ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「true tears」「この中に1人、妹がいる!」
2013-02-24-Sun  CATEGORY: 語り
来週なんと半分以上出張。

平日もその関連の処理に追われそうだなぁ。気付けば3月の年度末になるし。

今週は職場のボウリング大会があり、その付き合い等でまたDQ7やれなかった。
ちょっと間隔置くと、再開するとき結構決意持ってやらないとできないんですよね。

アニメは見てるんだけどね。ボウリング大会自体はまずまずでしたよ。2G合計で300にはほんのちょっとだけ届かなかったけども。

ポケモンの第一世代限定のカントーカップは現在も開催中なわけですが10試合くらいやってきましたよ。

ゲンガー、サンダース、カイリュー、マタドガス、ラプラス、サワムラーでエントリー。

実際やってみると結構相手と使うポケモン被る。よく見るポケモンが多く、種類限定するとまたコイツかよって感じでちょっと面白みがないですね。

特にゲンガーサンダースカイリューあたりはよく被りました。

私のゲンガーはカイリュー意識で凍える風を覚えさせてるのですが、今大会予想通りパルシェンが台頭しているので10万ボルトにしておけばよかった、また、ラプラスにも10万ボルトやっとけばと少し悔やまれます。

そして私のPTテンプレ構成のスターミーがかなり刺さるメンツなので色々失敗しました。

ラッキー狩るためにサワムラー入れてるのにヤドランとかスターミーとか大杉で選出できねえ。
サンダースは現環境だとあまりメジャーではないですが、今大会みたいな場所だと素早さ種族値130と電気タイプという強みがあってなかなか活躍できます。
このダースは耐久振り素早さ調整しているので生半可な攻撃は耐えてくれます。まあ火力がないんですけどね。

現環境トップクラスのカイリューは流石にパルシェンがこれだけいると選出しにくい上に、ステルスロック持ちが多く、襷持ちゲンガーとカイリューどっちかが無力になってしまいかねないので肥やしになっとる。
サンダースも基本目覚めるパワー(氷)持ってるから安定しないのよね。カイリューさんがただのデブに。

相手もその当たりはお互い様でなかなか選出できない模様。

今大会では

良く見る~サンダース、ゲンガー、カイリュー、ゴローニャ、カビゴン、カイリキー、パルシェン、ヤドラン
見る~フーディン、スターミー、ラッキー、サンダー、メタモン
予想より意外と少ない~キュウコン、カイロス、サイドン

あと色違い多いっすね。3匹とも色違いだと多分乱数調整の人が多いだろうからちょっと萎える。

もうちょっとだけ参加してみるって感じです。勝率は5割ギリいかないくらい。使うポケモンが被ると実力差が出てしまうなと実感しました。



ではサモンナイト5の話題。

公式HP歌挿入されてる!しかもPSPリメイクのギャラリーで流れる限定曲。サモンナイトらしくていい曲です。

5月中旬発売とは・・・・。それまでに死ぬわけにはいかん。その前にリトバスリフレインを見るまではなんとしても生き延びないといけない。あとバッカーノ2期ね。

パッケージもカッコいい。アルカちゃん性的で脚がエロい。アティ先生に劣らないエロさ。涙を流しながら男主人公でいくけども。スピネルちゃん攻略したいんや。

PV見てテンション爆上げ。待ちきれねえ。リメイクも3が10万、4が7万ってかなり売り上げてるね。

固定層も多いから結構売れそうだし頑張ってほしいです。予約特典の画集も欲しい・・・・。

登場人物もこれから公開されるんだけどかなり人数も多くて楽しみ。この段階でも可愛いキャラが多く1周じゃあ収まらねえぜ。

この勢いでクラフトソード物語の3DSバージョンも希望。

しかし、去年購入したゲームもそうだけどどうもシリーズものばかり買っているような。時には新規開拓もしてみたいんだけどね。そういう面ではブレイブリーデフォルトをすごくやってみたいのよね。

漫画で直感を信じて選びヒットしたのはディメンションW。かなり良作です。

漫画も表紙買いしたいものたくさんあるんだけど言うまでもなく場所問題がね。

おすすめがあれば是非ご教授いただきたいです。ゲームでもなんでも。

じゃあいつものね。


作品名:true tears(個人的アニメ94位)
話数:13話
放送時期:2008年1月
視聴時期:同時期
備考:OPリフレクティアは個人的アニソン161位

元々はゲームだけど内容はほぼオリジナルの恋愛系アニメです。

ヒロインは3人で主にその関係でドロドロな人間模様が描かれているというかそれがメインです。

特徴として一人は運命的な出会いをする突発系と、一緒に暮らしている幼馴染み、あとは年上の幼馴染みです。

近年のアニメでは幼馴染みは負け属性故、後者2名は噛ませ犬になりがちですが、この作品は一筋縄でいきません。

主人公以外にもヒロインの兄貴とか親友が登場するので恋愛模様のドロドロ具合をよりややこしく。ヒロインも結構腹黒い部分が見え隠れするのでよりドロドロっぽい。見てるときは結構ハラハラしたものです。

そのため、次回への引きが気になる形に仕上がり、どうなるんだ?と思わせてくれるのはうれしい限り。良作アニメに必要な要素の一つですよね。

街の情景も丁寧に描かれており、聖地巡礼要素も意識されています。あの独自な空気感は魅力的です。

これも寒い時期の作品なので今見るとぴったりで良いんじゃないですかね。

それはそうと13話と短い中で細かい部分や心情描写、よく詰め込めたと思います。時には回想を入れたりしましたしね。
これらの作り込みのおかげもあり、作品の空気に惹きこまれましたし、最後はきれいにまとまりヒロインと円満に結ばれたので良かったです。

PAワークスさんの作品で2008年当時でも一つ抜けたレベルで絵が綺麗でした。当然ヒロインも可愛いです。

OP主題歌、リフレクティアも心が澄んでいくような綺麗な曲です。TARITARIでこれを歌っているシーンがあったから最後まで見るぞと決意するほどでした。

書いてて当時の記憶を思い出したので久しぶりに見たいですね。最終話だけでも。




作品名:この中に1人、妹がいる!(個人的アニメ128位)
話数:12話
放送時期:2012年夏
放送時期:同時期
備考:OPChoose me♡ダーリンは個人的アニソン167位

主人公は御曹司、実は妹がいるらしいんだけど正体を知らない。主人公に近づいてくる美少女がもし、自分の妹だとしたら・・・・・。

妹もの作品の一つ。もうタイトルで釣ってますね。私も釣られました。

数あるヒロインの中で誰かが妹なので手が出せない、ハーレムだけど。そしてヒロインもヒロインで自分が妹ですみたいな思わせぶりな行動を取ったりするので余計混乱します。

ハーレム要素を楽しみつつ誰が妹なのか、そういうミステリアスな要素も含んだ作品です。

先にコミカライズを購入していましたが、正直買って後悔したものの一つ。アニメになると中身一緒だけど面白く感じるってことは演出の違いなんですかね。

ヒロインが揃って淫乱。私のシュークリーム(物理)食べてくださいってなんだよwwwバカじゃねえのwwwwそんなノリを楽しむアニメと言っても良いんじゃないでしょうか。

妹かもしれない子に手を出せない制限があるとはいえ主人公は鋼の精神力。ハーレム系主人公はそれくらいのタフネスがないと物語が終わりますからね。ホモ疑惑までかけられてしまいかねない。

ミステリアス要素はありますけど別にこれ真面目に推理するアニメじゃねーから!と思います。
イベント一つとってもよくある萌えアニメのテンプレですので、そういうのもういいからって人にはお勧めしにくいです。

逆にこれだけベタな要素詰まっているのって貴重だと思うんですけどね。

ちなみにアニメでは妹が誰なのか判明するのですが、原作では未だ不明。このあたりは綺麗に終わらせるための措置なので続きは原作で!ってやつです。

OPは咲saki阿知賀編のOPも歌っているスタイリップス。最初声優が歌ってんのかなと思ったら声優グループでした。石原さんって誰だと思って調べたら近年の主役級(マギ:アラジン、あの夏:谷川柑菜)とかを演じててびっくり。

いぃ~た~でしょ~抜け駆け禁止なんだけど~のスタートとか爽やかで耳通りも良いので好きな曲です。当然普通の人が聞いたらナニコレって言うような曲ですけど。

あまり重い話もないので気軽に鑑賞できるのが良いポイント。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。