ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「ゴールデンタイム」「ピンポン」
2014-07-20-Sun  CATEGORY: 語り
おっす。

3連休ということで日曜日も憂鬱を感じず。
来週は久しぶりに実家に戻る予定なので更新はなしで

人生はいまんとこ今期で一番ヒットしてます。理由はよくわからないんですが4,5回くらい見返してます。
あまり日常系アニメでこんな見返すことってないんですが謎の中毒性があります。

そして結局原作も買いました。ハーレム系と見せかけて1人くらいしかフラグが立ってないという。
掛け合いのテンポもよく結構クスっときます。あと作者のあとがきで草はえる。

GAGAGA文庫の屋台骨ではないにしろ細長く続いてほしいです。

じゃあ2作品


作品名:ゴールデンタイム(個人的アニメ172位)
話数:24話
放送時期:2013年秋
視聴時期:同時期

あのとらドラ!の作者の次回作。

今度の舞台は大学ということでサークル生活とかも話のメインとなっています。
高校が舞台のアニメは星の数ほどありますが大学となると大分減りますし、珍しい。

やっぱ制服じゃないからね、制服着てればヒロインの魅力6割増し位になるしね(偏見)

物語は記憶喪失の主人公が大学であれやこれと青春を謳歌する話。
途中、昔の自分を知っている幼馴染みとかの人間関係に悩みつつもというのが話の流れ。

この作者特有の主人公の相棒キャラもばっちり恋愛して物語を回すスタイルは健在で、色々主人公の親友ポジとして頑張っています。

ちなみにとらドラと同様原作とアニメは一緒のタイミングで終わらせてるようです。この形式は絶園のテンペストとかでもやってますが良い手法だと思います。昨今の事情でなかなかできないことではあるのでしょうが。

登場人物の大体が恋愛で悩む感じなんですが、一つ特徴として記憶喪失前の主人公の幻影がでてくるということ。
書いててちょっと意味が分からないんですがもう一人の自分として悪霊のごとく現在の主人公に付きまといます。

そんなファンタジー部分もありつつ、あと登場人物が結構テンション高すぎて「お、おう・・・」という感じになる場面が多かった気がします。

ちょっと登場人物に感情移入しにくかったのとギャグなのか?と疑いたくなるようストーリー運びも見受けられたのでそのあたりでマイナスポイント。あと恋愛面で少しドロドロしてて登場人物が急に性格悪くなったりしてめんどくささもありました。

二次元君が作品の中で一番の癒しでした。ギャグとか笑いどころは中々好きでした。


作品名:ピンポン(個人的アニメ6位)
話数:11話
放送時期:2014年4月
視聴時期:同時期

久しぶりに投稿するであろう個人的アニメTOP10クラス

高校の卓球の話ですが先に実写映画になった作品でもあります。
たしか私が現役の卓球部だったころに映画も見てた記憶がありますし10年近く前じゃないですかね。

既に終わった漫画とかからも名作であればドンドンアニメ化してほしいところです。

才能の塊だけどそれに驕って努力をしない楽天家のペコと、冷静沈着で笑顔の見せない機械みたいなペコの親友スマイル。2人の主人公の話。

アニメの絵柄は結構独特でノイタミナっぽく感じますが原作もこんな感じで癖のある絵柄です。

部活ものとしては珍しく努力すれば勝てるではなく、才能がモノをいう世界を体現しております。

主人公二人以外に、2人の幼馴染みで努力家のアクマ、ライバル校でインターハイ王者のドラゴン、卓球の強豪国中国から都落ちしたチャイナの5名で話は動きます。

それぞれ5人のストーリーはどれも魅力的で心揺さぶるものがあります。

ペコとスマイルは2人とも才能あふれる実力の持ち主ですがペコの方は序盤努力を怠り、中学時代ではほぼ負けなかった相手に負け、その相手もスマイルにストレートで負けるなど間接的にも挫折を味わい、またスマイルもペコの覚醒を待ちながら一人孤独に機械のように卓球を討ち続けます。

そこから一念発起して練習に打ち込み、その挫折をバネに眠っていた才能を開花させて勝ち進む姿はカタルシス十分。

個人的にペコVSチャイナ2戦目は名勝負中の名勝負。ひとつひとつの台詞が名言と言っても過言ではなく演出面もトップクラスといっていいと思います。

最終話の卓球の試合シーンも実写でも漫画でもできない、まさにアニメだからこそ出来るアングルと動き。あれはすごい。
ペコ「俺がヒーローだからっしょ」の台詞言って試合に向かうシーンとか最高に主人公してました。

さりげなくBGMも熱く、物語に添えてくれます。
まさにこの作品はストーリーで惹きつけるインパクト十分。癖がある作画で敬遠している方はもったいないです。
一つ一つのシーンも熱く、感動するシーンも多かったです。

あと卓球シーンなんですが音が懐かしい感じでした。あのキュッキュっていう床と靴の擦れる音とか。
久しぶりに卓球やってみたいと思わせてくれました。

これは数年に1本レベルでヒットしました。名作です。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「境界の彼方」「ロウきゅーぶ!」
2014-07-13-Sun  CATEGORY: 語り
ペルソナ4は完二救出まで。
てか何気にボスが手ごわい。

日常パートも部活動とか色々と選択肢が多くて悩みどころ。

あとシュタインズゲートの劇場版も最近レンタルして鑑賞しました。クリスが好きだったから結構楽しめました。

そして夏アニメもスタートしましたが、その中でサイコパスが編集版として再度放送されているところ。
やっぱもう一回見ても面白い。

今期の新アニメの中ではペルソナ4Gも面白かったけど一押しは「人生」
テンプレハーレムラノベアニメとか中身がないとか色々と批評されておりますが、批判ポイントも全部理解できるのですが、滅茶苦茶ツボに入りました。

もはや次の話が見たくてしょうがないレベル。ラノベの方は読む時間等考慮してちょっと考えますが。
何よりキャラデザがストライク。OPも突き抜けた電波で好き。

では振り返り

作品名:境界の彼方(個人的アニメ187位)
話数:12話
放送時期:2013年秋
視聴時期:同時期

京都アニメーションが本気で厨2バトルアニメを作った作品。

主人公は半分人間で半分怪物とかいうおいしい設定。
戦闘とかも派手な感じ。何よりキャラクターは可愛い。

ただちょっと、けいおんに出てきそうなキャラとかが多かったかな。見た目。

なお、ストーリーはあまりよくなかった模様。中途半端な終わりではないのですがどことなく既視感のあるストーリー展開であったり、キャラクターもあまり共感できる感じがなかったのがマイナス。全体的に暗い感じも漂いました。
序盤のヒロインの行動原理も残念な感じ。

一度ギャグ回があってそのクオリティが高かったのでもう少しその路線増やしても良かったかもしれません。

全体的に物足りなさというのを感じさせたアニメ。
EDはまあまあ好き。


作品名:ロウきゅーぶ!(個人的アニメ172位)
話数:1期2期、12話
放送時期:2011年7月、2013年7月
視聴時期:同時期

この作品を語る上ではこれは外せない「まったく、小学生は最高だぜ!」

男子高校生が女子小学生にバスケを教えるというストーリーのあらすじからしてロリコンのロリコンによるロリコンのためのアニメといっても過言ではない作品筆頭です。

出てくる女の子も狙ったかのような髪の配色、性格、体格となっており、いや、俺ロリコンじゃないっすよと言っても絶対弁護できません。

と言いながらも意外とスポーツ部分は真面目。あまりバスケに詳しくないからあれですがその辺は超次元バスケではないです。まあ女子小学生にしては超人技ばかりやってる気がしますが。

あとロリの風呂シーン多くね?これはあざとい。水着回も多い。やっぱあざとい

陰に隠れてスポ根要素も多いのだからあまりサービスシーンばかりあってもなあと感じました。
ほら、常にパンチラしてるアニメってあまりありがたみがないじゃん。

EDも小学生は最高だぜ!とか歌詞にあったりOPはFULLだと謎ラップがあったりネタとしては豊富。

でも小学生は最高だぜ!のシーンはアニメ界に刻み込むレベルの名(迷)言だと思うのでそこのシーンだけでも見る価値はあると思います!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「ラブライブ!」+その他
2014-07-06-Sun  CATEGORY: 語り
久しぶりの日曜日休暇。

ゆったり過ごせていい感じです。天気も良いしね。
TVのアンテナの調子が悪いのか映らないのが難点だけど。

先日ボーナスが配当されましてその浮いたお金でこいつを買いました。

DSC0013434.jpg

左が今まで愛用しているPSP、心なしか汚い。

基本は左を使う形ですがPSPの生産終了を受けてあわてて予備として買いました。
青はとりあえずベンチに置いておく感じで。


そしてメインはこっち
DSC00135.jpg

PSVITAちゃんを買いました。ぱちぱち
VITAは新品のピンクにしました。なんとなく。

というか新品がほとんど売り切れでした。人気がありすぎるのかそもそも入庫をさぼってたのかどっちなんでしょうねぇ・・・。

これだけ好き勝手に使えるのも独身故のってやつですね。
メモリも64GBとどっしり構えます。

ソフトはダンガンロンパだったりディスガイア4だったりアトリエシリーズだったり軌跡だったり、嫌、テラリアか?とか色々試行錯誤して結果ペルソナに落ち着きました。

なんと中古でこの値段。買い取りも4100円という破格さを考えても如何にVITAの売上を牽引しているソフトなのかということを物語ってくれています。

VITAの一式をそろえるために3万円程度かかりました。ソフトも高いしメモリも高い。
暫くは節制しないと。

あと漫画も一緒に購入したのですがラストイニングと神のみぞ知るセカイはなんと今回で最終巻。完結です。
なんだかんだ長い付き合いだったなあ。

定期購読してるのはまだたくさんあるし増えているものもあるけれどこれで一区切り2作品。

ハヤテもそろそろ区切りをつけてほしいなあ。

話は戻りまして購入したペルソナ4ゴールデンをやってみましたが画面が綺麗すぎてビビる。
これはPSP戻れないのではないでしょうか。あとVITAはPS1のアーカイブスですらPSPより綺麗に見える。

画面ばかり綺麗で中身が空っぽと最近のゲームは揶揄されがちですが画面が綺麗というのはやはりストロングポイントですよ。

とりあえず雪子救出までやりました。
ノーマルだけどそこそこ手ごたえが。雑魚にかまってたら結構ジリ貧になりがち。
以外にも雑魚戦闘が楽しいです。戦闘システム自体はコマンド式ととっつきやすくシンプル。

あとアニメの時から思ってたけどハイカラだなあ。
ゲームの中でも結構コミュ上げとかやることも多くて忙しいです。はたしてどれだけやれるだろうか。

あと私はりせちーが一番好きです。


では1作品だけ。


作品名:ラブライブ!(個人的アニメ38位)
話数:1期2期ともに13話
放送時期:2013年冬、2014年春
視聴時期:同時期

ジャンルは学園アイドルもの。
よく比較としてアイドルマスターとかも話題に上がりますがジャンル違いな気がします。

制作は以外にもサンライズ。ロボアニメがやっぱりイメージとして出てきますがこういう作品もやるんですね。

学校の廃校を防ぐためアイドルを結成し、ヒットして新入生を増やそうという話。
良くも悪くも定番な流れですがこの手のものは最初からゴールがわかりやすく設定されているので、視聴者には優しいです。

序盤はウォーターボーイズのごとく少しずつユニットメンバー集め。各キャラクターも心のどこかで思いをはせながらも煮え切らないところを紆余曲折で仲間にしていきます。このあたりも定番ですが熱いですね。

メインメンバーは9人いるんですがバランスよく個性があります。結構キャラ人気も偏りはあるにしろバランスいい方だとは思います。

無名ユニットから徐々に評判を上げていくサクセス要素もカタルシス十分。
ライブシーンにCGを多用しているもの特徴で、要所要所では手書きを加えているパターン。
CGとはいえ良く出来ていると思います。

アイマスはその点全部手書きだから相当な労力だったと思います。

友情・努力・勝利をきっちり描き、終盤少し強引な展開もありましたがとても良く出来てました。

2期は1期を見ている人のためみたいな部分もあり、各キャラクターの掘り下げがさらに深まり、ギャグ要素もかなり増えました。

1期と違い、卒業、大会などを主眼に置いて少し別れの部分で切なさを感じさせる部分も。まあちょっと唐突に感動させようって意図の場面も多かったように思えます。

ライブシーンは結構多め、優秀。あと作品のモブは可愛いのは勿論、サポートが優秀。モブあってのラブライブ。

なにより秀逸なのは最終話のEDの入り。あのイントロはとてもウキウキさせてくれました。
主人公が今までのことを思い起こしながら呟いた台詞「やり遂げたよ、最後まで」はかなりぐっときました。

色々と話題になった作品ですが、噂に違わぬ良作でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2014/07 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。