしますが、キャプテンとなりチームを作るときもスパルタで強豪と戦えるまでに鍛え上げます。それは後続の2代目、3代目の世代にも受け継がれていくというのがこの作品の面白いところ。

各世代のキャプテンがどうチームを強くしていくのか、また厳しい練習を課すことによる部員との対立、キャプテン目線だと部員が文句しか言わない上にキャプテンを解任するぞとかの繰り返しなのでイライラすることでしょう。私もイライラしました。

今では少ない気合と根性で戦うという熱いストーリー。各世代の最後の試合はまさに圧巻。

やっぱり初代キャプテンの最終試合が一番熱いですね。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「カレイドスター」
2012-11-04-Sun  CATEGORY: 語り
前の記事でアニメランキングを見直しました。

その修正作業で疲れたので今週はひとつの作品のみでオナシャス

タイヤ交換は平日に休みとってやりました。

土日天気よくないし寒いからやってよかった。

そして最近積んでた世界樹の迷宮4を再開。

今現在は3層までいきました。

今作は小迷宮とか色々遊べていいね。その小迷宮も1回もぐれば大体制覇できるし。

難易度は下がった気がする。階層ボスがあまり強くないしね。

ただ道中のFOEとかに凹られたり体力温存で逃げようとしてPT壊滅があったりするのは流石世界樹といったところ。

昔は1階を攻略するだけで何度も少し進んでは撤退を繰り返して、資金めぐりも宿代払えないからキャラを作って装備だけはぎ取って解雇という布の服戦法をやってたんだけど今はそこまで必要ないね。

やっぱ音楽も良いし背景もきれい。面白いゲームだね。

サモナイ4もそろそろ予約時期か。

リトバスはBGMをそのまま使ってるので聞いただけで感動する。私はスローカーブが大好き。


そして振り返る

作品名:カレイドスター(個人的アニメ15位)
話数:51話+OVA3話
放送時期:2003年春~
視聴時期:最近
備考:2クール目オープニング「約束の場所へ」個人的アニソン89位
   3クール目オープニング「Tattoo Kiss」個人的アニソン185位


オープニングはだれもさーがしてるーゆーめーはーの出だしで米倉千尋さんが歌っているということで知った作品。

よく個人的アニメランキングで上位に来る作品なのでいつか見てみたいと思っていた作品。

カレイドステージというサーカスに魅入られた少女がトップスターになるまでのサクセスストーリーです。

2000年代前半ということもあり開始時にテレビを見るときは部屋を明るくしてとかだったり、出だしでその話の簡単なあらすじを紹介したりするというのは懐かしさを感じます。

朝アニメだっただけあって中身は王道熱血ストーリーです。

スターになるまでに特訓、友情、挫折、復活、勝利といった描写が中心です。

1部2部と分かれており26話まではサーカスのトップスターである先輩の相棒を勤め上げるまでの話。

2部からは先輩から独り立ちして自分の道を模索する話。

特徴としてはまず51話と長い!ですが近年稀にみるペースで2週間で観ました。
エウレカセブンは結構かかったんですがこれはテンポよく見れました。むしろまだ見てない話があるなら見たいくらい。

1話1話も結構濃厚。アイキャッチもかなり好きです。Bパートだけでも山あり谷ありなので油断できない。

努力してもなかなか結果が簡単には出ないので見てるこっちもああ、もう!とか凹んでる姿はこっちも感情移入したりです。

しかし、前向きにぶつかった壁に取り組み仲間との絆を持って突き進む姿を見るとよし!俺も仕事頑張るか!という気分にさせてくれます。

主人公に対してお前なんてステージに上がる資格ねえ!とか言ってる人が徐々に認めていくというのも王道でいい。

特訓シーンとかもどこのスポ根だよってくらい激しいです。(例:水に浮かんだ丸太に乗って片足スクワット、その際に水面を揺らしてはいけない)

そして51話あるのに捨てる話がないということ。キャラの掘り下げとか最終話を見るとすべてが繋がっているんだと思わせてくれます。

あと序盤にあるロゼッタの話がかなり好き。あれで百合に目覚めそうだった。アブねえアブねえ。

2部の序盤の暗い話が続き2部からの登場人物にウザさ全開を感じながらも溜めこんで溜めこんで溜めこんで怒涛のように最終話に向かうので盛り上がりも素晴らしい。1部だけでも良作だけど2部があってこその名作だと思います。

ウザいと思っていた登場人物たちも最後にはみんな大好きなかけがえのないキャラクターになっています。

オープニングエンディングもなかなかお洒落です。2部のオープニングは特に葛藤挫折から復活の流れみたいなのが映像からも伝わってくるのが素晴らしい。

OVAも本編後の話で各キャラのこれからもがんばっていくぜ!とかが垣間見れて良かった。続きがあるなら是非見たいけど終わり方としてはこれが綺麗なのかも。

監督はARIAの人だけあってどこか似た空気感が伝わりました。この人の作品は今後も要チェックせねば。

夢に向かってひたむきに努力する姿はこちらも元気にしてくれます。老若男女誰にでも勧められる熱いストーリー、見るのは結構時間がかかるかもしれませんけどまずは考える前に見ろ!という作品です。

ちなみに謝れ!○○に謝れ!!!の元ネタはこの作品だったんですね。

主人公を演じる広橋さんもハマリ役です。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
アニメランキング(10月末現在)
2012-11-04-Sun  CATEGORY: アニメランキング
このコーナーをやって10か月経過しており流石に上半期に紹介したやつをずっと同じ順位で固定するわけにもいかないので色々思い出しながらランクを暫定で付け直しました。

空白はもしかしてこのアニメ?とか予想してくれると幸い。

別枠:カブトボーグ

1位
2位:バッカーノ!(前回2位)
3位
4位
5位:コードギアス(前回5位)
6位
7位
8位
9位:おおきく振りかぶって(前回9位)
10位:シュタインズゲート(前回10位)
11位
12位
13位:天元突破グレンラガン(前回13位)
14位:こちら亀有公園前派出所(前回15位)
15位
16位:未来日記(前回14位)
17位:イヴの時間(前回17位)
18位:魔法少女まどか☆マギカ(前回20位)
19位:刀語(前回21位)
20位
21位
22位:ワーキング(前回18位)
23位:ワンナウツ(前回22位)
24位
25位
26位:ひぐらしのなく頃に(前回28位)
27位:らき☆すた(前回24位)
28位
29位:ARIA(前回35位)
30位:みなみけ(前回25位)
31位:ちはやふる(前回26位)
32位
33位:とらドラ!(前回30位)
34位:異世界の聖機師物語(前回33位)
35位:アイドルマスター(前回32位)
36位
37位:喰霊―零―(前回38位)
38位
39位
40位:マクロスF(前回37位)
41位:バンブーブレード(前回39位)
42位
43位:スクライド(前回42位)
44位
45位
46位
47位
48位
49位:ゆるゆり(前回50位)
50位:四畳半神話大系(前回67位)
51位:咲-saki(前回40位)
52位
53位:うたわれるもの(前回55位)
54位
55位:哲也(前回46位)
56位:かみちゅ!(前回68位)
57位
58位:Air(前回52位)
59位
60位:イカ娘(前回58位)
61位:人類は衰退しました(前回69位)
62位:かんなぎ(前回75位)
63位:我が家のお稲荷様(前回47位)
64位:狼と香辛料(前回48位)
65位:モーレツ宇宙海賊(前回60位)
66位:とある科学の超電磁砲(前回56位)
67位:鉄腕バーディー(前回54位)
68位
69位:デュラララ!(前回65位)
70位:日常(前回62位)
71位:うさぎドロップ(前回66位)
72位
73位:たまゆら(前回64位)
74位
75位:交響詩篇エウレカセブン(前回44位)
76位:ファントム(前回85位)
77位:ソウルイーター(前回80位)
78位:新テニスの王子様(前回79位)
79位
80位:サザエさん(前回77位)
81位
82位
83位:UN-GO(前回88位)
84位:ギルティクラウン(前回93位)
85位
86位
87位:「C」(前回98位)
88位:イナズマイレブン(前回74位)
89位:それでも町は廻っている(前回82位)
90位:男子高校生の日常(前回70位)
91位
92位
93位:化物語(前回83位)
94位
95位:シャーマンキング(前回51位)
96位:バカとテストと召喚獣(前回95位)
97位
98位:ef(前回91位)
99位:ゼロの使い魔(前回96位)
100位
101位
102位:ボボボーボ・ボーボボ(前回105位)
103位
104位:ミルキィホームズ(前回99位)
105位:大正野球娘(前回81位)
106位:キノの旅(前回97位)
107位:セイクリッドセブン(前回90位)
108位
109位
110位
111位
112位
113位
114位
115位
116位
117位:俺の妹がこんなに可愛いわけがない(前回103位)
118位:ロザリオとバンパイア(前回94位)
119位
120位
121位
122位
123位
124位:デッドマンワンダーランド(前回107位)
125位:にゃんこい!(前回109位)
126位
127位:あの夏で待っている(前回112位)
128位
129位
130位:キスシス(前回111位)
131位
132位:おおかみかくし(前回110位)
133位
134位
135位
136位:緋弾のアリア(前回119位)
137位
138位
139位
140位
141位:さんかれあ(前回124位)
142位
143位
144位
145位:ブレイブ10(前回120位)
146位:ブラックキャット(前回146位)


上位陣はあまり変わらず、エウレカが大きく順位を下げたのはAOを入れた平均のため。

参考程度にどうぞ
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2012/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。