ネクソン社のMMORPGメイプルストーリーで暗躍している。役立たずなプリーストのブログです。
オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
今まで見たアニメを振り返る「ノラガミ」「ばらかもん」
2015-01-25-Sun  CATEGORY: 語り
夜更かしすると結局次の日をつぶしてしまうんですよね。睡眠が足りないから。

それはさておき、ipadでリフレクをコツコツやったおかげか最近ようやくACでも実を結びつつあり、海神も73パーでレベル10の曲もAAAに乗せる曲が増えるなど調子が良かったところで、ついにハエレもクリア。それも71パーで。

これを安定してクリアすることが大事ですが、また一つ壁を乗り越えたと思います。

新年会などが重なり、出費も激しく、リフプラに金を注いだこともあり、ちょっと控えめにしなくては。
近々スーツに車のオイル交換等必要経費に加え、氷菓のBDBOXも買いたいのでね。

ということで定期更新

作品名:ノラガミ(個人的アニメ150位)
話数:12話
放送時期:2014年1月
視聴時期:同時期

漫画原作。

丁寧な絵、ストーリー、OPがお洒落と色々と安定度は高い作品となっていますが、全体的にパンチが弱いというのは最後まで感じました。

いや、面白いんだけどどうも物足りなさを感じると言いますか。ストーリーもので、バトルも結構ある割に大局に変化がないというのがマイナス点。

そのため、ちょっともったいない印象を受けます。
言うならば1話見逃してしまうとそのまま、まあいいかなっていって視聴をやめてしまうそんなような。

2期をやるかどうかはわかりませんが、特にこれが悪いというところも無かったのでストーリーでわっと言わせてくれることを期待。



作品名:ばらかもん(個人的アニメ105位)
話数:12話
放送時期:2014年7月
視聴時期:同時期

こちらも漫画原作で、安定感抜群の作品。
これは声優、特に子役たちの演技が光った作品です。

若くして習字の才能に恵まれた主人公がトラブルで田舎に行くことになりそこで暮らしている人々とのハートフルストーリー。

一番のヒロインが主人公というスタイル。
離島ののどかさを前面に押し出し、結構田舎暮らしも悪くないかな・・・・と錯覚させてしまうくらいに魅せ方が上手でした。

アニメで田舎のドロドロを見せられてもアレなので、いいところ押しでOKです。

ギャグのキレ、声優の演技、田舎の空気感といい、夏に放送したということで8月の帰省時期にマッチしたいいタイミングで放送した作品です。

時折、現代社会で疲れた中で忘れかけた心に刺さる場面も。
登場人物もみんないい人で優しい世界。

OPからすでに面白い作品オーラが出てました。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今まで見たアニメを振り返る「グリザイアの果実」
2015-01-18-Sun  CATEGORY: 語り
1月もすでに後半ですね。実は本日私の誕生日でして25歳となりました。
四捨五入すると30なんですね。高校時代が10年前ということになるわけか。

世界樹の迷宮が3月に出ますが、ちょっとこれは様子見かなー。
4人のローグライクって部分にちょっと抵抗が。めんどくさそうというか。

今はダンガンロンパを薦めた友人から絶望少女を借りてやってます。vita買うほどどっぷりはまってくれて進めた側からするとこんなうれしいことはないですね。

アクションに難ありと聞いたけどまあ、絶望するほどのものでもないし、ストーリーで魅せる部分も多くかなり面白いと思います。

あとvitaって画質やっぱいいわ。ペルソナ4Gでもそれは感じたけどPS2リメイクだったからね。vita向けとして作られたものを始めてみるとやはりうっとりします。これはPSPがやれなくなってしまうのでは。

あと出張がえりに時間があったのでサイコパス劇場版を見ました。平日だから結構ガラガラでしたが、残念ながら両サイド他のお客が来てしまい結構狭い気持ちはありました。

中身としては1期の空気に近い感じ。とても面白かったです。なにより戦闘シーンとかの迫力や音響は映画館ならでは。OPもかなり良かったし、もう一回見てもいいかなと思えるくらいです。旭川でも公開はよ。


そんな興奮の中、新年の更新1弾目。


作品名:グリザイアの果実(個人的アニメ140位)
話数:13話
放送時期:2014年秋
視聴時期:同時期

エロゲ原作アニメ。
声優陣がリトバスと結構かぶってますね。

超TUEEEE主人公が特殊な学校に行き、特殊なヒロインと交流してトラウマとかを解決したりとかそんな話。
ヒロインごとに2話なり1話を使ってルートの話をやるのでそれぞれで面白さに差が生じる部分はありましたが、最後の最後の話は結構重い話ですが見るものを引き付けるパワーがありました。

あと天音さんがちょっとえっちなお姉さんすぎるかな。けしからん。

最後のルートはえぐいけどかなり面白く感じたのでこれを序盤のルートで切るにはもったいない。
キャラの肉感とかはエロいと思います。結構なくても良い場面でパンチラとかもしますが。

OPの曲もなかなか。

原作も結構文章量があるようで残念ながら切らざる得なかったシーンや説明もあったと見受けられるけどおおむね話も把握でき、エロゲ原作としては成功のレベルではないかと思います。

どうやら続編もあるようだし、楽しみな作品のひとつ。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昨年見たアニメを振り返る
2015-01-12-Mon  CATEGORY: 語り
あけましておめでとうございます。

今年度も楽しく趣味にいそしめたらと思う次第。

年が明けて、ボクと魔王のサントラを買いました。5000円くらいしたけれど。

PS2初期のゲームなんで色々とシステム周りが不親切な部分はあるけれどストーリーBGMは素晴らしいです。
キャラクターの名前とかギャグのセンスも好き。

あと冬アニメも始まりましたね。ちょっと新規アニメの不調が目立つ1話で、デュラララとかの継続ものが多い中、シンデレラガールズは二次創作のSSをちょこっと見てた程度ですが期待以上の出来でうれしい。今後もこの面白さ継続が出来そうならリトバスに続く円盤も考慮しなくては。

各所で言われてるけど、キャラを丁寧に掘り下げた方がいいってはっきりわかんだね。1話から動物園のごとくキャララッシュしてもついてこれない部分はあるので。あと細かい笑いどころとかもあって空気感も良いですね。

何気に時計の張り紙がはらりと落ちるシーンが好き。

とりあえず昨年出来なかったアニメ本編ベスト11をやります。
昨年は秋クールと春クールが熱いので激戦区。

【11位】 銀の匙(2期、冬クール)

原作はサンデーの漫画。鋼の錬金術師の作者で有名な作品ですが、実家が農家をしていることもあり描写が詳しい。
2期めとなる今回は、主人公がばっちり成長し、ヒロインとの関係も少し進展。

畜産系が多めなんで個人的には畑作の話題もやってほしい


【10位】 ラブライブ!(2期 春クール)

こちらも2期もの。2期は少しギャグテイストが強めですが絵も綺麗で安定して好き。
締め方も私は結構好きなんですがあまり共感は得られない模様。

【9位】 人生(夏クール)

見れば見るほど中毒性の高いOP、結構見やすいデザイン、ギャグのツボなど私にはすごく相性の良い作品でした。
同じ系列でGJ部のブルーレイがめちゃ安いのでどうしようか悩む。

あとこれは原作も買いました。原作の方がギャグのキレはあるかも。

【8位】 甘城ブリリアントパーク(秋クール)

京都アニメーション最高や!フルメタルパニックの作者のラノベ原作でコミカライズ版も当たり。
2期は作りにくい形で終わったけどあのOPの最後と作品の最後を重ねるシーンほんと好き。
そしてあのむちむち感はほんといいよね。


【7位】 Fate(秋クール)

秋クールは昨年に限らず2クールもので冬アニメのクールを支えたり、単品でも面白いものが多い豊作クールですが、こちらは分割形式で1クールでいったんの区切り。戦闘シーンの迫力は素晴らしい。
原作はエロゲとは信じがたいんですがまあエロゲです。プリヤとかでも凛がギャグキャラ扱いだったからメインヒロインやっててうれしい。


【6位】 ハイキュー(春~夏クール)

ジャンプアニメでは大当たり。絵も綺麗ですが早く次の話みてえええええとなりました。
バレーはあまり詳しくないけどわかりやすい解説もありつつ、運動系の部活をやってる人に共通する思いだったりも共感できる作品。たしかにトーナメントで試合をすると1回戦敗退で全体の半分は脱落するんだよなあ。

【5位】 咲-saki(2期 冬クール)

待ちに待った全国編。咲さん相変わらずかっけーっす。全国編の見どころは、全国レベルの能力者2人が能力を発動している中で、奇をてらわず自分の能力で綺麗にかわして上がりをとる咲さんのところ。あれで格付けが出来たって感じがしました。

原作の続きが気になるけど残念ながら進捗は遅い。最近でもないけど原作の化け物おっぱいは誰が得するんですかね。


【4位】 寄生獣(秋クール)

古い漫画原作。現代版に修正はしていますが、新規である私には好評。
ニコニコで無料公開してたので新年あけ一気に見ました。

主人公が覚醒してからの面白さたるや。
こういう古い漫画のリメイクが目立った昨年。柔道部物語も今の技術なら出来ると思うのでやってほしい!


【3位】 SHIROBAKO(秋クール)

オリジナルのPA作品。
アニメを作るアニメという作品で、アニメ1本作るのにどれだけ大変かという裏方的な作品。アニメ会社がやってるのでストーリーにするために盛っている部分もありながらもリアルな描写や専門用語が飛び交います。

仕事の紹介的な要素も結構あって、報告連絡相談なんてのは別にこのアニメ制作の業界に限らない話なのでなかなか楽しく見ることができます。働くアニメ!といえばこれをお勧めします。
あとみゃーもり可愛い。

【2位】 七つの大罪(秋クール)

マガジンアニメでは大当たりの部類。
戦闘がドラゴンボールっぽいです。主人公の力も底なしさを感じさせ、話も面白い。
豚に厳しいアニメです。


【1位】 ピンポン(春クール)

これは不動の1位。5年のスパンでも上位に間違いなく入る逸材。
原作そのものも素晴らしいですがアニメもかなり良い演出で泣かされました。
台詞も一言一言が胸に響きます。

スポーツアニメというのは多くが個人の能力を描写はしつつもチーム連携を重視している面があり、こちらは逆に才能と努力を軸にして時にそれが無慈悲となるようなところも魅力です。


○ そのほかタイトル

【最優秀初回】 ピンポン

これは文句なしピンポン。1話の掴みは抜群だと思います。

【最優秀最終回】 ラブライブ

ピンポンと悩みましたが最後の歌とかも好きだしこっち

【最優秀回】 ピンポン 8話 ヒーロー見参

1話のあれがあってからこその復活劇というか始まったというか。
試合をしている両者ともこれまでの積み重ねがあって、本当にどちらも応援したくなります。

【三振王】 グラスリップ

レイルウォーズと悩んだけどまさか超次元で終わるなんて思わなかったよ。
5時半の君とかフレーズは結構好きだけどね。

【カムバック賞】 ヤマノススメ

5分程度のアニメから15分アニメに昇格。中身も山登りから日常回まで幅広くカバー。
安定した面白さでよかったと思います。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今年見たアニメを振り返る「キャラクター」+α
2014-12-21-Sun  CATEGORY: 語り
今年最後の更新ということになりました、はい。
また今年も早かったですね。

見てる人がきっとごく少数なこのブログもなんだかんだ今年も生き延びました。

私事ではまあ特に大きな変化なくなんですが、趣味方面は相変わらず充実はしてたのでよかったです。


ということで今年見たものの振り返り。

まずはキャラクターから

あと作品全体のランキングもやろうと思ったけどまだ放送中の作品もある中で平等とは言えないので年明けにやりますよ。

【男キャラ編】

10位 ジャン=ピエール・ポルナレフ(ジョジョの奇妙な冒険)

トイレで襲われる系男子。スタンドの中では一番好きな戦闘スタイルです。

9位 ランサー(fate)

イケメン、声も真人だし好き。戦闘シーンは必見。

8位 ギンコ(蟲師)

ギンコが出てきたときの安定感。主人公だけど出番が少ない時はほんとに少ない。

7位 八軒(銀の匙)

成長が見えたエピソードが中心。たくましくなったと思います。原作も意外と続きますね。

6位 憤怒のメリオダス(七つの大罪)

俺TUEEEEの主人公なんだけどあまり嫌みが無くて好き。原作も気になる。

5位 野崎君(月刊少女野崎君)

感覚がほかの人とちょっとずれてるのがいい味出してる。ボイスもイケメン。恵まれた体格から女性のような繊細な絵。

4位 宜野座(サイコパス2期)

1期では無能扱いされた宜野座さんも今作では色々と経験を生かした台詞を吐きます。でもお前がよくいうよwwwwと突っ込みたくなるのは確か。

3位 ジョセフ・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険)

かつての主人公がこうしておじいさんになっても活躍するっていうのは大河な感じもあって良いですね。
読者は若い時を知ってるからこそニヤニヤできるシーンもあるし。

2位 バルトロメオ(ワンピース)

超大手作品から。田舎にいそうなDQNキャラに見えるけど、まあ可愛いキャラです。戦闘能力もかなり高いし。
仲間になってほしいけど多分そのポジションじゃないよね。

1位 ペコ(ピンポン)

才能にかまけ鍛錬を怠ったツケが回った前半と、自分を見つめなおしてひたすら努力してからのカッコよさは王道です。
ペコは本当にいい主人公です。


【女キャラ編】

10位 ウィルベル(エスカとロジーのアトリエ)

お調子者のお姉さんって感じでとても好きです。こういうキャラがデレたりすると可愛いっすよね。

9位 遠坂凛(fate)

おしりが良いとか世間では言われてるけど脚もなかなかセクシーよね。あと王道ツンデレ。

8位 美海(凪の明日から)

2クール目からは中学生に。私が主人公なら幼馴染みに見向きもせず美海に走っちゃうかも。シチュエーションも良いんですよこのキャラ。

7位 佐倉千代(月刊少女野崎君)

パラスじゃないから。コミカルな動きがまた可愛い。ブレなく野崎君一筋なのも良い。

6位 遠藤理乃(人生)

原作だとメガネ途中から外してるよね。まあ外しても可愛いけどさ。ハーレムにみせかけて主人公と明確にフラグ立ってるのはこの子くらい。

5位 蒼井晶(ウィクロス)

アキラッキー超良いキャラ。アキラブリーで飯吹き出しました。かわいこぶった甘いボイスからウルセェババアァ!とかどすのきいた声もやるし物語上明らかにピエロなんだけどそれでも何を起こしてくれるかと期待してしまいます。

4位 ティアミリス・グレ・フォルトーゼ(六畳間の侵略者)

あまりデレることなくアニメは終わりましたが原作はもうベタベタ。六畳間は皆キャラが掘り下げられているので原作も是非お勧めしたいです。巻数は多いけど。

3位 オババ(ピンポン)

声は野沢さん。おばあさんに愛してるぜなんて言われるような場面ってギャグくらいでしか見ないけどこの作品だとその一言が深くて感動しました。

2位 千斗いすず(甘城ブリリアントパーク)

京都アニメーションがやってくれました。ほんとどうしてこんなエロボディなんですかね。
スーツが一番そそりました。エロさはモリサマーに匹敵するレベル。

あと最終話の表情とかすごく良かった。

1位 朱鷺驚沙耶(リトルバスターズ!EX)

本編ではウォーリーを探せ見たいな登場の仕方しかなかったですがついにボイス付きで登場。
声はエンジェルビーツのゆりっぺの人です。というかこのキャラの演技でゆりっぺ採用になったと思うんだけどどうでしょう。
ゲームでも安定して面白いキャラでしたが動く沙耶を見れて満足。


【番外編】

今年新規で購入した漫画、ラノベはこちら。


(ラノベ)
六畳間の侵略者
人生
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

(漫画)
甘城ブリリアントパークコミカライズ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかコミカライズ
坂本ですが
ディーふらぐ!
賭ケグルイ
あまりまわり
テラフォーマーズ
ピンポン

新規購入は案外少なかった。継続購入が多いからね。

ラノベはダンジョンに出会いを~はアニメ化にもなるそうですね。ミノタウロスで区切りだと良い感じかな。
これは面白いのでお勧めです。

漫画だと賭ケグルイがもうすぐ2巻も出ますし期待の漫画。

なお継続購入が


ビッグオーダー
ユンボル
とある魔術の禁書目録・超電磁砲コミカライズ
あまんちゅ
おおきく振りかぶって
ブラック・ブレッド
ディメンションW
はたらく魔王さまコミカライズ
王様ゲーム起源
リトバスコミカライズ
きんいろモザイク
らき☆すた
イカ娘
ダイヤのA
ビーブルース
ソウルイーターノット
アイドルマスターコミカライズ
みなみけ
僕は友達が少ないコミカライズ
銀の匙
ログホライズンコミカライズ
ニセコイ
ToLoveるダークネス
ゆるゆり
ワンパンマン
ワンピース
ゆゆ式

ざっと思いついたのでこれだけ全部が全部年3,4冊出るわけでもないからへーきへーき。
置き場所さえあればもっと新規とかもがっつり買っていきたいけど引っ越しもあるからね。ある程度はセーブしないと危険。

新規でいえばそれこそ、ごちうさとか買いたい。でもあの手の作品は1冊800円くらいするのがネック。

今年は神セカとラストイニングが完結しました。この2作品は週刊なので年4冊近く出るため、結構な冊数になるんすよ。
神セカは私が働き始めたころ・・・つまり4年前の今の時期に10巻発売でした。最近のことだと思って気付けば26冊ってことに驚き。
ソウルイーターノットも次で終わりでしょう。しかし、咲の次の巻、滅茶苦茶あとの日付なんですがそれは。

番外にかからず本編に集中してください><

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
新顔
2014-12-14-Sun  CATEGORY: 日常
12月と言えばボーナスの時期。

暗いニュースが続く世の中で一筋の光、ボーナスがやってきたので景気を回すべく、いや、自分のために使いました。
ちなみに夏のボーナスはPSvitaに消えたわけですが今回はこいつ。

DSC00290.jpg

ipadを購入しました。

最新のエアー2の16GBです。
値段にして5万4千くらい。ケースも合わせて6万近くです。

じゃあなんでこんな高い金を出して買ったかというと。



DSC00291.jpg


リフレクビートをお家でやりたかったからです。
前々からやりたいと思ってたんですよ。

そして曲をそろえるために3万円分のiTunesカードをそろえました。欲しいやつは大体揃ったかな。

ipadはリフレクのために買いましたがまあ有効利用はいくらでもあると思うのでおいおい覚えていこうと思います。

これでしばらくは出費を控えないといかんね。
忘年会シーズンなのが不安だけど。


手ごたえとしてはACにない曲も多くあって楽しいです。
しかし、タイミングが違うのか手を大きく動かせないからなのかスコアは同じ曲でもACから5パーセントくらい落ちるという感じ。

反応したはずだけど抜けることも多め。

慣れれば違うのかね。これやったあとにACやったけどそんな伸びたわけでもなくむしろ下がってたのは残念でした。
とはいえやっぱ家で出来るのは楽しい。

友達にも布教活動が出来るというもの。

あと将棋アプリとったけど将棋弱くなった気がする。もうちょっと頭使わないとね。


来週はアニメまとめに戻ります。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 オレは絶対という言葉を絶対に信じないけどな. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。