ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「とある魔術の禁書目録」「坂道のアポロン」
2013-03-03-Sun  CATEGORY: 語り
出張三昧終了。もう外に出ることは少ないからそれはそれでさみしい。

前にビジネスホテル楽しすぎワロタwwみたいなスレッドを見てついつい共感してしまいました。

泊まりの出張で1度だけ使ったことがあるけど、あの程よい狭さが良いってのがなんかわかる。

飲み会でホテルに滞在している時間そのものは少ないけどそうでなかったら引きこもって柿の種とか買ってゲームしてとか好き勝手してたと思います。というかしたかった。家でやることとと同じことしてもテンションあがるよね。

週1くらいでちょこっとリフレクはやってるけど最近はあまり伸び幅がないというかレベル10クリアギリで止まり続けています。そもそも9で鳥取った奴すらないからね。9上位でもう少し修行っすね。

やってて楽しいのはClumsy thoughtsと黒髪乱れし修羅となりて。

後者のほうはダカダカダカダカダカダカダカダカってのが中心だから楽しい。

どっちも必ずプレイする曲。
レベル10ならThe Sampling Paradise。AR75パーセント前後だけどこれが伸びれば他も安定してくると思うんだけどね。

リトバス20話は鈴のイベントを進めましたね。佐々美さん@やっぱりかわいい。
EX追加ヒロインとして凄く良いキャラで可愛かったし本編がすべて終わってから番外で佐々美ルートないかしら。

音楽もすごくいい曲だしストーリーも泣ける仕上がりですし。


話変わって出張終わりに禁書の映画見ようと思ったら、やってなかった。札幌ならやってると思ったら一部のところだけといういじめ。

公開してるとこ少なすぎるよー。


ということで今回はこちら


作品名:とある魔術の禁書目録(個人的アニメ115位)
話数:1期2期どちらも24話
放送時期:2008年秋、2010年秋
視聴時期:同時期
備考:1期OP2masterpieceは個人的アニソン153位
   2期OP2See visionSは個人的アニソン67位

いいぜ、お前が(ry
そんな決め台詞で有名な作品。

ソウルイーター買ったときの中に入ってたチラシみたいなのに禁書の漫画版の宣伝があったので興味を持ったのがきっかけ。

単行本はそのときは集めなかったんですけどね。アニメが開始されてとりあえずマーク。

アニメの第一印象は漂う空気感がシャナっぽいなあということ。JCなので今考えればそうなのですが。

ストーリーは科学と魔術が共存している世界で主人公は科学側の学園都市に暮らしているしがない高校生。
科学側では学生たちの能力開発を行っており、人によって能力が千差万別。レベル5~0までの段階評価をしています。

主人公は能力判定でレベル0(無能力者)通常なら使えないゴミ扱いですが判定基準が違うだけで主人公の能力は相手の能力を無効化できる主人公にしては珍しい能力。

まずこの設定の掴みが良いですよね。スピンオフの超電磁砲は科学側の話が中心なのでシンプルでわかりやすいというのが面白さになっているんだと思います。

メインヒロインは魔術側の人物で空から降ってくる的なベタな出会いをして主人公の住処に居つくのですが、アニメだとあんまりヒロインしてないというか他のキャラに人気も負けているような。

腹ばかり減ってイラついたら噛みつくばかりのパターンなので可愛さの前にヒロインUZEEEの印象が強くなっています。ちな美琴派。

基本は事件起こる⇒苦戦⇒ちょっと盛り返す⇒敵「俺実は○○のために頑張ってたのさ」⇒そげぶパンチ、敵は倒れて事件解決。みたいなのが多い感じ。

主人公の能力が無効化だけなので、殴るくらいしか攻撃方法がありません。その当たりも戦闘シーンの派手さがないというか。ただ無効化がないとそれはそれで利点が無くなるので難しいところ。

とにかく登場人物が多く、勢力も多いのでごちゃごちゃしていると思います。まあ原作に言えることですが。
全部で48話を終えてるのに原作に追いついていないというのも凄い。原作は広げた風呂敷をどうたたむんでしょうかね。

登場人物が多いので、可愛い女性キャラが多く個性豊かなので誰か気に入るキャラはいるはず。見た目ならローラさんも好きなりけり。

ラノベ作品らしくラッキースケベが多いです。でもこれはちょっと引くというか露骨に多すぎて逆にありがたみを感じません。たまにあるからいいんだよと言いたいです。

能力バトルだけど能力がもう反則クラスばかりでわけわかんないことに。そういうスケールの大きいのもアリっちゃありですけどね。

中2が好きなら好物な作品です。

欠点ばかり書いている気がしますが、なんだかんだ好きな作品であります。ところどころで熱い場面がありますし一瞬の面白さ、瞬発力で視聴者を惹きこんでいるのだと思います。

1期は無駄にダラダラしていることが欠点でしたが2期は逆にテンポ早くて話についていけないということが多々。

設定がとにかく多いのでこれで禁書を紹介できたかすら怪しいですが、とりあえずOPにも触れたいと思います。
世界観に合った映像で歌も川田まみさんとか俺得。

2期の後半OPはスピード感もあって良いですね。
EDもそこそこ好きです。

ハーレム要素、厨2、熱血主人公、ラノベ特有の言い回し等に慣れていれば楽しめると思います。

ストックはかなり余裕あるので3期をとりあえず楽しみに。先に超電磁砲がありますけどね。

漫画版もとても良く出来ていておすすめです。ガンガンの主力だと思うんですがね。



作品名:坂道のアポロン(個人的アニメ52位)
話数:12話
放送時期:2012年4月
視聴時期:同時期

ジャズをテーマにした青春アニメ。

絵柄が所謂女性向けな感じで最初の抵抗感ってあるんですが話そのものが面白い。

恋愛や友情に悩みながらも少しずつ成長する主人公にも好感。
OPも爽やかでEDも映像が美しい。

親友の男が破天荒なタイプで主人公が根暗な感じなんですがこの凸凹コンビが良い形を作っています。
特筆すべきはジャズのシーン。

ジャズっていうだけで昭和の空気感が伝わります。演奏シーンなんてどんだけ動くんだってくらい動いて音楽も上質。素晴らしい。

恋愛模様も想像より早くストレートにぶつかって成就するまで一途なのが好印象。なかなかこういう形の主人公もいないしね。

少女マンガ故に時折お前乙女かってくらい主人公が女々しいときもあるんですが周りの登場人物も良い人ばかり、ストレス少なく見ることが出来ます。

これもノイタミナ枠らしく老若男女問わず鑑賞できる作品。

12話という短い都合上、後半は高速で終息に向かってしまいましたが、綺麗に良くまとまっていました。

手軽に見ることが出来るのでおすすめ作品の一つ。時折来る演奏シーンは鳥肌ものです。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。