ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「AIR」「刀語」+ちょっとポケナガプレイ日記
2012-04-08-Sun  CATEGORY: 語り
新年度スタート

今週はいろいろと仕事的にしんどい事態が続いていやーんな気分だった。
と思ってたらもう日曜日ほとんどないじゃん!たすけてー


前々から気になっていたポケモン+ノブナガの野望を購入。

そわそわしてはいたけど急激にほしくなり購入。

金曜の夜からやるぜ!と思いつつやらず土曜からやってたのですが金曜にやらなかったことを後悔。
想像以上に面白いです。

簡単に言えばディスガイアやサモンナイト的なSRPG。もともと好きなジャンルにポケモンが入ってるので嵌らないわけがなかった。

ここのとこ新規でゲームは買ってなく(スポーツゲームはなんとなくやり続けていたといえ)自分でも昔よりゲームの情熱が薄くなってきてしまったかなと思ってたんだけどそんなことなかった。

ほんとは今日も「うたわれるもの」の続きを見ようと思ってたんや・・・・しかしポケナガのスレッドとかを閲覧したり情報収集(ネットサーフィン)とかやる夫スレを追うとか日ハム観戦とかいろいろありすぎて見る暇がねえ。これがもしかしてリア充・・・・・?

アニメは土日が一番見れるというのに忙しすぎるぜ。休みがほしいです。平日はなんだかんだ疲れてて寝落ちしちゃうのよね。

さて、感想ですがポケモンの特性とかSRPGとしてうまーくマッチして相性がいいなと思いました。

残念ながらポケモンは200種類が限度のため出ないポケモンも多く(第一世代とかは少ない)SRPGとして重要な初期配置も決めれない等のネックさはあるんですが楽しいと感じるからこその不満ってとこです。

作った側もとりあえず試験運用って感じなのかもしれません。なかなかの出来なのでポケモン全種類を網羅してモブの武将にも特徴つけた続編が出れば買うレベルです。

対戦では微妙なマスキッパとかが今作では猛威を振るったりするから面白い。


そしてアニメの話題。リトバスの最新情報とかもいろいろ来てますね。制作会社とかのやつは思うとこはありますが決まった以上は良い作品になることを期待するしかないのよね。作ればまず売れるんだから全力をもってつくってくれれば良いっすよ。

リフレインさえしっかりしてくれれば・・・。

4月に入り新アニメも始まりました。柄にもなく7時に起床し宇宙兄弟を見てたんですがこれが面白い。

作品自体は有名な作品なのでどんなものかって程度だったんですがこれはなかなか。原作も10巻以上あるのが苦しいけど買って続きみたいなー。


さて、長い前置きのを終え振り返ってみますよ。



作品名:AIR(個人的アニメ52位)
話数:12話
放送時期:2005年1月
視聴時期:2007年12月
備考:OP鳥の詩は個人的アニソン22位
   EDFarewell songは個人的148位
   挿入歌青空はギリギリランクインしてないんだ。ごめんね。


key作品に触れるのはなんか聖域に足を踏み込んだ気がするんだよね。気持ち的に。

言わずと知れた名作。OP曲なんて有名すぎてアニメ版のOP見たときはFULLを聞きすぎたせいでえ?ここカットされてるの?と驚いたこともありました。

しかしその知名度のなかで見たこの作品は原作をやっていなかったため正直いって話についていけない。
えー?なんでこうなるの?という場面も何度かあり12話という短い話数なので急ぎ足感も強かったです。

しかしながらキャラクターはなんだかんだ特徴はあり、作中で流れる音楽もオーラがある。実際前半で挫けそうになった視聴もこの部分で続いた感はあります。

そして後半に入ると物語の核心に突入。原作で言うところのSUMMER編からわかりやすいかつ面白い!となりました。

そして12話に入り相も変わらず涙を流しながら見て無事視聴を終えました。

なので個人的には後半から面白いとなるわけですが原作をやった方からすれば前半から神だバカ!と言われてしまうかもしれません。

そのあとAIR IN SUMMERを見たんですが本編のSUMMER編の補足的な話でこれがかなり面白かったです。ほかの話もこれくらい丁寧にやれる話数に余裕があれば感想は違ったものになったのかもしれません。


音楽や演出良し、あとEDは南の島に旅行したような気分を味わえて爽やかな気持ちになれるので好きです。過小評価されてるよこの曲。

12話なのでやりたいこと、やれないことは確かにあったんだろうけど、うまくまとめ上げたのは流石名作たる所以なのかなと思いました。



作品名:刀語(個人的アニメ21位)
話数:12話
放送時期:2010年1月
視聴時期:2012年1月
備考:OP冥夜花伝廊は個人的アニソン149位


さてさてこれも化物語に話題を奪われていますが原作は同じ人です。

独特な絵が興味深かったので視聴に至ったのですが1話1時間の12話なので実質2クール。1時間も集中しないといけんのかと思わなくはなかったのですが試しに見た1話でこれは面白い!となりました。

セリフも独自な回し方でやっぱ化と同じ作者なんだなと思わせるところはありますがこちらは12本の刀を集めるという単純明快な話。そして主人公は刀を使わないという設定。

主人公は刀を使わず身体一つで戦うというのもなかなか斬新。普通なら集めた刀を使うのかなっていう感じですし。

刀を使わないのはまあ色々事情があるし物語の核心でもあるので棚に上げますが、この1話1時間も全然気にならないくらいあっという間に過ぎます。

あと4話をみた衝撃と面白さは今でも忘れられません。(つい最近なので忘れたらそれはそれで・・・ね!)

4話に至ってはほかに見たいアニメを差し置いて3,4回くらい見返すほどです。

ラストは賛否分かれる所かと思うのですが私はまあいいんじゃないかなって感じです。
ラストのボスラッシュはかなりワクワクしました。

この作品は絵で嫌悪感を抱く人が多いというのが残念。ほかのアニメではなかなか見れない味があり和風って感じでいいと思うんだけどね。


とにかくこれは是非いろんな人に見てほしい作品。名前は知ってるけど見てないってひとも多いのではないかな。



コメント返信

サロン
>やっぱ情報は素早く入手したいよね。あと4月なのにまだまだゴッサムだな。

そーさん
>おひさ。不安要素もあるけどずっと待っていた故にどうなるか必見。話数をまずどれくらいにするつもりなのか。













スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。