ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「ToLOVEる」
2013-11-10-Sun  CATEGORY: 日常
今日は休日出勤の可能性があるので1作品で。

日曜日はダイヤのAをやってるんだけどいかんせんプリキュアとかぶるのがネック。
今日は天気も良くないので昨日のうちにタイヤ交換してよかった。

録画設備がないのが響いています。

泣く泣くプリキュアを犠牲にしてダイヤのAを見てますが。

リトルバスターズリフレインは本当に1話1話でぐっとくるシーンが多いです。表情も心境をうまーく表現してると思います。

鈴ルートの健吾は原作やってるときは結構心の支えになるほど頼りになります。

そういえば今ニンテンドーショップで3DSソフト2本購入でいくつかのソフトをダウンロードできるそうです。
あまり気にしてなかったのですがパッケージ版のコード入力でできると聞いてポケモン2本でパルテナをダウンロード。

貰えるソフトも現役バリバリのソフトでいいですね。
過去のソフトのコードもええで!ということで逆転裁判やら世界樹やらをチェックしたのですが残念ながらシリアルコード捨ててました。

しかしなんとかDQ7とルーンファクトリー4で入っていたの新生FEをダウンロード。
ひとり3口までもらえるそうなのであと1作品をどうしようかね。

ゼルダがマリオテニスかでちょっと悩んでます。

まあ3DS作品あと2作品買わないとダメなんですが。
もともと気になってたFEとパルテナが無料で手に入り得した気分。でもやる時間が。

3DS持ってる人はぜひぜひ。
それか使わないコードがあればこっそりコメント欄に書いてね!


ポケモンはちまちまやってプレイ時間100時間突破。
そろそろボックスがきつくなってきました。

バトルハウスはシングルよりダブルの方が安定してます。
PTはユキノオー、ゲッコウガの吹雪コンビにメガゲンガーとホルード。

耐久がみんなもろいのでホルードはいずれガブリアスに変えたいところ。
2回やって2回とも40連勝まではなんとかいけました。ただそっからが準伝説クラスが出始めるので厳しい。
あとバトルガールが何気に鬼門。

対戦用は15匹ちょい。とりあえず育てたい奴を中心に。
今作は厳選が楽だけどその分やれることも多いから時間的には前と変わらんかも。

XYはまだ対応してないのでとりあえず旧作で作ったメンツ
trainercard-merodhia.png

トレーナーカードのバリエーションが多くて作成するのも結構楽しいのです。
あ、あとこれが私のフレンドコードです。お友達、絶賛募集中です。
ちなトレーナー画像はユグドラユニオンです。

ユキノオー以外の5匹は過去作で既に育成経験があります。やっぱり好きなポケモンだしある程度どう育てたらいいかの方向性がわかってるので作りやすいです。昔とは若干技構成を変えていますけどね。

アブソルはメガシンカはするんだけど耐久が進化前と全く変わらないってのがなあ。
XYの新ポケモンは9匹くらい育成。今作の新ポケモンは試してみたいポケモンが多いです。

慣れると良デザインが多いですよ。

そしてアニメのポケモンはたまーに見ることがあるんですがこの前見たらジムリーダー戦やってました。
まーたサトシ負けたのかと思ってみてたんですがビオラさん普通に強くてワロタ。

ゲームより綺麗ですねビオラさん。ファンになります。おっぱいも何気にエロい。
セレナも可愛い。BW編が黒歴史になる勢い。

戦闘シーンは昔は割と使い回しのイメージがあるんですが動く動く。ポーズの構図とかもセンスを感じます。
普通に面白いので次回も時間が合えば見たいです。

あと月曜だったか火曜日に寝落ちして起きたときに深夜アニメでマクロスFの再放送やってました。ちょうどシェリルとのデート回。やっぱ面白いなあ。曲も良いし。


では振り返ります。


作品名:ToLOVEる(個人的アニメ128位)
話数:作品により2クールだったり1クールだったり
放送時期:2007年春
視聴時期:1期以外は同時期

さて、ジャンプでラブコメ系漫画は実はこれが最長らしいです。
今はSQに移りましたがよくまとめサイトでもやばすぎwwwとかで話題になっていますよね。

かくいう私はダークネスを集めています。ジャンプ連載は単行本は途中まであったんですが引っ越しの際に私が知らない間に処分されてました。うへえ。

ブラックキャットの作者です。
私はこのブラックキャットがすごく好きだったので最初はこの方針転換に驚いたんですがもともと絵が抜群にうまいことからキャラが可愛い可愛い。

みんな可愛いので誰がNO1とも言い切れないのが凄い。モブになってしまうかと思ったモモがジャンプ連載後半には少しずつキャラが立って、ダークネスでは主役級になってるんだからわからんもんです。

ジャンプ連載時代から限界を模索しており少年誌なのに乳首が出るかどうかの瀬戸際のラインまで争っているようでした。表現方法もなかなかいやらしいし、ダークネスに移るとさらに進化。エロに対する紳士さを感じます。

あ、アニメの話ですが1期は見てません、すみません。
2クールやったそうですがあまり評判がよろしくありません。キャラの性格が違うそうです。
作画もまあ頑張っていたとは思うけど原作絵がうますぎるのでわざわざアニメまで見なくてもって感じでしょうか。

見始めたのはもっとToLOVEるになってから。
このあたりから作画も格段に進化。原作でも評判の良かったエピソードを多く収録しているだけあって面白いです。

ストーリーは言うまでもなく学園ラブコメハーレムもの。主人公は超高校級のラッキースケベ。もはやあまりの匠の技っぷりに「リトさん」と呼んでしまいたくなるほどのテクニシャンです。

今の子供はこれを見てドキドキするのだろうか。
なお、ワイ少年時代、りりむきっす(いちご100パーセントの作者の作品)を見てどきどきしてた模様。

そして3期にあたるダークネスも放送。ある程度原作を知っている人が見ること前提で作られていますがやはり作りは丁寧。

原作ほどエロ方面で無茶ができないのか謎の白い光が多め。

でもアニメも原作に負けず絵が綺麗です。キャラも可愛いです。声優も定番所が揃ってます。

個人的には原作を推しますがアニメもなかなかいいもんです。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。