ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
栄冠ナインプレイ感想
2014-10-26-Sun  CATEGORY: 語り
楽しみにしていたパワプロ2014を購入。
目玉であった栄冠ナインを始めました。

木曜日に購入して夢中になってやって睡眠時間も削りながらやりました。
久しぶりに据え置き機でゲームに熱中した感じです。

栄冠ナインとはサクセスの中にあったもので高校野球の監督となって選手を育成して甲子園優勝を目指すというもの。
明確なクリアはなく優勝したらまた次の世代と無限に続いていくゲームで熱中度が半端ないものです。

特に脳内で設定とか物語を作るような私タイプにはドストライク。なんたって新入部員に名前とか顔とか自分で設定できるもんだからアニメやら漫画から名前借りて世代作れるからね。

DSでどっぷりやってあと友達の家でPS2の栄冠は経験しています。

今作は悩んだけど母校の名前でプレイします。

現在6年目まで行ったけど夏甲子園出場1回、選抜出場2回。

選抜は優勝、夏甲子園はベスト4が最高。

勝ってるときはこれ意外とヌルゲーだな。いけるやん。と思うんですが負けだすと一気に暗黒時代ががが。

特に資機材が揃って一番ピークの時に入学した織田信奈の野望のキャラ世代が道大会3回戦コールドで負けたときは放心しそうでした。そのおかげで天才の明智光秀がプロ入りすらできないことに。

パワプロといってもサクセスやらマイライフやらあるんですがまだ栄冠ナインしかやってないのでその感想を。

○良いところ
・最新作の技術だけあって試合の各選手の動きがこまやか
・金属バットの効果音結構好き
・打高投低(悪い部分にも該当)のためバッティングが楽しく、打ち勝つチームが作れる。
・通算打率が見られるところ
・おさげマネが割と可愛くなった気がする。
・あまり重視されなかった守備が今作では重要に。
・新入生にその年代に合った選手やOBが入学。OBの名前も変更できるのでステータス優秀な奴が1年から入る。1980年からスタートしたんですが、次の年に古田が入学。1年とは思えない能力値で第一次黄金時代を作り上げました。

○悪いところ
・守りがかなり難しい。エフェクトが入ってるのか相手が打ち出すと止まらない。これはプロスピでもありましたね。
・DSではあった春大会や夏熱闘大会、トーナメント表の表示がない(PS2の焼き直し感が強く、せっかくの良い部分はDSから引き継いでほしいところ)
・試合、スケジュール進行のテンポの悪さ。慣れましたが試合は後半1塁にランナー出ただけで操作なので結構時間がかかります。点差がついても必ずやらないといけない点は残念すぎます。
・相手校の現実味のなさ。Aランクだとステータスが160キロPとかステータスSの乱舞。実際はそれでも勝てるようになっているんですが見栄え的に萎えるといいますか。
・VITAフリーズ:これは結構致命的でリセットペナルティのある栄冠ナインでこれをやるとかなりがっくりきます。PS3も少ないけどそういう報告例があるので恐ろしいところ。
・ショップが常に使えない:これも結構痛いところで試合に5回勝利する度にしか機会がないってのもどうかしら。
・学校のランクダウンが早い:特に名門から落ちるのは一瞬。

そのほかこまごまと不満点はあるけれど、流石栄冠。やっぱり面白いのです。

ただゲームバランスはちょっとアレと思ったので良ければ修正してほしいかな。
栄冠ナインがあるから買ったという人は間違いなく多いし、これの評判によっては今後のじわ売れにも影響する可能性はあると思います。

かなりの時間栄冠にかけてたのでアニメが溜まっていく一方。本日はタイヤ交換しようと思ったんだけどそれも結局やめてしまいました。来週やるからヘーキヘーキ。

これだけやったので少しは熱が収まりましたが、ポケモンまではじっくり楽しめそうです。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「グラスリップ」
2014-10-19-Sun  CATEGORY: 語り
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「世界征服~謀略のズヴィズダー」「ハナヤマタ」
2014-10-12-Sun  CATEGORY: 語り
パワプロももうすぐ発売する中、禁忌のマグナをやってたのですがクリア前に売ってしまいました。

とりあえずやったところまでの評価として

良いところ
・OPの出来が素晴らしい
・キャラクターのデザインも良く、グラフィック面も良し

悪いところ
・豪華声優陣のふれこみですが、キャラのボイスがPS1のゲームより少ない。
・会話のテンポがとても遅い。既読スキップもない模様
・戦闘バランスが適当
・SRPGのジャンルで、中ボスユニット的なのが滅茶苦茶固い。こっちが1ターンに与える総ダメージが5000だとして、中ボス1体で5万くらいある。さらに、数ターン経過すると中ボスが追加で増援として湧いてくる。
・マップがそこそこ広い割にキャラの移動範囲が狭いのでより一層時間がかかる。
・中ボスの周りは雑魚が7体くらい固まっており、一撃で倒せるような雑魚だが経験値も入らず、ただの舞台装置になってしまい邪魔以外の何物でもなく、その雑魚が減れば中ボスは再度召喚する仕様。
・勝利条件が全ての敵を倒せなので、中ボスを倒してもバラバラに散らばった雑魚を掃除しないといけないため、無駄に消化試合をさせられる。
・ストーリーがあってないような感じ。ルーンファクトリーもそういやそうだった気がするけど。
・キャラの掘り下げがとても少ないあまり、キャラとイチャイチャする機会そのものが希少
・上記の会話のテンポの悪さと戦闘の長引きのせいでプレイ時間が多くなるが、シナリオ自体は10時間以内でクリアできるようなボリューム。水増し感が残念。
・一度ストーリーで流れたムービーやCGを閲覧することも不可能
・通常ストーリーの戦闘以外にフリーバトルもあるが、経験値の量も対して入らず、無駄に時間がかかるたけという残念さ。


その他ネット掲示板で見ると
・長々した戦闘をやっと終えたと思ったら突然フリーズ(原因不明、パッチは出る模様)
・ヒロイン的キャラクターは7体いて、それぞれのEDがあるが基本台詞等シチュエーションが同じでただキャラを挿げ替えただけ。
・色々出来るころには終盤。
・2周目3周目前提のゲームだが、一部強くてニューゲームと引継ぎが微妙
・ストーリー中に出てくる「あなたにはその力と資格がありますか?」という台詞が引用され、(このゲームをする)力と資格がありますか?などに活用される。

最後の力と資格があるという言葉は結構秀逸で使い勝手が良いというおまけつき。
私には1周をクリアするという力と資格が足りなかった・・・・・。

ルーンファクトリースタッフが制作したゲームで結構な期待度をもってやっただけに裏切られた感が強いです。
いや、それでも別に80点、90点のゲームを求めてたわけじゃないんだ・・・・・。それを大きく下回ってしまうとは・・・。

そしてなんとクソゲーオブザイヤー携帯機部門にノミネート。そこまでではない気がしますが、それだけ期待値が高かった現れなのでしょう。また、アマゾンの評価も★2つと結構手厳しい。

キャラが可愛いだけにすごーーーーーくもったいないです。
悪いところを修正していけば舞台設定とかキャラは中々なので面白くなるはずなんだけどなあ。戦闘のアイディアも良いんですがバランスが悪すぎでした。とりあえずパワプロまでは積んでいたゲームをやりつつ待機ですね。

11月にはポケモンと世界樹がでるけどこの2つ結構タイミングかぶってんだよなあ。
BW2と4の時も同時期くらいだったし。


とりあえず振り返ります

作品名:世界征服~謀略のズヴィズダー(個人的アニメ170位)
話数:12話
放送時期:2014年1月
視聴時期:同時期
備考:OPは個人的アニソン24位

オリジナルアニメです。
キャラデザはサモンナイトやキノの旅で有名な黒星紅白さん。

何より素晴らしいのはあの絵を違和感なくアニメに落とし込んだとこ。
すごく感動しました。キノの旅やアリソンでもそんな再現出来てなかったので。

幼女が世界征服をめざし、主人公は下僕として働く、その中で敵対組織とか色々やるって感じのストーリーですが、何より挙げる点としては話の軸がどうしたいのかはっきりしないところ。

設定はまあ良しとしても話がまとまっておらず、どこかふわふわした印象を受けました。
キャラクターの個性はデザインもさることながら、なかなか良く、ヤスの立ち位置とかも好きではありました。

やっぱストーリーがなあ・・・・。最後の最後もなんというか茶番という感じがぬぐえず、どこに向かって走っているのか最後までわからない感じでした。

オリジナルアニメということで、自由な発想で色々やった点は良いのですが、もうすこしまとまりは欲しいところでした。

また、OPEDはどちらも好きです。OPはなかなか曲が優秀なので一度拝聴しても良いのではないでしょうか。
ちな今のipodの再生ランク2,3位くらいはいってるくらい聞いている良曲でございます。


作品名:ハナヤマタ(コイン的アニメ145位)
話数:12話
放送時期:2014年7月
視聴時期:同時期
備考:EDは個人的アニソン166位

最近の夏アニメですね。漫画原作(きらら系列)です。

女の子だけのチームでよさこいを踊るというアニメ。見た目エロいですが中学生です。けしからんね。
よさこいは道民の閲覧者の多いこのブログでは解説不要ですね。

作品のタイトルが各キャラの頭文字をとっているというこういう遊び心は好きです。

平凡な主人公が突如転校してきた異国少女に感化されてよさこいに目覚め、祭りに参加したいとかそんな話。
部活ものらしく少しずつ部員を集め、その仲間にもそれぞれ掘り下げながらという形。

デザインは美少女アニメの中では少しジャンルの違うデザインですがこれはこれで好きな感じです。

OPとEDは夏アニメの中でもトップクラス。これは個人的年間上位も狙えるレベル
特にEDが入り方が優秀で、イントロからテンションが上がります。

時にドロドロしながら話は進むけれど最終的には、優しい世界。そんな雰囲気です。
まあ、最後のほうの定番である異国少女、国に戻るというやり取りはもっと早く相談しとけよwwwwという突込みをせずにはいられないですが、まあここはご愛嬌でしょう。

全体的にまとまりは良いので雰囲気とキャラが好きならぜひとも。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
冒険譚
2014-10-04-Sat  CATEGORY: その他
出張で富山県に行ってきました。2泊3日。

ということで今回は久しぶりの旅路だったのでこの関連で

まず初日。

DSC00169.jpg


久しぶりの新千歳空港。余裕をもって出発したのでせっかくだから少し空港内を散策。
昔は広くて大きなこの空港、道に迷わないかとか色々心配しましたが実際のところ結構サクサク空港内を歩けました。
これも大人になったという実感をわかせてくれます。

DSC00170.jpg

アニメイトもありました。外国の方もいましたね。
写真を撮った後ろにはゲーセンもありましたが残念ながらリフレクとか音げーは少な目。

昼は空港でラーメン道場にいって食事。美味しかったけど値段が空港価格でくっそ高い。


そして飛行機に乗ったのですが久しぶりすぎて離陸でテンションあがりまくり。

富山県(富山市)に到着後、これは食べたかったので買いました。

DSC00172.jpg

七越焼というまあ今川焼なんですが、何故わざわざ食べたかってtrue tearsの今川焼あいちゃんのモデルとなった食べ物だから。

味はまあ見た目通り安定してました。
富山駅は改装中で、かつPAの本社がある県だけど富山市はあんまりそういう気色はなかったです。

その後宿泊地へ移動。ビジネスホテルなんですが、このビジネスホテルも一人で宿泊するなんて初めてでテンションあがる。
この出張、2名で行ったのですが仕事以外は基本各自で行動する感じなので1回飲みに行った以外は自由を謳歌できました。

とりあえずベッドにダイブしました。あのビジネスホテル特有の狭さは実家より落ち着く。
ひとりで夜飯食う時に準備するべくコンビニで飲み物とつまみ買ってるときが最高に楽しい。たぶん2泊3日の中のハイライト。

ゲームも持ってったけどあまりしなかったです。ただ、ラノベは1冊読めました。

富山市で過ごしていたので富山城を見に移動。これも仕事の前の空き時間を利用なので手早く行動する必要がありました。
ちなみにビジネスホテルの朝ごはんはバイキング形式のよくあるタイプですがこれもテンションあがる。
無駄に野菜とったりオレンジジュース飲んだりしました。

しかし、ここも場内は閉館してて入れず。残念だったけども写真をとることにして退散。

DSC00173.jpg
DSC00175.jpg


仕事が終わると後は移動なのでそのまま次の日飛行機で戻り新千歳からJRで戻るだけという感じ。
ちな富山の民放は3つくらいしかなくてさびしかった。あと売店で北海道産牛乳とか見るとなんか買うと損した感じがして嫌でした。

なかなかに充実してました。やっぱビジネスホテル最高だわ。

高岡市とかだともうちょっとみるとこあったかもしれんけどね。時間があれば富山市も満喫できたかもしれません。


話は変わってあと今週禁忌のマグナが発売しました。
ルーンファクトリースタッフが手掛けたが売り文句ですが、実際の所ルミナスアークっぽい空気。

DSC00267.jpg

戦闘は新鮮だけど、敵が固くなるとかくどいとか評判が悪くなっていくので少し不安。
キャラクターは可愛いしアニメーションも出来がいいけど、たしかに大雑把な部分も目に付く。

若干期待がでかすぎたかもしれん。ただ光る部分もあるだけにもったいない印象。
パッチでよくなればだいぶ良くなると思うけどどうかな。

音楽も割と良さげ。ただ、残念な部分も目立つ。
そこまでボリュームもないみたいだしサクサクっとクリアしてパワプロに備えようかな。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2014/10 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。