ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「さくら荘とペットな彼女」「デビルサバイバー2」
2014-01-19-Sun  CATEGORY: 語り
【悲報】コンタクトレンズ破れる

大抵1年から1年半くらいの奴を使ってるんですが、まず左目が使用して1か月で端っこが欠ける。そして誕生日で24歳を迎えた記念すべき昨日に右目が一刀両断されたかのごとく半分に割れる。

片目だけ破れたときは今まで使ってたやつを予備でやってたけど両目となると厳しい。予備も最近になって欠けたしね。

もう10年くらい使ってるけどコンタクトレンズってこんな破けるもんなのかと驚愕。
使ってるコンタクトを変えたのが悪かったのか。でも今までのコンタクトを扱ってた眼科はもうないしなあ。

2万ちょいかかってるから眼科に行って交換したいけど札幌にあるから簡単に行けない。仕事の兼ね合いもあって。

地元のアイシティいって2週間くらいのやつを何個か作ってなんとかするか。混んでるって聞くからあまり行きたくないのだけれど。

あと冬アニメも始まったけど本数が多過ぎて全然ついてけねえ。いまんとこ銀の匙とスヴィズダー面白いと思います。
あと継続組では凪の明日からが面白すぎワロタ。1期のころから美海ちゃんルートいかないかなと期待してました。まなかなんかいらんかったんや!

というか気が付けば24歳。16くらいのころとやってること変わんねえな。いつまでも趣味への情熱を持ち続けたいところです。
また、昨日仕事だったので上司がケーキ買ってくれました、久しぶりにショートケーキ食べたけどおいしかったです。


話題変わって星のカービィトリプルデラックス買いました。積みゲーばかりなのに。
まだ途中ですが全体的にスーパーデラックスより難しめな印象。というかむずい。

ミニゲームも面白いけどむずい。特にめちゃむずはNPCが無駄のない動きとありえない速度で溜め攻撃を連発するので突破できる気がしません。

ステージひとつひとつも3DSの奥行きを活用したギミックが多く面白いです。
難点はAボタンでジャンプ、Bで攻撃ということ。

DSのスーパーデラックスも同じなんですがその時はYボタンもジャンプだったのでなんとかなってました。
今作はYはほぼなんもないのでやりにくいです。

キーコンフィグつけとけよ。と言わずにはいられない。やっぱ幼少期に覚えた感覚が随所で出てきます。

そこに目をつむれば面白いです。


アニメ振り返り


作品名:さくら荘とペットな彼女(個人的アニメ162位)
話数:24話
放送時期:2012年秋
視聴時期:同時期

ラノベ原作の作品。

これは作品の外で盛り上がってしまった感じがあります。

JCの作品でラノベ原作、放送時期が秋、青春学園もの、もしかしたら原作と同時に完結する可能性が・・・?というところからとらドラの空気感を感じさせる作品でした。

まあ実際は同時完結ではなかったんですがね。

さくら荘の寮に暮らす生徒の成長だったり夢に向かって真っすぐに突き進む、そんなとこを描いた青春もの。

主人公は一般人設定で周りが超人ばかりでそのギャップに苦しむというのが流れの一つなんですがなんだかんだ主人公も行動力があっておめーもすげーよwwwと思います。

メインヒロインは2名、しっかりもののクラスメイトと天才肌だけど特技以外は着替えもままならないレベルの女の子。

全体を通して「キレる若者」というワードがしっくりきます。
思春期の少年少女を描いてるからそんなもんなんかな?とも思いますがそれにしてもすぐに怒るスタイル。

特に主人公が理不尽に当たり散らすことがあるのでその辺を不愉快に感じるかもしれません。

よくまとまってるとは思いますがどこか一歩突き抜けたところが不足している感があります。
ちょっとやり過ぎな部分をもうちょい抑え目にしてれば良かったのかなーとも思いました。



作品名:デビルサバイバー2(個人的アニメ207位)
話数:13話
放送時期:2013年春
視聴時期:同時期
備考:OPは個人的アニソン40位

原作はゲーム。未プレイ。でも買ってやりたいゲームのひとつ。

まず1もやってないんですけどね。

1と2のつながりがあるかはわかりませんが2単独で見てもまあ大丈夫です。

OPの演出が良かったです。歌もカッコいいし始まりのカットインとかもすごく良い。

カントクもペルソナ4の人なのでアトラス系ゲームをまた料理してくれる期待感はありました。

しかし、1クールなので各キャラクターがどういうキャラなのかつかみきれぬまま話がパパパっと進み、暗い世界観ゆえに画面も暗く見にくい。

戦闘シーンは主人公が最初から強い相棒を手に入れているらしく、割と優位なスタート。なんというか敵も強いやつを使う関係上工夫して戦うよりかはゴリ押しでやってる感じが強いです。あまり味方がいる必然性もなかったですし。

滅亡に向かう世界という状況でもやもやしたまま最終話までいってなんか終わった。という感想です。

ちょっと駆け足でやるには説明不足もあったりそもそも説明もよくわからなかったり、キャラクターもあまり見せ場を作れていないこともありとにかく中途半端。


これはゲームをやったほうがいいのかもしれませんね。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。