ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「四畳半神話大系」「コードギアス」
2012-06-10-Sun  CATEGORY: 語り
ポケモンももうちょいだねー

ユンボル4巻を買って読んだけどやっぱりこの作者の独自の言い回しのセンスが好き。

地味にやってるけど地味に続いてほしい作品。

人付き合いの関係で土日全然休めなかったけどいつもの。

楽しいことは楽しいけどやっぱ土日のどっちかは引きこもってたい。

作品名:四畳半神話大系(個人的アニメ67位)
話数:11話
放送時期:2010年春
視聴時期:最近
備考:オープニングテーマ「迷子犬と雨のビート」は個人的アニソン171位

「私はあなたを全力でダメにします」

もともとお試し的な意味で昔1話だけみたことがあったんだけどその時は面白くなりそうだけど見るのにエネルギー使いそうだなーって感じでした。今なら学生時代の時以上にアニメに対する情熱もあるので一気に見るぜ!という選択になったのです。

これはちょっと独自な空気を出したタイムリープものです。

いきなり確信ついたこと言ってるけど最初からそういう要素とわかるからいいよね。

大学のサークル選びに失敗してこのサークルだったらきっとバラ色の学生生活を過ごせたに違いない、ああ、あの時の選択をやり直すことが出来たら・・・というのが基本のテーマ。

毎回毎回いろいろなサークルに入ってその話をするわけですがそれぞれの話のピースが後半に入ると怒涛のごとくつながりその爽快感を得るのがやはりタイムリープものの醍醐味。

絵柄がまず独特。そこは元が小説だからなのかな。演出上同じような光景を描くことがあるけどちょっと単調かなって思う部分もあります。特に中盤。

あと主人公の語りが中心なので台詞のボリュームがかなりあります。

それにしても4畳半の空間が過ごしやすそう。

独特な空気の作品なので合わない人は合わないタイプの作品。11話でよく作り込んでいると思いました。


作品名:コードギアス反逆のルルーシュ(個人的アニメ第5位)
話数:1期25話
   2期25話
放送時期:2006年~2008年
視聴時期:2010年夏
備考:オープニングCOLORSは個人的アニソン21位
   エンディングモザイクカケラは個人的アニソン35位
   2期オープニングO2は個人的アニソン126位
   1期最終話付近OP「瞳ノ翼」は個人的アニソン176位


「この記事を見る奴は時間をドブに捨てる覚悟があるやつだけだ」

このコーナーをやってから初めての一桁ランカーの登場。

この作品は非常に思い入れがあります。

これは2期となってるけど実質50話の作品と思ったほうがいいね。

敵国に植民地にされ日本の名前がエリア11という名前にされてしまいます。そんな中主人公はその敵国をつぶす決意を固める。その主人公こそ実はその敵国の王子なのです。

まあ王子といってもたくさんある子息のうちのひとりなので殺された扱いということで現状は正体を隠して生活しているのですが。

主人公は悪役でありヒーロー。デスノートの夜神月もそのタイプですよね。正体を隠しながら戦うというのもいろいろと共通点がありますね。

ロボットものですがなんと主人公ロボット戦闘がへたくそ。マシンの性能でようやくって感じです。

学園ものや政治ドラマが入ってるとはいえロボットといわれ違和感を持つのはそのへんでしょう。

じゃあ主人公何がすげーの?って話ですが頭脳明晰に加え命令を下せば必ず従わせることが出来る「ギアス」の特殊能力を持っています。それを持って軍団をつくって帝国に反逆していきます。

んでたいていのアニメなら主人公っぽい性格をしている親友は敵国側の人間で学校生活の普段は仲良し、でもお互いに正体はわからないけど戦ってるというのでいつお互いに正体が割れるのか・・・このハラハラもこの作品の序盤の良さ。

とにかく最後には衝撃の展開が続き引きの上手さは今まで見たアニメの中でもトップクラス。

最近見てる引きの上手いアクセルワールドよりも上です。

オープニングの疾走感も素晴らしい。1期最終話付近私は結構好きなんですがあまり話題に上がらない。悲しい。

ロボット戦闘も結構面白いです。空中戦も面白いけどやっぱ地上戦オンリー時代が一番おもしろかったな。

登場人物も50話もあると流石に多いですが重要な人はまあ限られるので覚えることはそう難しくないはず。

むしろお前マジ死ねよってキャラもいるにはいます。

キャラの中でも噛ませ使い捨てポジションのキャラがまさかの重要人物になりカッコよくなるキャラもいるから油断できない。2期のオープニングとかにオレンジレンジとかOPの背景がなんかオレンジ色っぽのは絶対狙ってるだろwwwと思ってます。スタッフも絶対好きなキャラ。

そういえばオレンジレンジ今なにしてんだろうね。オレンジレンジばっかり聞いてた時期もあったのよね。懐かしい。


途中(特に後半)このキャラ何だよイラっ★という部分も多々感じられたのですが結末としてはきれいに終わります。

しかし未だネットではこのときこうしていれば結末はどうだったかと激しく議論されているのはそれだけ名作として名を遺したからであると思います。そう考えたらエヴァは結末とか以外の議論でもすげー盛り上がってるからすごいよね。



コメント返信

バルオさん
>ソードアートオンラインは期待値でいけば未来日記クラスでワクワクしてます。



















スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。