ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「シュタインズ・ゲート」「さんかれあ」
2012-10-21-Sun  CATEGORY: 語り
リトバスはとても楽しめてます。

まだ仲間集めの段階だからそろってからが本番だね。しかし、動いてるだけでやっぱり感動ものだよ。

最近寒すぎて外にも出れない。もともと出てないけど。つい前まで半袖で外出できてたはずなのに。

まだ寒さに対する心構えができてないからより一層寒く感じる。

日曜日にマギが始まって見始めたけど結構面白いね。原作も買ってみたくなる感じ。というかすももの人だったのね。

日曜の主なスケジュール

起床 6:30
宇宙兄弟 7:00~7:30
ポケモンスマッシュ 7:30~8:30
プリキュア 8:30~9:00
トリコワンピース(流し見)9:00~10:00
ブログ更新及び洗濯 10:00~11:30
買い出し及び昼食 12:00~13:30
マギ 17:00~17:30

それ以外はネットサーフィンなりアニメやゲームとかに費やすのであれですが日曜の午前はハードなのよね。

週休3日くらい欲しい。


では振り返り

作品名:シュタインズ・ゲート(個人的アニメ10位)
話数:24話+おまけ1話
放送時期:2011年春
視聴時期:最近
備考:オープニングHacking to the Gateは個人的アニソン121位


タイムトラベルを主軸とした作品。

この作品は放送当時から有名でした。私も同時期に見てはいたんですが主人公が厨2病すぎること、色々と痛々しい部分が見られたこともあり、話自体はきっと面白くなるだろうなと思いつつこれは後でDVDが出て一気に見た方がいいと判断し4話くらいでやめてしまった経過があります。

そういうわけで改めてレンタルして視聴をしたのが最近になりました。

カオスヘッドと同系列ゲーム作品らしく、カオスヘッドを知ってればニヤリとできるみたいですよ。

再開して見始めるとちょうどストーリーがグイグイ進むところで、偶然の産物で生まれたタイムマシンをきっかけとして過去をのちょっとした変化が現在に多大な影響を及ぼす描写とかは流石タイムトラベルものの醍醐味。

そして作品の評価が定まっている時期に視聴しているのである程度展開は聞いたことがあるのですが、それでもいざその場面を見るとマジかよ・・・・・と絶句したり中盤以降の怒涛の展開、絶望感といったものにすっかりのめり込んでいました。

またタイムパラドックスとかそういうのによくある過程を変えても結果は変わらないというある種お約束みたいな部分も絶望感をより引き出していたと思います。

最初は痛々しいと思っていた主人公も事件を回避するために何度も何度も何度も何度もタイムリープをする懸命な姿を見るとこちらもついつい熱くなってしまいます。

主人公のキャラがある種敷居を高くしている感はあるけど後半までいくとこれだからいいんだよ!と声を大にして言えるほど印象の変わる主人公です。

後半の22話、23話の演出も素晴らしく何度見ても飽きない。特に22話は号泣号泣アンド号泣。

最終話付近でOPの歌詞が2番になってるのも良い。EDももちろん良演出だったし原作組からもアニメ組からも満場一致で評価されるというのは、そうはないのではないでしょうか。

最終話も無事フィナーレを迎えたけどそれまでの演出が熱すぎたためあっさりだったなという印象。

声優の熱い演技も良かった。個々の心理描写もよく伝わりました。

久しぶりに極上のエンターテイナーを味わった気分。記憶を消してもう一回見たいというのはよくわかります。

右肩上がりに面白くなる作品なので序盤で投げるにはもったいない作品。



作品名:さんかれあ(個人的アニメ124位)
話数:12話
放送時期:2012年4月
視聴時期:同時期


ゾンビなヒロインと特殊性癖の主人公。そんな物語。

序盤の走りは次どうなるのかなーと気になる感じだったのですが途中でだらーっとした話が続く。

だらーっとした展開の割に話が軽くないので早く進めよと心の中で思う部分が多々。

原作も途中とはいえ最終話がかなりぶつ切りな印象。中盤以降の失速が目立ちました。

作画は最近の作品らしく綺麗で見やすく、ヒロインの清楚さをよく描写してたなと思いました。

主人公のゾンビ萌えも斬新な設定だけども途中あたりから別にいらなくね?という気がしました。

キャラクターの個性は出ていたし変態おやじさんは結構いいキャラしてました。あとおじいちゃんも。

素材はけっして悪くないけどちょっとなぁというのが正直なところです。

ヒロインの可愛さを目当てに見るならいいんじゃないですかね。

シュタゲに比べて淡白な感想になってしまった。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。