ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「アカギ」「絶園のテンペスト」
2013-05-05-Sun  CATEGORY: 語り
4連休はずっと寮にいることが決まってたので、先週の連休より自由なことが出来るので楽しみにしてました。

2クールのアニメ1本マラソンしようかとか夢は広がってたところに昨日緊急の仕事が入り土曜が完全につぶれてしまいました。

代休はくれるけど貰ったら後が苦しいんですよね。それより時間外手当クレヨン。

そしてさらにビビったのは同じ課の違う係が出勤して(サービス残業)自分たちよりも遅く残ってたところ。

もう仕事が溜まろうがサモンナイト5の発売日に代休とろうかな。

パワフル甲子園はまだ春夏連覇がない模様。8年かけて春夏優勝は各1度っていうね。最強チーム作ったと思ってもいきなり負けるのが無駄に高校野球のリアルさを再現しています。


じゃあ5月の振りかえる。

作品名:アカギ(個人的アニメ11位)
話数:26話
放送時期:2005年10月
視聴時期:2007年秋ごろ
備考:ED「アカギ」は個人的アニソン186位


言わずと知れた麻雀作品。女性キャラが出ないことでも珍しい作品です。

作品名も本当は長いんですが、めんどくさいのでアカギとします。

かくいう私もアカギの影響で麻雀を始めたといっても過言ではありません。咲(原作)のほうが先に見てたんですけど麻雀を実際に覚えたくなったのはアカギのせい。

もともとは同じ作者の作品、天で登場したキャラ(アカギ)が魅力的だったのでつくったスピンオフです。

と思ったらスピンオフであるはずのアカギに登場するワシズ様のスピンオフが出るという意味不明な事態に。

もともと中学生の麻雀素人アカギくんがひょんなことからヤクザと麻雀打つようになったとかそんなストーリー。

原作は当時もそうですが、今も続いているので、区切りをつけるためこの戦いは伝説となった・・・とかいって途中で終わらせてます。

むしろ原作もそうしたほうがまだ良かったと言わざるを得ない感じです。
麻雀の知識がなくても雰囲気で面白いと伝わるタイプの作品です。

ちはやふるやヒカルの碁も似た感じですよね。

魅力は何より主人公の強靭さ。敵がどんなに強そうな描写を出しても顔色一つ変えず不敵に笑う姿とかもカッコいい。

勿論、これはスピンオフなのでアカギが勝たないと天に続かないので最終的に勝利するってのはわかるんですが関係なしに負ける姿が想像しにくいキャラクターです。

味方につけるとかなり頼りになりそうです。

敵キャラであるワシズ様の狂気とかもよく伝わる演出でしたし、風がふいてるぅぅぅとかわしのイーピンんんとか声優の演技も素晴らしかったです。

とはいってもワシズ戦は滅茶苦茶長い。アニメでも長く尺取ってます。偽アカギのエピソードが結構好きです。

福本作品らしく心理描写が素晴らしい。話の面白さも文句なしの出来です。
EDも1クール目はマキシマムザホルモンが歌っています。熱い曲で好きです。

見てる人は多いかと思われますが一度見たら見入ってしまう魔力がこの作品にはあります。


作品名:絶園のテンペスト(個人的アニメ95位)
話数:24話
放送時期:2012年10月
視聴時期:同時期
備考:1クール目OPSpirit Inspirationは個人的アニソン125位

ボンズ制作。ガンガンの関係なのかソウルイーターや鋼の錬金術師もボンズです。

DTBとかでもそうですが、この会社戦闘シーンを描くのがすごく上手です。テンペストも例外ではなくスピード感があって1話でおおっと掴まれました。

この作品もガンガンのエース級の作品で単行本も昔から買おうかなどうしようかなと悩んでいた作品の一つ。表紙に結構惹きつけるものあったので。


特殊な樹によって世界の異変に巻き込まれながら、主人公の親友の妹を殺したのは誰か探すのが序盤のストーリー。

戦闘シーンは良かったものの、ただの高校生が魔術だったり世界の異変に巻き込まれる部分だったり、主人公は死んだ親友の妹と付き合っていることは親友に隠していたのでその絶妙な距離感だったり、妹殺したのだれじゃーの推理部分だったりなんかどれも中途半端な印象を受けました。

なんというかこのアニメ何を目指しているのかっていうような。そんな序盤のシリアス風味の中、敵キャラがシリアスな顔して突っ込みどころのある発言ばかりするように。

所謂シリアスな笑いを提供するようになり、サモンさんwwwみたいな感じで人気を博することに。
しかもカイジみたいなぐにゃああとかもあって笑わせに来ているとしか思えない。

2クール目からはOPから!?みたいな展開を想像させ、シリアスなギャグも健在、むしろパワーアップ。
真剣な顔して主人公の彼女は誰なのか討論してるシーンとか笑いが止まらなかったです。

そしてむちゃくちゃなwwwと思いながらも案外ストーリーは解決に向けて綺麗に収束していくのが凄い。
序盤の丁寧にやってた部分とかもこの後半のためだったかもしれませんね。

原作とほぼ同時に完結。原作は立ち読みで最終話だけ見てたんですがヒロインの可愛いポイントがアニメでカットされていて残念。

厨2要素あり、笑いあり、萌えポイントあり、ストーリーの終わりもすっきりとくれば見て損はありません。

まあ人によってはコミカルすぎてあれって意見もありそうですが。

原作も終わったので2期はあり得ませんが、基本的に完結して結末がしっかりしたやつを構成整えて作る作品ってのはやっぱりいいですね。

超電磁砲も今2期やってますが、どこまで漫画どおりやるのかどうかちょっとわからないですね。

今期は超電磁砲以外にも層が厚くて良いですね。


あとテンペストのOPも1クール目はカッコいいです。でもダサいって意見もなんとなくわかります。ダサカッコイイタイプの曲です。

この作品の後番組であるヴァルヴレイヴも面白いです。おすすめ。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。