ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「化物語」「ボボボーボ・ボーボボ」
2012-09-23-Sun  CATEGORY: 日常
そして今日も休みは過ぎ去る。

漫画もこの月の中旬から終わりにかけてどんどん新刊が出るので増える一方。

買ってるやつも多いから毎月なにかは出るのよね。

働いてから購入した漫画が何冊になるのか。


そんな中購入したバンブーブレードビー9巻。電車の帰りに読むと大分内容を忘れている。

しかし、やっぱ面白いなぁと読み終える。帰宅して並べようとすると8巻がない。

いつの間に8巻出てるんだよーという残念さ。たまに発売サイクルが崩れるよね。

しかもその日、咲日和2巻を買ったと思ったら1巻をもう一度買ってしまうというダブルパンチ。何してんだ。

さらに問題はバンブーブレードビーの8巻が全然見つからないということ。

9巻も積まれたわけじゃなくて横にちょこっとおいてただけだしなあ。

バンブー本家より面白いと思うんだけど。

あとサンデーでやってるアナグルモール3巻も最近買ったんだけどこれも帯なしという扱いの悪さ。

植木の法則のひとなので、相変わらず能力バトルの描写が素晴らしい。主人公なら到底持たないような変な能力を応用して戦うってのが好き。

個人的にはサンデーを支えていけるレベルだと思うんだけど休載という残念さ。

それに加え、ソードアートオンラインと同様にWEB小説からラノベになった魔法科高校の劣等生、ラノベでアニメ化も決定している変態王子と笑わない猫のコミカライズも購入。

劣等生は中2病に加え痛々しい設定かつ過大評価という話を港でよく聞く作品ですが、絵もそこそこだったのでコミカライズを購入。

確かに設定がこまごまあるけどコミック故に見やすい。あと妹スキーなのでヒロイン妹ってのもありです。

主人公がキザすぎるけどまあいいんじゃないですかね。こういうの好きだよ。

変態王子のラノベの表紙はカントクさんなのでコミカライズは大変だろうと思ったけどコミックも可愛い。
こっちは原作も集めてみようかしら。


さてさて振り返り。


作品名:化物語(偽物語含む)(個人的アニメ第83位)
話数:化物語15話、偽物語11話
放送時期:化物語2009年7月、偽物語2012年1月
視聴時期:同時期

話題の人気作。原作も人気で元々売上は確実に見込める作品だったのでしょう。

1話からシャフトらしさ全開。ただ話がペラペラ、いきなり何この展開が続いたため過大評価じゃんなんだよと思いました。
そのため、演出もなんとなくくどい感じに。

しかし2話、3話と徐々に作品のスタイルに慣れたのか、じわじわと面白いなーという感じになっていきました。

何より会話がこの作品で重要な部分なのでその間や演出というのは素晴らしいの一言。

登場人物以外のモブ(通行人)はまるで出てこないので独特な空間を味わえます。演出も慣れると本当に絶妙な感じで遊び心溢れてまさに言葉遊びを用いるこの作品にフィットしているという感じです。

それぞれの話もすっきり終わるので後味も良い。

刀語も今思えばこの作品で言葉遊びに慣れたからすんなり入れたのかも。

偽物語も序盤から最後まで安定してました。月火ちゃん可愛い。1話の着物の乱れ具合のエロスを見たときこの作品に対する並々ならぬ熱意を感じました。

続編も出るなら(出るでしょうけど)是非見たい作品です。





作品名:ボボボーボ・ボーボボ(個人的アニメ105位)
話数:76話
放送時期:2003年
視聴時期:同時期


小学生の時の思い出。

丁度コロコロコミックからジャンプに移行した時期でボーボボは今まで見たことがない斬新な漫画でした。

ただ原作は途中でマンネリになってみなくってしまいました。

アニメは声優がすごく楽しそう。とにかく意味不明なギャグと勢いで笑いとを取る作品なのでテンションが高い。

やっぱりツボに来るとニヤニヤしてしまうのがこの作品の魅力。

また、離れていた原作でしたが、あるときデスノートパロディを書いててめっちゃ面白かった記憶があります。


しかし、アニメだとソフトンのうんこネタとか色々と危ないネタは出来なかったため原作の良さをある程度削ぎ落とされた感じです。

最初はゴールデンだったのに放送時間が変わり打ち切り。という扱いも残念な感じです。

やっぱりこの時期だよね。ゴールデンにアニメがなくなったころって。


ネタはくだらない、突っ込みどころ満載ととにかく無性に笑いたいとき。そんなとき見てみると笑顔になれる作品





スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。