ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今年のアニメを振り返る「アニメベスト11」「キャラクター男編、女偏、そのほか」
2013-12-23-Mon  CATEGORY: 語り
うっすうっす、あと少し仕事に行けば年末年始。

ポケモンも5世代のやつを6世代に輸送できるから楽しみ。

今週は風邪をひき、仕事では結構しんどい目にあい、ろくなことがなかったんですがまあ年末まであと少しだしね、頑張るしかないね。

3連休も珍しく用事が入ってたんであまり一人で好きなことで来たわけでもなく・・・。


とりあえず来週は実家なのでお休み。

今回で今年のアニメを振り返ります。

まずは男女編から。男女はベスト10です。

採点基準は、ビジュアル、性格、ストーリーでの見せ場、諸々を考慮して。

【男編】



10位:長谷部 豊(サーバント×サービス)

やる気はないけどやるべき仕事はささっとこなせる有能な公務員。
イケメンに反してアニオタなところも好感がもてます。

それにしてもお姉ちゃんと顔が似すぎ。


9位:エルエルフ(革命機ヴァルヴレイヴ)

導き出される結論は・・・・!などの台詞で有名なエルエルフさん。

有能な兵士として一人旅団の異名を持ちますがいろんな所で劇団ひとりだとか言われ放題。

真面目な顔してふざけた発言とかをする人の多い作品では頭脳明晰キャラとして一目置かれる存在。
でもなんかどこか抜けてるのでネタにされがち。

とはいってもこのキャラのネタ具合もこの作品の魅力の一つであることは間違いありません。


8位:アルミン・アルレルト(進撃の巨人)

こちらも体力よりは頭脳担当。でも正直、身体能力もかなり高いと思う。他が化け物揃いなだけで。

機転の利いた台詞回しで危機的状況を打破しており、彼がいなければ詰んでた場面も多かったです。

ゲスミンだとか結構ネタにされるキャラ。


7位:蟇郡苛(キルラキル)

男らしいキャラクター。

恵まれた図体から法令順守を基本とした風紀委員で、敵キャラポジションながらも卑劣な手段は使わず正々堂々と戦う男。

戦闘スタイルもなかなか。


6位:ムゲン(サムライチャンプルー)

主人公格の一人。

田舎出身故の野性味あふれる刀のスタイル。トリッキーな動きで戦ったり下駄を上手く活用したりと使えるもんは全部使うっていうのが好き。

性格も見た目通り女好きで大雑把ってところが最近のキャラではあまり見ないタイプの主役なので好み。

中の人も豪華。


5位:貝木泥舟(物語シリーズ)

詐欺師。女子供も関係なく平等にだます、ナイスミドルな中年。

台詞回しとかも嘘で固められてたりということで色々とめんどくさいんですがこのキャラクター視点になって恋物語がかなり面白いということでこの順位。

イエーイ、ピースピース

4位:星野 八郎太(プラネテス)

通称ハチマキ、プラネテスの主人公。

仕事の先輩ポジションで、後輩に色々教えているキャラです。
仕事について3年目とは思えないほど色々出来て優秀。ハイスペックなのですが、性格は多少癖があり、物語が進むにつれ親しみやすく変わっていきます。

これは作品と合わせておすすめ

3位:兄貴(のんのんびより)

まったくもってしゃべらないキャラ。

女の子の多い日常ものに咲く一輪の男子。普通なら叩かれやすいキャラクターなんですが謎のハイスペックとシュールな姿が結構好きです。

主要登場人物の姉妹のお兄ちゃんというおいしいポジション。アニメがアニメなら夏美とフラグ立ってた。いや、立ってるのかな。


2位:苗木 誠(ダンガンロンパ)

主人公ですが身長がなんと女性キャラより低いか同等かというレベルでちっこい。

まあそこが癖のあるダンガンロンパの登場人物たちから見ればかわいいのかもしれませんが。

超高校級の幸運という肩書はあるものの、フラグ一級建築士で不良だろうがなんだろうが仲良くなれるコミュ力の持ち主。

2の原作もやりましたがやっぱり1の主人公の方が好きですね。


1位:恭介、真人、健吾(リトルバスターズ!リフレイン)

おいおい、男キャラ3人じゃねえかと言われそうだけどTOP3はこれで確定してしまうのでひとまとめに。

アニメは本当に期待通り魅せてくれました。5年前くらいから楽しみにしていたアニメでのシーンの数々、うれしい限り。



【女キャラ編】


10位:忍野 忍(物語シリーズ)

ロリ吸血鬼。

今年はずいぶん持ち前の可愛さを発揮したんじゃないですかね。

彼女もいるというのにアララギさんうらやまけしからん


9位:一条 蛍(のんのんびより)

こんなナイスバディな小学5年生がいてたまるか!

最初見たとき教育実習生の先生かと思いました。

レズっぽいというかレズを拗らせてるけど基本可愛い。


8位:北白河 たまこ(たまこまーけっと)

たまこまの主人公。
髪下ろしたらちょっとえるたそっぽい。


7位:西木野 真姫(ラブライブ!)

くっそ可愛い。ツンデレなところもグッド。
しかもナイスバディ、エロい。

ラブライブのポジション的にも結構大事な役割を任せられてます。


6位:雪ノ下 雪乃(やはり俺の青春ラブコメは間違っている)

黒髪ロングの正統派。
貧乳で、あまり主人公にデレないけどこういうキャラがデレたら破壊力が高いんですよ。

個人的にはすらっとした脚が好き。


5位:常森 朱音(サイコパス)

おかっぱな髪型。主人公の一人。

後半になるにつれどんどん頼もしくなるキャラです。

2期は後輩育成の立場となってより一層チームの中心となりそう。


4位:三谷 かなえ(たまゆら~もあぐれっしぶ)

三谷先輩可愛い。とにかく可愛い。

茅野さんボイスってのもツボ。

先輩キャラなのに後輩にひっぱられてる先輩可愛い。


3位:高坂 桐乃(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)

2期はまさにメインヒロインとして終始活躍。1期で見せたイライラはどこへやら、2期はツンの裏にあるデレがわかりやすいのでニヤニヤしてみることが出来ました。


2位:霧切 響子(ダンガンロンパ)

結構公式でもひいきされている気がする霧切さん。

可愛いからね、仕方ないね。

あまり語ろうとするとネタバレに直結しそうなので残念。


1位:食峰 操祈(とある科学の超電磁砲)

出番は少なかったけど!本当に少なかったけどまじ天使。

昔から上条さんとの能力の相性でハーレム要因の一員になる可能性を期待されていたのですが、それ上条さんの記憶喪失前にフラグ立ってたこが判明してうれしい限り。

そのへんの話もみたいとこですね。




【アニメベスト11】

11位:異国迷路のクロワーゼ

癒し系アニメとして素晴らしいとしか言いようがありません。
また疲れたときにゆっくり見たい、そんな作品。


10位:空中ブランコ

今年紹介したアニメのひとつ。
新鮮な気持ちで鑑賞できました。


9位:プラネテス

名作アニメでよく挙げられてますがなるほど、流石といった感じ。

登場人物それぞれが熱い想いを持ってますしいいアニメでした。


8位:ラブライブ!

キャラクターの可愛さ、ストーリーの王道さでランクイン。

2期も楽しみ。


7位:ログ・ホライズン

手堅い作りで安定。

SAOよりネットゲームしてるって感じが伝わります。

漫画版2巻はよ


6位:進撃の巨人

いわずと知れたヒット作。

結構メディアでもプッシュされてましたね。
私も好きなんですが2期やるのはいつ、そして結末はどうなるのか気になります。


5位:ゆゆ式

これは本当にノーマークでした。
最初の1話はなんだこのアニメ・・・・だったのにどんどんツボにはまり、終わったらいやじゃあああとまでなった作品。


4位:翠星のガルガンティア

綺麗に1クールで締めたアニメ。

世界観が素晴らしいです、来年の紹介とかでももっと触れていきたいところ。


3位:サイコパス

DTBレベルではまった作品。
中2心をくすぐります。

2期も楽しみ


2位:ダンガンロンパ

結構批判もありましたが、1話を見てゲーム購入を決意させてくれました。

今年のゲームはダンガンロンパとポケモンの年といっても過言ではありません。


1位:リトルバスターズリフレイン

(出来レースで)すまんな。

2年連続。これは思い入れが違うのでTOP不動。円盤もエクスタシーエピソードが入ってるので購入したい。



その他部門


○最優秀1話:ダンガンロンパ


このつかみでゲーム買わなきゃ!と思わせてくれました。ゲームやってからアニメを見ると結構はしょられてるのがわかりますが動いてるの見るだけでうれしい。


○最優秀最終話:神のみぞ知るセカイ~女神編~

女神編は連載当時かなり批判されてたんですがアニメは要所要所を押さえていてテンポよく見ることができました。

最終話の最後の最後、漫画も良かったですがアニメは演出が光った。不覚にも泣きました。


○MVP話:リトルバスターズリフレイン11話

これ、リトルバスターズの全てが詰まってると思います。リフレインは8話あたりから号泣しっぱなしでした。


○カムバック賞(2期ものとかに与えられるもの):俺の妹がこんなに可愛いわけがない

原作もちょうど同じ時期くらいに終わりましたしね。
桐乃本当に可愛い描写が増えました。


○最優秀台詞:くたばれ、ブリキ野郎(ガルガンティア)

この台詞は本当に痺れました。詳細はネタバレになるので是非ともその目で確かめてほしい。


○三振王:ステラ高等女学院C3部

夏色キセキに続く期待値が高く落差が大きい作品に輝いたのはステラ。

OPも良く、出だし2話くらいまでは良かったのですがね・・・・。ただ次の話はどうなるんだって意味では見逃せない作品でした。


○劇場版編:ワンピース

劇場版のクオリティは滅茶苦茶高かったです。歴代映画でも最高に面白かった。
音楽とかもかなりいい味出してましたし、2度映画館に行くとは思いませんでしたね。

○特別賞;ポケットモンスターXY

国民的長寿番組になりつつあるポケモンですが、XYは戦闘シーンがけた違い。話そのものもこんなに面白かったっけ?と思うほど。セレナもぐうかわ。



ということで2013年アニメを振り返る完了。また来年。

良いゲーム、漫画、アニメに出会えることを期待して。

















スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。