ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「かんなぎ」「人類は衰退しました」
2012-09-30-Sun  CATEGORY: 語り
この記事を書くのは実は2回目

人類は衰退しましたの中身を半分くらい書き終えてちょっと一呼吸ほかのページを見ようとしたら手違いで記事を保存する前にリロードしてしまいすべて消えてしまったという事態に。

これかくの1時間くらいかかるからショックだぜぇ。


まあさておき。


リトバスのー

ニコニコ配信がー

きたーーーーーーーーー!!!!!!!

良かった。これで日常を戦える!PV見た感じだと期待できるけどやっぱストーリーをどう動かすかだよね。

ただ作画はすごく頑張ってると思う!はるちんがゲームよりかわいいぞ!

男たちがかっこいい作品なのでとにかく楽しみ。

これほどの興奮はバッカーノ2期とかが決まらないと無理。あと柔道部物語アニメ化でもテンションあがるかも。

前者はまだ可能性あるけど後者は厳しいね。古い作品だし。

そしてサモンナイト3発売日に飲み会が被るというなんという事態。

発売日とその次の日が一番モチベーション上がるというのに。金曜日の帰りか・・・・。

しょうがないか・・・。

あとサモンナイト5の公式を見たら恒例の相棒ポジションが紹介。

なにこれスピネル超かわいい。なにこれやばい。しかもサプレスってシリーズでも屈指の優秀な属性じゃん。

これは選べって言ってるようなもんだぜぇ

しかも幼いころから一緒に過ごしてるとか俺得設定。やべーな5。


そして、最近友人からラノベの俺がヒロインを助けすぎて世界が黙示録(アポカリプス)!?を借りました。

現在は2巻まで読了。

最近らしい長いタイトルからのハーレムを思わせる作品。中身はハーレム系ですがストーリーも面白い。

一難去らずまた一難というトラブルが続きそのトラブルの渦中にあるヒロインを救うという話。
単体では厳しい難題も他の出来事と絡んで解決に向かうというのはなかなか良くできてると感じました。
(ちょっと力技な部分はあるけれど)

主人公は特別な能力を持たないながら持ちうる駒を総動員して工夫して解決に向かうというのはすばらC

でもやっぱり鈍感なのね。お前難聴かよと言いたくなります。

1巻1巻で綺麗に終わるためスッキリみれるのもいい感じです。


では振り返ります。


作品名:かんなぎ(個人的アニメ75位)
話数:14話
放送時期:2008年秋
視聴時期:最近

紹介する作品の優先順位は特にありませんが基本最近見た興奮冷めやらぬ作品をポンと紹介されやすいといいますか。

決してネタがないから最近見たやつをチョイスしてるわけじゃないんだからねっ

処女騒動で当時は話題になりました作品。私が本格的に触れることになったのはやる夫スレッド。

そこでもナギはビッチとか外道とかの配役が多かったんだけども。

ヤマカンがまだそこまで叩かれてなかったころの作品。+京都アニメーションです。

作画がとにかく2008年のレベルじゃない。

地・味・だ・ね!と言いながら派手なOPで始まるこの作品。とにかくクネクネ動く。

細かいところでも動くのですげーなーと感じっぱなしでした。

ヒロインと主人公の掛け合いも上等でコメディ路線としても面白いです。

そしてなによりざんげちゃん!

サブヒロインというフットワークの軽さを活かしてフリーダムっぷりを見せつけてくれます。ざんげちゃんマジ小悪魔。そしてそこはかとないエロス。

ざんげちゃんのうおぉ、まぶし!は細かいながら好きなシーンです。

ストーリーそのものはあまり進展せず終わってしまうのですがそこは原作が途中ということもあるからしょうがないのかな。

原作も再開してストックができたら是非2期を。



作品名:人類は衰退しました(個人的アニメ69位)
話数:12話
放送時期:2012年7月
視聴時期:同時期
備考:ED「ユメのなかノわたしのユメ」は個人的アニソン157位

直近の作品を紹介するのは結構珍しいのですがそれだけのパワーがこの作品にはあります。

名前は友人のブログでアニメ化する前から知っていたので期待の作品の一つでした。

メルヘンなOPからの毒々しい中身。

主役を演じる中原さん(主な作品:ひぐらしの竜宮レナ、クラナドの渚など)の活き活きとした演技を見ることもできます。これほどのハマリ役とは思わなかった。

シュールなギャグからぶっ飛んだ話、社会風刺まで色々と話の幅が広い。

中々見れないジャンルの作品だと思います。原作者のロミオさんはクロスチャンネルとかで有名な人ですね。リライトの一部シナリオもやってました。

登場する妖精さんもかわいらしく作品のメルヘンさに拍車をかけてますが中身がやっぱり癖がある。

時系列もシャッフルしてるのでわかりにくいですが後半からは尻上がりに面白くなります。(前半も面白いのですが後半はその比じゃないと感じました)

このブラックユーモアさがたまらない。もう見れないと思うと寂しささえ覚えてしまいます。

今期夏アニメの中でも上出来な作品ではないでしょうか。

あとEDも独特。というか聞いた瞬間あずまんが大王のOPの人!ってわかります。

2話で1つの話をやるというスタイルなのでいきなり5話からとかでも大丈夫な作品。
















スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。