ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「世界征服~謀略のズヴィズダー」「ハナヤマタ」
2014-10-12-Sun  CATEGORY: 語り
パワプロももうすぐ発売する中、禁忌のマグナをやってたのですがクリア前に売ってしまいました。

とりあえずやったところまでの評価として

良いところ
・OPの出来が素晴らしい
・キャラクターのデザインも良く、グラフィック面も良し

悪いところ
・豪華声優陣のふれこみですが、キャラのボイスがPS1のゲームより少ない。
・会話のテンポがとても遅い。既読スキップもない模様
・戦闘バランスが適当
・SRPGのジャンルで、中ボスユニット的なのが滅茶苦茶固い。こっちが1ターンに与える総ダメージが5000だとして、中ボス1体で5万くらいある。さらに、数ターン経過すると中ボスが追加で増援として湧いてくる。
・マップがそこそこ広い割にキャラの移動範囲が狭いのでより一層時間がかかる。
・中ボスの周りは雑魚が7体くらい固まっており、一撃で倒せるような雑魚だが経験値も入らず、ただの舞台装置になってしまい邪魔以外の何物でもなく、その雑魚が減れば中ボスは再度召喚する仕様。
・勝利条件が全ての敵を倒せなので、中ボスを倒してもバラバラに散らばった雑魚を掃除しないといけないため、無駄に消化試合をさせられる。
・ストーリーがあってないような感じ。ルーンファクトリーもそういやそうだった気がするけど。
・キャラの掘り下げがとても少ないあまり、キャラとイチャイチャする機会そのものが希少
・上記の会話のテンポの悪さと戦闘の長引きのせいでプレイ時間が多くなるが、シナリオ自体は10時間以内でクリアできるようなボリューム。水増し感が残念。
・一度ストーリーで流れたムービーやCGを閲覧することも不可能
・通常ストーリーの戦闘以外にフリーバトルもあるが、経験値の量も対して入らず、無駄に時間がかかるたけという残念さ。


その他ネット掲示板で見ると
・長々した戦闘をやっと終えたと思ったら突然フリーズ(原因不明、パッチは出る模様)
・ヒロイン的キャラクターは7体いて、それぞれのEDがあるが基本台詞等シチュエーションが同じでただキャラを挿げ替えただけ。
・色々出来るころには終盤。
・2周目3周目前提のゲームだが、一部強くてニューゲームと引継ぎが微妙
・ストーリー中に出てくる「あなたにはその力と資格がありますか?」という台詞が引用され、(このゲームをする)力と資格がありますか?などに活用される。

最後の力と資格があるという言葉は結構秀逸で使い勝手が良いというおまけつき。
私には1周をクリアするという力と資格が足りなかった・・・・・。

ルーンファクトリースタッフが制作したゲームで結構な期待度をもってやっただけに裏切られた感が強いです。
いや、それでも別に80点、90点のゲームを求めてたわけじゃないんだ・・・・・。それを大きく下回ってしまうとは・・・。

そしてなんとクソゲーオブザイヤー携帯機部門にノミネート。そこまでではない気がしますが、それだけ期待値が高かった現れなのでしょう。また、アマゾンの評価も★2つと結構手厳しい。

キャラが可愛いだけにすごーーーーーくもったいないです。
悪いところを修正していけば舞台設定とかキャラは中々なので面白くなるはずなんだけどなあ。戦闘のアイディアも良いんですがバランスが悪すぎでした。とりあえずパワプロまでは積んでいたゲームをやりつつ待機ですね。

11月にはポケモンと世界樹がでるけどこの2つ結構タイミングかぶってんだよなあ。
BW2と4の時も同時期くらいだったし。


とりあえず振り返ります

作品名:世界征服~謀略のズヴィズダー(個人的アニメ170位)
話数:12話
放送時期:2014年1月
視聴時期:同時期
備考:OPは個人的アニソン24位

オリジナルアニメです。
キャラデザはサモンナイトやキノの旅で有名な黒星紅白さん。

何より素晴らしいのはあの絵を違和感なくアニメに落とし込んだとこ。
すごく感動しました。キノの旅やアリソンでもそんな再現出来てなかったので。

幼女が世界征服をめざし、主人公は下僕として働く、その中で敵対組織とか色々やるって感じのストーリーですが、何より挙げる点としては話の軸がどうしたいのかはっきりしないところ。

設定はまあ良しとしても話がまとまっておらず、どこかふわふわした印象を受けました。
キャラクターの個性はデザインもさることながら、なかなか良く、ヤスの立ち位置とかも好きではありました。

やっぱストーリーがなあ・・・・。最後の最後もなんというか茶番という感じがぬぐえず、どこに向かって走っているのか最後までわからない感じでした。

オリジナルアニメということで、自由な発想で色々やった点は良いのですが、もうすこしまとまりは欲しいところでした。

また、OPEDはどちらも好きです。OPはなかなか曲が優秀なので一度拝聴しても良いのではないでしょうか。
ちな今のipodの再生ランク2,3位くらいはいってるくらい聞いている良曲でございます。


作品名:ハナヤマタ(コイン的アニメ145位)
話数:12話
放送時期:2014年7月
視聴時期:同時期
備考:EDは個人的アニソン166位

最近の夏アニメですね。漫画原作(きらら系列)です。

女の子だけのチームでよさこいを踊るというアニメ。見た目エロいですが中学生です。けしからんね。
よさこいは道民の閲覧者の多いこのブログでは解説不要ですね。

作品のタイトルが各キャラの頭文字をとっているというこういう遊び心は好きです。

平凡な主人公が突如転校してきた異国少女に感化されてよさこいに目覚め、祭りに参加したいとかそんな話。
部活ものらしく少しずつ部員を集め、その仲間にもそれぞれ掘り下げながらという形。

デザインは美少女アニメの中では少しジャンルの違うデザインですがこれはこれで好きな感じです。

OPとEDは夏アニメの中でもトップクラス。これは個人的年間上位も狙えるレベル
特にEDが入り方が優秀で、イントロからテンションが上がります。

時にドロドロしながら話は進むけれど最終的には、優しい世界。そんな雰囲気です。
まあ、最後のほうの定番である異国少女、国に戻るというやり取りはもっと早く相談しとけよwwwwという突込みをせずにはいられないですが、まあここはご愛嬌でしょう。

全体的にまとまりは良いので雰囲気とキャラが好きならぜひとも。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。