ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今年のアニメを振り返る「アニメベスト11」「キャラクター男編、女偏、そのほか」
2013-12-23-Mon  CATEGORY: 語り
うっすうっす、あと少し仕事に行けば年末年始。

ポケモンも5世代のやつを6世代に輸送できるから楽しみ。

今週は風邪をひき、仕事では結構しんどい目にあい、ろくなことがなかったんですがまあ年末まであと少しだしね、頑張るしかないね。

3連休も珍しく用事が入ってたんであまり一人で好きなことで来たわけでもなく・・・。


とりあえず来週は実家なのでお休み。

今回で今年のアニメを振り返ります。

まずは男女編から。男女はベスト10です。

採点基準は、ビジュアル、性格、ストーリーでの見せ場、諸々を考慮して。

【男編】



10位:長谷部 豊(サーバント×サービス)

やる気はないけどやるべき仕事はささっとこなせる有能な公務員。
イケメンに反してアニオタなところも好感がもてます。

それにしてもお姉ちゃんと顔が似すぎ。


9位:エルエルフ(革命機ヴァルヴレイヴ)

導き出される結論は・・・・!などの台詞で有名なエルエルフさん。

有能な兵士として一人旅団の異名を持ちますがいろんな所で劇団ひとりだとか言われ放題。

真面目な顔してふざけた発言とかをする人の多い作品では頭脳明晰キャラとして一目置かれる存在。
でもなんかどこか抜けてるのでネタにされがち。

とはいってもこのキャラのネタ具合もこの作品の魅力の一つであることは間違いありません。


8位:アルミン・アルレルト(進撃の巨人)

こちらも体力よりは頭脳担当。でも正直、身体能力もかなり高いと思う。他が化け物揃いなだけで。

機転の利いた台詞回しで危機的状況を打破しており、彼がいなければ詰んでた場面も多かったです。

ゲスミンだとか結構ネタにされるキャラ。


7位:蟇郡苛(キルラキル)

男らしいキャラクター。

恵まれた図体から法令順守を基本とした風紀委員で、敵キャラポジションながらも卑劣な手段は使わず正々堂々と戦う男。

戦闘スタイルもなかなか。


6位:ムゲン(サムライチャンプルー)

主人公格の一人。

田舎出身故の野性味あふれる刀のスタイル。トリッキーな動きで戦ったり下駄を上手く活用したりと使えるもんは全部使うっていうのが好き。

性格も見た目通り女好きで大雑把ってところが最近のキャラではあまり見ないタイプの主役なので好み。

中の人も豪華。


5位:貝木泥舟(物語シリーズ)

詐欺師。女子供も関係なく平等にだます、ナイスミドルな中年。

台詞回しとかも嘘で固められてたりということで色々とめんどくさいんですがこのキャラクター視点になって恋物語がかなり面白いということでこの順位。

イエーイ、ピースピース

4位:星野 八郎太(プラネテス)

通称ハチマキ、プラネテスの主人公。

仕事の先輩ポジションで、後輩に色々教えているキャラです。
仕事について3年目とは思えないほど色々出来て優秀。ハイスペックなのですが、性格は多少癖があり、物語が進むにつれ親しみやすく変わっていきます。

これは作品と合わせておすすめ

3位:兄貴(のんのんびより)

まったくもってしゃべらないキャラ。

女の子の多い日常ものに咲く一輪の男子。普通なら叩かれやすいキャラクターなんですが謎のハイスペックとシュールな姿が結構好きです。

主要登場人物の姉妹のお兄ちゃんというおいしいポジション。アニメがアニメなら夏美とフラグ立ってた。いや、立ってるのかな。


2位:苗木 誠(ダンガンロンパ)

主人公ですが身長がなんと女性キャラより低いか同等かというレベルでちっこい。

まあそこが癖のあるダンガンロンパの登場人物たちから見ればかわいいのかもしれませんが。

超高校級の幸運という肩書はあるものの、フラグ一級建築士で不良だろうがなんだろうが仲良くなれるコミュ力の持ち主。

2の原作もやりましたがやっぱり1の主人公の方が好きですね。


1位:恭介、真人、健吾(リトルバスターズ!リフレイン)

おいおい、男キャラ3人じゃねえかと言われそうだけどTOP3はこれで確定してしまうのでひとまとめに。

アニメは本当に期待通り魅せてくれました。5年前くらいから楽しみにしていたアニメでのシーンの数々、うれしい限り。



【女キャラ編】


10位:忍野 忍(物語シリーズ)

ロリ吸血鬼。

今年はずいぶん持ち前の可愛さを発揮したんじゃないですかね。

彼女もいるというのにアララギさんうらやまけしからん


9位:一条 蛍(のんのんびより)

こんなナイスバディな小学5年生がいてたまるか!

最初見たとき教育実習生の先生かと思いました。

レズっぽいというかレズを拗らせてるけど基本可愛い。


8位:北白河 たまこ(たまこまーけっと)

たまこまの主人公。
髪下ろしたらちょっとえるたそっぽい。


7位:西木野 真姫(ラブライブ!)

くっそ可愛い。ツンデレなところもグッド。
しかもナイスバディ、エロい。

ラブライブのポジション的にも結構大事な役割を任せられてます。


6位:雪ノ下 雪乃(やはり俺の青春ラブコメは間違っている)

黒髪ロングの正統派。
貧乳で、あまり主人公にデレないけどこういうキャラがデレたら破壊力が高いんですよ。

個人的にはすらっとした脚が好き。


5位:常森 朱音(サイコパス)

おかっぱな髪型。主人公の一人。

後半になるにつれどんどん頼もしくなるキャラです。

2期は後輩育成の立場となってより一層チームの中心となりそう。


4位:三谷 かなえ(たまゆら~もあぐれっしぶ)

三谷先輩可愛い。とにかく可愛い。

茅野さんボイスってのもツボ。

先輩キャラなのに後輩にひっぱられてる先輩可愛い。


3位:高坂 桐乃(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)

2期はまさにメインヒロインとして終始活躍。1期で見せたイライラはどこへやら、2期はツンの裏にあるデレがわかりやすいのでニヤニヤしてみることが出来ました。


2位:霧切 響子(ダンガンロンパ)

結構公式でもひいきされている気がする霧切さん。

可愛いからね、仕方ないね。

あまり語ろうとするとネタバレに直結しそうなので残念。


1位:食峰 操祈(とある科学の超電磁砲)

出番は少なかったけど!本当に少なかったけどまじ天使。

昔から上条さんとの能力の相性でハーレム要因の一員になる可能性を期待されていたのですが、それ上条さんの記憶喪失前にフラグ立ってたこが判明してうれしい限り。

そのへんの話もみたいとこですね。




【アニメベスト11】

11位:異国迷路のクロワーゼ

癒し系アニメとして素晴らしいとしか言いようがありません。
また疲れたときにゆっくり見たい、そんな作品。


10位:空中ブランコ

今年紹介したアニメのひとつ。
新鮮な気持ちで鑑賞できました。


9位:プラネテス

名作アニメでよく挙げられてますがなるほど、流石といった感じ。

登場人物それぞれが熱い想いを持ってますしいいアニメでした。


8位:ラブライブ!

キャラクターの可愛さ、ストーリーの王道さでランクイン。

2期も楽しみ。


7位:ログ・ホライズン

手堅い作りで安定。

SAOよりネットゲームしてるって感じが伝わります。

漫画版2巻はよ


6位:進撃の巨人

いわずと知れたヒット作。

結構メディアでもプッシュされてましたね。
私も好きなんですが2期やるのはいつ、そして結末はどうなるのか気になります。


5位:ゆゆ式

これは本当にノーマークでした。
最初の1話はなんだこのアニメ・・・・だったのにどんどんツボにはまり、終わったらいやじゃあああとまでなった作品。


4位:翠星のガルガンティア

綺麗に1クールで締めたアニメ。

世界観が素晴らしいです、来年の紹介とかでももっと触れていきたいところ。


3位:サイコパス

DTBレベルではまった作品。
中2心をくすぐります。

2期も楽しみ


2位:ダンガンロンパ

結構批判もありましたが、1話を見てゲーム購入を決意させてくれました。

今年のゲームはダンガンロンパとポケモンの年といっても過言ではありません。


1位:リトルバスターズリフレイン

(出来レースで)すまんな。

2年連続。これは思い入れが違うのでTOP不動。円盤もエクスタシーエピソードが入ってるので購入したい。



その他部門


○最優秀1話:ダンガンロンパ


このつかみでゲーム買わなきゃ!と思わせてくれました。ゲームやってからアニメを見ると結構はしょられてるのがわかりますが動いてるの見るだけでうれしい。


○最優秀最終話:神のみぞ知るセカイ~女神編~

女神編は連載当時かなり批判されてたんですがアニメは要所要所を押さえていてテンポよく見ることができました。

最終話の最後の最後、漫画も良かったですがアニメは演出が光った。不覚にも泣きました。


○MVP話:リトルバスターズリフレイン11話

これ、リトルバスターズの全てが詰まってると思います。リフレインは8話あたりから号泣しっぱなしでした。


○カムバック賞(2期ものとかに与えられるもの):俺の妹がこんなに可愛いわけがない

原作もちょうど同じ時期くらいに終わりましたしね。
桐乃本当に可愛い描写が増えました。


○最優秀台詞:くたばれ、ブリキ野郎(ガルガンティア)

この台詞は本当に痺れました。詳細はネタバレになるので是非ともその目で確かめてほしい。


○三振王:ステラ高等女学院C3部

夏色キセキに続く期待値が高く落差が大きい作品に輝いたのはステラ。

OPも良く、出だし2話くらいまでは良かったのですがね・・・・。ただ次の話はどうなるんだって意味では見逃せない作品でした。


○劇場版編:ワンピース

劇場版のクオリティは滅茶苦茶高かったです。歴代映画でも最高に面白かった。
音楽とかもかなりいい味出してましたし、2度映画館に行くとは思いませんでしたね。

○特別賞;ポケットモンスターXY

国民的長寿番組になりつつあるポケモンですが、XYは戦闘シーンがけた違い。話そのものもこんなに面白かったっけ?と思うほど。セレナもぐうかわ。



ということで2013年アニメを振り返る完了。また来年。

良いゲーム、漫画、アニメに出会えることを期待して。

















スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今年購入したゲームを振り返る
2013-12-15-Sun  CATEGORY: 日常
やっはろー


今週飲み会2回に加え、往復200キロの運転出張などなどがありポケモンする暇もない。
基本的にポケモン1体作ってからブレイブリーデフォルトに移るのでそのころの時間には寝落ちしているという。

さらに来週も飲み会が2,3回程度あるはず。出費もかさむしうおーん。

なんとか2次会にいかずにすむようにささっと消える技術を伸ばそう。あの1次会終わって店の外に出て全員集まるまで待っているあの間がちょっと苦手な空気、多分俺だけ。

どうでもいいけど今、ニコニコ動画大分残念になってるんですがそれは。特にタグクリックして関連動画探したりするだけに左上になんかちまっと残ってたりしてなんか見にくいし操作性が悪化しとる。なんやねん。


今年はポケモンに限らずゲームをよく購入したのでその関連の記事を。
名前だけ言ってもアレかと思うのでいくつか画像をつけて。

写真の画質とかはお察しです。
あと積みゲー多いです。

私個人としてはじっくりやりたいのですが・・・。

あとメイプルもちょこちょこ再開したりと。




作品名:ドラゴンクエスト7~エデンの戦士たち~
機種:3DS
備考:PSのリメイク版

私が初めてやったドラゴンクエストのリメイク版です。
ランダムエンカウントからシンボルエンカウントに変わっていますがかえってエンカウント率上がってイライラ。

職業の熟練度は上げやすくなりました。音楽も相変わらず良いし、懐かしい感じです。

でもまだリートルードあたりだった。再開せねば。




作品名:真・三國無双7
機種:PS3
備考:シリーズもの

6と比べてストーリーモードは物足りなくなったものの各武将に個性がつきつつ武器の持ち替えもおいしいところどり・・・というのが出来ていると思います。

問題は私の家のテレビが小さすぎてマップが見にくいということ。でも新しいテレビか・・・・。


作品名:パワフル甲子園
機種:DS
備考:パワプロの栄冠ナインを切り取り単体でゲーム化

今でも根強い人気を誇る栄冠ナインのDS版。難易度はPS2本家より優しいものの、最強世代と意気込んだA能力の軍団が点も取れず、理不尽な大量失点をして敗退するという現実の高校野球さながらの出来事が起こるゲーム。

永遠にできるので新入生に各漫画のキャラの名前を入れてジョジョ世代とかワンピース世代とかそんなチーム編成が出来る作品。ちな自分の本名入れた世代は都道府県大会決勝で負けた模様。

DSC00076.jpg


作品名:サモンナイト5
機種:PSP
備考:シリーズもの

サモンナイトシリーズ祝復活。システムをかなり変更しており、不満点も多かったものの、今後のシリーズ復活に弾みをつけてほしいところ。

いっそPS3とかで出して欲しいんだけどね。
キャラクターの可愛さは流石。

OPのカッコよさはシリーズ屈指。3に並ぶレベル

DSC00087.jpg


作品名:新・世界樹の迷宮~ミレニアムの少女~
機種:3DS
備考:シリーズもの

これの発売日にアトラスが・・・・という思いで。

実質的に1のリメイクと別途ストーリーモードがついているという作品。
これあればDSの初代は買わなくていいかも。

これもまだ1階層クリアしたばかりという中途半端なところ。面白いしやりたいのですが時間が。

DSC00073.jpg
DSC00074.jpg


作品名:ダンガンロンパ1・2
機種:PSP
備考:僕はこの学校の学園長なのだ

モノクマというマスコット的キャラの声を旧ドラえもんの人が当てていることで話題となったゲーム。
中身としては逆転裁判みたいに矛盾を見つけて証拠をぶつけるタイプのゲーム。

でもあまり逆転裁判のパクリだ!という感じにはならないです。というか別物です。

アニメの1話を見てこれは買うしかないと決意させてくれたゲームです。

もし3がヴィータで出るのなら間違いなくヴィータも買います。それほど求心力のあるゲーム。
1、2ありますが1からやること推奨。

音楽も屈指。裁判の音楽は本当にテンションが上がります。

DSC00085.jpg


作品名:428~封鎖された渋谷で~
機種:PSP
備考:とあるアニメの元ネタ

ダンガンロンパと同じ会社のゲーム。
群像劇が好きだと本当にツボ。

緊張感や、めまぐるしい展開などストーリーが良い。
音楽もなかなか。
必見は次回予告。

あとこれはお借りしているゲームです。ありがとうございます。

DSC00082.jpg


作品名:勇者30
機種:PSP
備考:鬼畜女神

30秒で世界を救うRPG
ボスのふざけたノリとか結構好き。

1ステージで30秒に達成する事項が結構あってやり込み要素満点。手軽にやれるという点もGOOD
勇者30セカンドも見つけたら買いたい。

これもまだ未クリア。じっくりやり込みたいところではあるのですが。

DSC00081.jpg


作品名:討鬼伝
機種:PSP
備考:狩ゲー

ゴッドイーターやモンスターハンターという大手狩りゲーの中で、無双で有名なコーエーが出したゲーム。
友人に勧められるまま購入。女の子が可愛い。流石無双。

アクションもモンハンより動きやすくスタイリッシュ。
これも途中。時間がたりないんじゃー

DSC00079.jpg


作品名:逆転裁判5
機種:3DS
備考:シリーズもの

これもしばらく新作が出なかったシリーズ。
シリーズ全体で言えば無難、という言葉が似合う5ですが、4で批判のあった主人公もかなり株を上げ、おまけシナリオも面白く。癖のあるキャラも相変わらずでした。6もぜひとも。

ちなみに逆転検事もやりたいんですが。

DSC00072.jpg


作品名:ポケットモンスターX・Y
機種:3DS
備考:シリーズもの

ポケモンシリーズ初めての3DS。個人的には最高傑作レベル。
育成の敷居がかなり下がり、厳選作業だけでも楽しい。

と思ったけど厳選は結構昔から好きだった。

ネット対戦も面白いですし。前の世代より多種多様なポケモンの扱いが出来てるような気がします。

プレイ時間は225時間。これのせいでほかのゲームが進んでないというのは多分にあります。

DSC00065.jpg


作品名:ユグドラ・ユニオン
機種:PSP
備考:GBAのリメイク

ちょっと癖のあるシステムのSRPG

個人的にかなりヒット。音楽良し、戦闘も面白い。難易度はそこそこありそうだけどPSP版はそれでもぬるいとか。

ストーリーも面白いのでもっとやりたいです。優先順位は高め。

DSC00080.jpg


作品名:ブレイブリーデフォルト
機種:3DS
備考:廉価版、完全版、自作体験版のすべての要素が入っている作品。

もともとは去年に発売したゲームですが、上記の要素を加えてこの前発売したゲーム。

ジョブチェンジシステムだったりアビリティだったり往年のFFファンとしてはうれしい感じ。
ボスが何気にHPあってタフ。

DSC00063.jpg
DSC00066.jpg


作品名:ファイナルファンタジータクティクス
機種:PS3,PSP
備考:ゲームアーカイブスで購入

個人的ゲームランキングでは間違いなく不動のNO1ゲーム。

まあ予算がたまたまあったので購入しました。

凡庸キャラを雇って好きな名前付けてプレイできるのでそのあたりも好きな理由。

DSC00077.jpg


作品名:武蔵伝
機種:PS3、PSP
備考:ゲームアーカイブスで購入

これも全盛期スクエアのゲーム。やっぱ面白いけど自分、アクション下手になってしまい無駄にダメージ受ける模様。

個人的にはもっと布教したいゲームのひとつ。

DSC00078.jpg



以下、買ったけどほとんどプレイしていないゲーム。

○DS作品

ポケットモンスター不思議のダンジョン闇の探検隊
サモンナイトX
ノーラと刻の工房
ラジアントヒストリア

○PSP作品

Ever17
ぐるみん

○PS3作品

ディスガイア3


○3DS作品

マリオテニス
ファイアーエムブレム
パルテナ

DSC00089.jpg
DSC00070.jpg
DSC00069.jpg
DSC00068.jpg



3DSはキャンペーンで無料ゲット作品。

パルテナとテニスはちょこっとやってますけどね。

ただでさえ上記のゲームで途中のものが多い中、中古で安いから購入してしまってます。
いかんいかん。

まあいつなくなるとも限らんしね・・・。

ぐるみんはゲーム音楽ランキング動画で一目ぼれ。なかなか見なかったので見つけたら即断即決で購入。
でもまだ手を付けられていない状況。歯がゆい。

Ever17も428とともにお借りしたゲームなのでなんとかやりたい。それに記憶を消してもう一回やりたいゲーム筆頭に挙がるゲームと聞いているので是非その感動、衝撃を味わいたい・・・・・。

DSの作品たちも昔から気になっていたもので時間を見つけてやりたいところです。
不思議のダンジョンは感動する作品だろうで気になってたのですが380円という単行本1冊より安い値段だったのでついでに購入。

ディスガイアもなんか先週購入してしまった。どっちにせよいつかやりたいと思ってたし4もやりたい。
でも手を付けてないんだなあ。これはもう病気だね。


あと今年買ったゲームでなく昔やっていたやつなんですがクラフトソードシリーズも8,9月くらいに再度はまってしまいました。


そんな中、アニメとかも見てるので時間が足りない足りない。

なんとかなりませんかねえ。
もうちょっとだけ休みがあれば・・・。


コメント返信

ゆゆこさま
>犬僕もきっと2期やりますよね。一度見た作品でしばらく間をおいてみるとまた違った印象を持つからアニメは素晴らしい。メイプルも最近は入れてないですが、まあちょくちょく入りますよ

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2013年のアニメを振り返る「OP編」「ED編」
2013-12-08-Sun  CATEGORY: 語り
やっはろー

もう12月ということで年末のコーナーです。
今年は年末年始の休みが長くていいですね。

多分、28日には実家に戻るかな。
シフトを組んで年明けにはすぐ戻らないといけないけど一人で優雅に過ごす正月ってのも悪くないでしょう。

ブレイブリーデフォルト購入しました。

ポケモンも続けてるのでまだ2時間程度しかやってませんが。
光の4戦士っぽいどこかなつかしい空気感。

ゲーム開始直後に妖精っぽいのに投げ出さないでねって言われて内心グサリ。今回は無印版の欠点を解消したものと伺っているので頑張ります。たしかに戦闘の早送りとか目的地をDSの下画面で示してくれたりと初心者でも投げ出さないような新設設計。難易度も自分でいつでも変更できます。

あとジョブチェンジできるのがFF5っぽい。私はジョブチェンジシステム好きですよ。
FFシリーズが近未来方式となった今では、このブレイブリーデフォルトシリーズが中世RPG路線を継承していくのでしょうね。

ターンを前借するというシステムは面白い試み。最初使い方わかってなかったけど覚えてからは雑魚もターン前借でバシバシいけるから快適。

音楽もどこかFFTっぽさを感じます。ストーリーもクリスタルが絡んだりとやっぱ懐かしい感じ。
用語辞典の項目も結構力が入ってて飛空艇の項目とか設定が練られていて読みごたえがあります。


ブレイブリーも買ったのでニンテンドーのキャンペーンでラスト1本、マリオテニスもらいました。
ゼルダの伝説と悩んだけど気まぐれで出来そうでかつほかの人ともできそうだしね。

では振り返るOP、ED編

順位は11位まで。
2013年1月から見たアニメが対象。
なお、2013年以前のアニメも今年初めて鑑賞したアニメはランクイン対象とする。
主題歌、映像諸々を加味した順位とする。
アニメ本編の内容は影響しないこととする。

また、今年は私的にはゲームをやっていた年なので去年ほどアニメの種類は多くないと思います。

○参考:昨年のベスト11

OP

1位  リトルバスターズ!
2位  氷菓
3位  ギルティクラウン
4位  アクエリオン
5位  ジョジョの奇妙な冒険
6位  UN-GO
7位  マクロスF
8位  宇宙兄弟
9位  アクセルワールド
10位 セイクリッドセブン
11位 シュタインズゲート

ED

1位  新世界より
2位  GOSICK
3位  マクロスF
4位  ギルティクラウン
5位  シュタインズゲート
6位  C
7位  キルミーベイベー
8位  TARITARI
9位  魔法少女まどか☆マギカ
10位 リトルバスターズ!
11位 ジョジョの奇妙な冒険

個人的にはOPが好きな傾向があるためEDよりはOPが激戦区になりがち。
本来ベスト10のところを11と枠を増やしたのはそのため。


では今年のOP部門から


【11位】デビルサバイバー2

ペルソナ4と同じ監督で同じくゲーム原作。
アトラス系統の作品ということで似た期待を持ちつつ見た作品ですが内容はまあさておき。

スタイリッシュでゲームの演出を交えながらのOPでちょっと音程が高いけど歌いやすい曲調。
始まりのイントロで引き込まれます。
映像と歌のシンクロ具合が良いですね。

ところでデビルサバイバーもやりたいゲームで5年前からずっと気になってるんだけど中古が2450円から下がらないというね。


【10位】サーバント×サービス

ワーキングと同じ作者の作品のアニメ化
なんか、困っちゃったんなら~うぇ~るかむ!で心奪われます。

歌っているのは登場人物である女性声優さんたち。
中原さんの仕事が増えてうれしいです

ぱっぱぱぱぱ~とかとにかく明るく楽しい気分にさせてくれる心躍るOPです。

ちなみにFULLの後半のみーずーくさいー、しちゃおう♪しちゃおう♪らへんもかなり好きです。


【9位】黒子のバスケ(2期)

とにかくカッコいい!これに尽きる。
スポーツの青春、爽やかさもありながら大事なバスケシーンでは滅茶苦茶動く。

本編もすごいけど青峰の動きとかすごすぎうち

黒子とフープメンっていうバスケ漫画が当時ジャンプで連載してたけどその時はまだどっちが打ち切りになるのかと思ってただけにここまで柱になる作品になるとは思ってなかったです。


【8位】ゆゆ式

不意打ちで個人的ヒット。
日常系ながらも楽しそうに動くしアングルだったり一つ一つの仕草が良く書いていると思います。

聞くだけで青空が思い浮かばれるような夏にぴったりなアニメ。やってたのは春だけどね。

声優が歌っているのですがこれ結構きつそう。

まとめ:楽しい


【7位】とある科学の超電磁砲(2期)

超作画でパワーアップしたOP
前期OPはリフレクビートでも遊べてうれしい。

OPの中ではOVAのやつに次いで好きです。
あと本編では戦うことのない麦野と上条さんがなんやかんやしてるシーンとか見どころも多め。


【6位】サイコパス(2クール目)

2クール目は映像は主に2種類ですがMADっぽいやつも好きだし1話ごとに細かく変わるOPの方もどっちも大好き。
歌は絶園のテンペストの人。

始まりのシーンとか監視官と執行官が並んで歩く場面とかとにかくカッコいい。
物語の核心に迫るような構図とかストーリー性も伝わってくるのが良し。


【5位】ステラ女学院C3部

本編は過去に紹介したように、あっ(察し)なんですがOPは素晴らしい。
髪を切ったバージョンと通常バージョンと分けて作成してるしOP曲がまたツボ。

ガイナックスらしい手書き部分もまた魅力のひとつ。


【4位】進撃の巨人

カラオケだと歌詞がないよね。でもFULLは歌えないんだなー。
何度か聞くと2クール目のOPの方が好み。

映像のほうは流石動くというかスピード感が凄い。
高いハードルをきっちり超えたとすら思えるレベルです。

OPはどちらもカッコよくテンションが上がります。
巨人を倒してやるぞという人類の叫びも込められている感じです。


【3位】ダンガンロンパ

ゲームのOPも良いけどこちらのOPも絶品。

モノクマのいやらしいダンスとかに笑う。歌の合間に入るダンガンロンパ!の低い声が好き。

曲調としてはペルソナっぽいですね。


【2位】ガリレイドンナ

最初のちゃっちゃっちゃちゃ!の手拍子でやられた。
曲が良すぎますね。映像も滅茶苦茶綺麗です、今年のアニメでもトップの部類じゃないすかね。

こっれいじょぉぉぉの掴みも耳に気持ちよく響きます。
最近のアニメではあまり聞かない曲調な感じだったのもツボに入った要因かも。


【1位】リトルバスターズ!リフレイン

2012年OPに続いて連覇達成。
これは正直原作信者には反則。

無印メンバーの5人が集まるシーンとかナルコレプシーの理樹の幼少期の映像(リトバスメンバーがそれぞれ看病したり背負って運んだりする)そのあたりを30秒で描いたJCは素晴らしいです。

あれだけで号泣するわ。

曲も最初どうするかと思ったら恭介のテーマ曲のアレンジという作品にマッチした形に。
歌詞も是非1期OPと比較してほしいところ。

このOPはもう2013年という枠にとらわれないレベルですね。



ED編


【11位】私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い

やる気のない声でそうだーこれからだぜぇが可愛い。

ただ声優さん時々言えない、見えない、知らなーいとかのあたりでイケメンボイスになるからビビる。
きーこーえーないふーーーりー、など中毒性もあったりします。

映像ではスマホをタッチして場面を変えるようなそんな工夫をしたような映像。


【10位】リトルバスターズ!リフレイン

OP1位に続いてEDもランクイン。
ソングフォーフレンズはいわずもがな、オリジナルの通常EDも健吾が制服着てたり色々と面白いです。

通常だと明るい感じで良いですね。ただ、ソングフォーフレンズ込みでこんな感じ。

常時ソングフォーフレンズなら2,3位クラスだったかも

【9位】プリンセスチュチュ

この作品は今年のアニメではなく結構昔のアニメ。独特な空気で面白いですよ。
とてもきれいな歌声で心が浄化されるようです。


【8位】サムライフラメンコ

ノイタミナ枠。今現在アニメがとんでも明後日方向に進んでていてすごく不安なんですが。

ただ現実路線をやっていたころはEDの相乗効果でかなり面白く見ていました。
作品に登場するアイドルグループ3名が歌う曲でふんわりした曲で中毒性があります。

甘い声が好きならきいてみるべし
動きはEDだけあってあまり動きません。


【7位】翠星のガルガンティア

この作品は1話1話の終わり方が良かったため、いい感じの気持ちでED映像に浸れます。

世界観も結構好きなのでこれがまたいいんですよ。


【6位】きんいろモザイク

ジャズ風味の曲を声優の声で歌い上げます。
メイン5人が踊り、原作のカットも結構詰められています。

OPも好きだけど激戦区故にランクインまではいかず。


【5位】ひだまりスケッチ

実はひだまりスケッチを見始めたのは今年1月以降。

芽生えドライブとかすごく良い曲ですよね。
透き通るような。


【4位】僕は友達が少ない(2期)

これも声優が歌っている系ですね。
でもポップでキャッチ―なので耳に残ります。

きーみのってをにーぎったときーのサビが好き。

映像もちょっぴり切ない感じです。


【3位】たまこまーけっと

まっわっるまわるレコードから始まるちょっと眠い朝へいざなう曲調。

また、たまこが髪の毛おろしてて色っぽい。

何度も繰り返し聞きたくなるようなそんな力の抜けるような癒し曲。


【2位】空中ブランコ

曲時代は昔の曲を活用していますがこれが時代設定となんとなく合っている。
また、次回の患者のヒントというかそれに象徴するようなものを映像で紹介。

これも1話完結で終わりがすごく爽やかなのでテンションを上げながら次の患者は誰かなという気持ちとこの話面白かったなという余韻に浸らせてくれます。


【1位】ガッチャマンクラウズ

次回への引きが良く、シリアス調です。

とにかく入り方が良かった。

本編映画のこけっぷりは結構有名な反面アニメでやってるのは知られていないちょっと不遇な感じがします。
同じ金かけるならこっちに力入れようぜ、総編集なんていれずにさ!



とりあえずOPとEDはこんな感じで。入ってない作品も良いOPEDは多いのですがまあ枠の都合ということで。

OPとEDはアニメを面白くするピースの1つですし重要項目だと思います。
これを参考に何か見るという選択肢にでも。





ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「幻影ヲ駆ケル太陽」「はたらく魔王さま!」
2013-12-01-Sun  CATEGORY: 語り

やはりポケモン。やってないときも対戦動画見てることが多いです。

来週はブレイブリーデフォルトを購入予定なのですがはたしてそっちは出来るのか。

同じ寮の後輩でポケモンをやっている人がいるけど対戦用を育成してるわけでもないので交換で終わってしまう感じ。まあそれでもいいけどね。

今は一日1匹育成してるから一週間でPTが出来る計算。
最も、育成したい奴を適当にやってるので低耐久高速アタッカーばかり育成して、気合の襷必須なポケモンが多くPT的にはバランスが悪い感じ。

対戦用ポケモンは30匹くらいになったけどまだまだコイツを育てたいという欲求は尽きず。
いやあ、面白い。

あとリトバス真人の話見ました。期待されていた話だけあってアニメもうまく演出してましたね。
号泣っすよ。次の話も健吾、恭介と1話ずつ使うっぽいので感動が止まらねえ。

リトバスはこれを見てこそっすね。

クラナドもアフターでボロボロしてたけど、リトバスはリフレインで感動の最大瞬間風速が他の作品の追随を許さぬ圧倒っぷりです。


では、振り返る。
来週からは今年買ったゲームを振り返る、今年のアニメキャラ男編、女偏、今年のアニメベスト11、OP・ED、おまけ、などをやる予定っす。漫画編もよさそうだったけど買ってる量が多いのでやめときます。ピックアップして紹介でもいいかとは思うけど。


作品名:幻影ヲ駆ケル太陽(個人的アニメ147位)
話数:13話
放送時期:2013年夏
視聴時期:同時期

タイトル打ち込むの何気にめんどい名前です。

ライトタッチな魔法少女ものですがどこか鬱要素というかシリアスな空気感を出している作品。

タイミングがタイミングなのでどうしても先輩のまどか☆マギカの作風をイメージしてしまいがち。
キャラクターデザインはやや頭が大きく体が小さめと見る人によっては違和感を感じるかもしれません。

序盤から終盤まで鬱空気。着地点をどうするのか気になる部分と随所随所で突っ込みどころも残しています。

背景の演出が結構上手かなと思いました。魔法少女ものということで登場人物は女性中心。
最近は女性の多い作品でレズっ気のあるキャラクターが多いんですがやっぱりいたよ!それっぽいの!

魔法少女の主要人物のエピソードと進むにつれて少しずつチームで理解しあう部分をやりつつの途中から明かされる衝撃の真実ゥゥゥ!から最後のまとめまでつっぱしる感じです。

衝撃の真実ゥゥゥあたりは次がどうなるのか結構気になってみてました。そこがオリジナルアニメの良いところですね。

まあ後半のまとめは結構雑というか強引にまとめた感じがします。バッドエンドではなかったけどあまり斬新さはなかったかもしれません。

戦闘シーンはまずまずですがなんというかとりあえずノルマで戦闘やりましたという部分が見えるので盛り上がりに欠ける部分も。

OPはソードアートオンラインの1クール目OPの人。

まあ今からわざわざ見るか、といわれたらアレかもしれません。



作品名:はたらく魔王さま!(個人的アニメ87位)
話数:13話
放送時期:2013年春
視聴時期:同時期

中世の世界観バリバリの魔王と勇者が現代の日本へ。
原作はライトノベルで私も1巻持ってます。まだ読んでないんですが。

こういう設定ってどこかで聞いたことのある既視感がありますがこの作品、最初の掴みが良かったと思います。
主人公は魔王でヒロインが勇者。

魔王さまはファーストフード店でバイトを任され勇者はテレアポのお仕事。

勇者のOL衣装・・・・すごく・・・いいです。何かに目覚めそう。

見どころは中世世界と現代とのギャップ。そういう面では1話の流れがもうちょっと続いても良かったかもしれません。

あとは魔王様の器の大きさ、魔王が勇者に迷惑をかけるのは当たり前だろのとか台詞回しが上手いなと思いました。

バトルもあるんですがどちらかというと日常系。今後本格シリアスな話でもするのでしょうか。
ギャグのテンポも良し。

キャラクターも表情豊かなのも良し。
また、勇者がストーカーのごとく魔王の家の前で待機してるシーンがあるんですが真夏の日だったため、ブラウスがすけてエロいと思いました(小並感)

女性だけでなく、男性キャラも魔王様以外もキャラ立ちしてます。というかニート働け。

2期もこれはやると思いますが今の感じをキープしていただけると安心してみていられる感じ。

割と多くの人が楽しめるアニメじゃないっすかね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。