ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「リトルバスターズ!」
2014-08-03-Sun  CATEGORY: 語り
8月に入り熱いですね。

寒いよりは良いんですがむしむしします。

ペルソナは9月まで突入。しかしスケジュール管理が難しい。

そして1月から買い続けていたリトバスBDがついに最終巻

DSC00137.jpg

良い光景。ただ本編は最終話の1話しか入っておらず。これで7000円は高いわけですが、


DSC00136.jpg

DSC00138.jpg

今回はEXが2話収録されているんですね。

佳奈多やっぱり可愛い。
少なからずゲームなりアニメなりを見てやっての生活を続けているから可愛いと思うキャラは数多いるわけなんですがこの二木佳奈多は個人的2次元女性キャラダントツのトップ。

2007年くらいからずっと首位を守り続けてるくらいにはドストライクなキャラです。
他のEXヒロインと違い、1巻で2話収録で完結してしまうためパッケージ絵がこれ1枚だけというのが寂しいです。

念のためいっとくけど佳奈多は左の方の子だからね!
残念なことに2話では恋愛を絡めることができず1期の葉留佳ルートの続きみたいな位置づけの話で終始したのは分かっていたとはいえ残念。

まあ見れるだけでありがたいんだけどね。それでもハンバーガーとか名前呼ぶ練習とか触れてくれたから大変満足。
前篇は終始ニヤニヤして溶けそうでした。最後はリトバスらしいメンバーみんなが大暴れしてエンドってのもこの作品らしくていいじゃないですか。
あと要所でエクスタシー版のOPを流したのは小町的にポイント高い。

悔やむ点はやっぱり恋愛要素なしってのと直枝って腕フェチだったんだ・・!はアニメで滅茶苦茶見たかった・・!
恋愛編の奴やってくれるなら円盤2万くらいでも買ってたかも。


ということで、これでリトルバスターズは全部そろいました。これで終わりと思うとさびしい限りですが適度にリピートしてみたいと思います。


振り返るのは勿論これ


作品名:リトルバスターズ(個人的アニメ3位
話数:1期24話 2期13話
放送時期:2012年10月、2期2013年10月
備考:OP「リトルバスターズ」は個人的アニソン3位
   2期OP「ボーイズビースマイル」は個人的アニソン23位
   ED「ソングフォーフレンズ」は個人的アニソン108位
   EX版ED「目覚めた朝には君が隣に」は個人的アニソン95位

これはなんというか思い出補正がかかりまくりの作品。
アニソンといっても2期の主題歌とEX版ED以外はゲームの曲なので、アニソンといえなくもないという気がしますが曲自体は一応アニメ用につくりなおしてるので。

key作品で私も高校生3年の時にやりました。
それでハマリ次の年18禁版が出て、佳奈多ヒロイン追加と聞き迷わず購入するくらい原作は非常に長い付き合いで思い入れがあります。

当初京都アニメーションに期待していましたがまさかのJCスタッフ。

でも1話のOP見ただけでJCさん最高や!に手のひら返しました。

アニメになった時期がかなり遅かったためギャグとかの部分はどこか最新の部分とズレもあったかもしれませんがやっぱりあのキャラが動いてるだけで感動もの。

1期は2クール分かけての伏線づくり。
これらの日常があるからこそ2期が映えるといっても過言ではありません。

ストーリーは仲の良い幼馴染み5人組が野球を初めてメンバーを集めるという出だしなんですが別に野球アニメでもなく(ゲームではミニゲームで野球ができます)集めた女の子のヒロインのトラウマとかそういう所謂個別ルートの話をやっていくのが1期のメイン。

なので割とシリアスな話も多かったりkey作品らしく謎の現象とかも発生したりと引っかかる部分とかも出てきます。
その合間の日常回がいい休憩になってると思います。

また、個別ルートといってもゲームと違い、サブヒロインと恋愛関係にはならずゲームでは個人で解決する話もアニメでは「友情」を前面に押し出したつくりとなっています。

とにかくキャラクターの特徴とか掴んだり友情シーンを見たりと1期は餌をまいている段階。
これだけでもまあまあ綺麗にまとまってはいますが本番は2期

というかよく個別ルートも3話でまとめたわと思いました。シーンの選択に苦労したと思います。

1期だけだと「ツマンネ」と思われる方もいるかと思われますが、世界の秘密が徐々に明らかになっていき、そこからの主人公の成長ぶりなど1期があったからこその2期と思える怒涛の展開。

特に2期中盤以降は泣きっぱなしでした。なお、ゲームでも嗚咽を漏らすほど泣いた模様。
感動の最大瞬間風速で言えばkey作品最高と言われているだけあってその一点突破はかなり来るものがあります。

あと2期で外せないのはOP、アニメ用のオリジナル曲ですがゲームのBGMをもとにアレンジしています。
映像も最初の30秒あたりは原作ファンを泣かせにきてます。

BDでエクスタシーヒロインの個別ルートもやってくれるサービスっぷり。
声優さんもリトバスに対しては思い入れが強いのが伝わってきてコメンタリーも聞いてていい気持でした。

あまり詳しくしてしまうとネタバレになりかねないし、人に薦めるには癖がある作品であるため、ここらで終わりますが、個人的には深く心に刻まれた作品です。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。